破産管財人とは?破産管財人について知っておきたい事


裁判所で破産手続きが進むと、破産者は自らの財産を管理したり、処分したりする権利を失います。
しかし、破産者がなにかお金になる財産を持っている可能性もあります。
こうしたとき、それらの財産を換金し、債権者に公平に分配する役割を持った人が必要になります。
それが裁判所から任命された破産管財人と呼ばれる人たちです。

破産管財人とは?

自己破産などの破産者がお金になる財産を持っている場合、破産者に代わって財産を精算し、お金に変える必要があります。

  • それを実行するのが破産管財人と呼ばれる人たちで、裁判所から任命されます。

  • 通常は裁判所に任命登録されている弁護士が任命されるのが基本です。
    任命される弁護士は、破産申し立ての債務者の代理人というわけではありません。

    破産管財人の仕事

    破産管財人に任命されると、破産申し立てをしている人の財産を全て精算し、お金に換える必要があります。
    任命されたときから破産者の財産の管理は、破産者ではなく破産管財人の手に移ります。

    破産管財人は破産者に代わって、財産を管理し、債権者にお金のやり取りをする一連の流れを『管財事件』と呼びます。
    債権者にとってめぼしい財産がない場合は、破産手続きをしても意味がないため、破産手続き開始決定と同時に破産手続きが終了します。
    破産管財人が任命されるのは、破産者に何かお金になる財産が残っている場合です。

    破産者に代わって財産の管理をする必要がある破産管財人。
    それは破産者が有している売掛金や貸付金の債権を回収・整理し債権者に公平に分配する義務を負うことにもなります。

    • 債務者の財産を手続き終了まで管理し、迅速に債権者にお金を配当し、債権をできるだけ少なくする。これが破産管財人に必要なスキルになってきます。

    • もちろん、全てが穏便にいくわけではありません。
      その過程で必要であれば訴訟を起こしたり、受けたりする立場になってくることもあります。これも破産管財人の立派な仕事のひとつです。



関連記事