無人契約機で契約する流れを教えて下さい。

最近はインターネット契約が増えてきたことから、無人契約機でお金を借りる人は少なくなったとも言われますが、それでも無人契約機は健在です。
今後、無人契約機を使って契約することもあるかもしれませんが、そのときのために契約機の利用法とその流れを覚えておきましょう。

申し込みから契約までについて

契約機でお金を借りるためには、最初に契約機が設置してある店舗の場所を確認して、その営業時間内に足を運ぶ必要があります。
店舗に入室したら機械の画面に前に立ち、アナウンスの指示にしたがって操作を進めていきます。

操作はタッチパネル式になっていること、またアナウンスがあることから、初めてでもスムーズに行うことができます。
ここで入力するデータは、年齢、住所、希望金額などの個人情報ですが、このデータを基に審査が行われます。
機械によってはタッチパネルでの入力ではなく、申込用紙に情報を記入して、それを機械に差し込んで申し込みできるものもありますが、このあたりはどちらでも好きなほうを選択することができます。

  • 審査が終了したら、その良否が伝えられ、許可が出たらそのまま借入可能金額が伝えられ、さらにカードもその場で発行されます。

  • カード発行から出金まで

    カード発行がなされたら、それは正式に融資許可が下りたことを意味しています。
    次はお金の受け渡しとなりますが、無人契約機の近くにATMが併設されている場合は、そこで出金を行うことができます。

    ATMでは無人契約機と同じようにアナウンスが流れますので、その指示に従ってお金の引き出しを行ってください。
    注意しなければならないのは、個人情報を背後から盗み見られること、またカードを奪われてしまうことです。
    出金操作の最中はATMに集中してしまうため、周囲への警戒を怠らないように気をつけてください。

    さて、借入限度額が50万円以下のときは収入証明書類は必要ありませんが、利用限度額が50万円を超える場合、また複数の会社からお金を借りてその合計が100万円を超える場合は、収入証明書類が必要になります。
    収入証明書類となるのは、納税証明書、課税証明書、住民税決定通知書、所得証明書、源泉徴収票などです。
    一方、利用限度額に関わりなく本人確認書類(免許証・健康保険証)は、必ず用意しておかなければなりません。
    以上が無人契約機で契約する流れですが、機械の操作はアナウンスがあるので特に難しいことはありません。

    • それよりも、セキュリティー対策をしっかりしておくことと、必要書類をちゃんと用意しておくことが大切です。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングに申し込むと、勤め先に在籍確認をされますか?

  2. 超過利息返還請求権とは?

  3. カードローンの返済が遅れたら、すぐに利用停止されますか?

  4. 金利ってどういう仕組み?金利の基礎知識について

  5. キャッシングで1日だけ借りて、翌日返済することは可能ですか?

  6. 復権(破産法の復権)っていったい何?

新着記事

PAGE TOP