知っておきたい代位(代理)弁済について

あなたがカードローンなどを活用された事があるかもしれませんが、もしカードローンを使用して買い物などを行った後、その支払いが難しくなってしまった、という場合一体どうなってしまうのだろう、そんな風に考えた事があるかもしれません。
この様な場合に必ず聞く言葉として、代位弁済というものがありますが、これについてあまり深く知らないという方は多いです。
一体代位弁済というのはどういった制度なのか、詳しくここでは解説します。

代位弁済とはどういった制度なのか

カードローンには、保証会社による補償が付属しているのが一般的です。
簡単に説明すると、カードローン使用者の保証人の代わりを、カードローン会社の保証会社が行っているという事です。

保障会社としては、信販会社、クレジットカード会社、そして消費者金融といった組織が付いている事が多いです。

  • もしあなたが、カードローンを使用して作った債権の支払いが困難になった場合、まずは保証会社がカードローン会社に弁済をする、という仕組みとなっています。

  • つまりあなたの代わりに返済を行うという意味で、代位弁済が行われるという訳です。

    しかし、これであなたの債権が無くなったという訳では無く、単に債権者がカードローン会社から保証会社に変わっただけで、返済義務自体は変わらず存在しています。
    つまり代位弁済によって、あなたが何ら得をするなどという事は無いという訳です。

    代位弁済が行われる事のデメリット

    • 代位弁済が実行されるという事は、カードローン会社への返済が遅れ、あなたの信用は無くなったという事です。

    • 返済を行わず信頼を失ったあなたは、カードローンの使用が出来なくなることになりますから注意が必要です。
      また、一般的に代位弁済となった場合、保証会社からは一括での返済を求められる旨の書類が送られてきます。

      そんな事は不可能だ、そう思われるかもしれませんが、交渉によって分割での返済が出来るケースもあるので、まずは相談してみる事が大切です。

プロミス

関連記事

  1. 転職の前後で審査通過率が変わるというのは本当ですか?

  2. ローンカードの大まかな種類・知っておきたい基礎情報

  3. どのくらい返済が遅れると、ブラックリストに載りますか?

  4. プラチナカードってどんなカード?基本情報まとめ

  5. 物的担保について気になる事のまとめ

  6. キャッシングの申込みの際に必要な書類などは?

新着記事

PAGE TOP