カードローンは何処で借りられるのですか?

カードローンでお金を借りるときは、どこで借りるのかを決めなければなりません。
実はカードローンが利用できる場所は一つではなく、大きく分けて2箇所があります。
それぞれに特性が異なっているので、自分に合うほうを選んで借りる必要があります。
ここではいずれもカードローンが利用できる、銀行と消費者金融を取り上げます。

一般的な銀行カードローンとは

最も身近でまた信頼できるところなら、銀行カードローンがあります。
銀行はすでに預金を行っている方も多いと思いますが、その銀行で行っているカードローンが、銀行カードローンです。

その特長はまず、金利が安いという点を挙げることができるでしょう。

消費者金融は金利が高くて、借入期間が長くなると返済が苦しくなりますが、銀行はその分金利負担が少なく、比較的安全に返済を行うことができます。

ただし、デメリットとして審査が厳しい点を挙げないわけにはいきません。
銀行では金利を安くしている分、ちゃんと信用性の高い人間に貸す必要があります。
そこで審査を重くすることによって厳しいふるい分けをおこなっているのです。

この点、消費者金融ならある程度の属性で通過できる人もいますが、銀行の場合はそれよりさらに属性が高くないと審査に通過できません。
早い話、収入が多くて返済能力が高くないと信用してもらえませんので、その点を注意しなければなりません。

対して消費者金融カードローンについて

消費者金融カードローンは、文字通り、消費者金融が提供しているカードローンサービスのことです。

こちらは銀行と違って金利は高めですが、その分、審査基準は比較的に軽いものとなっています。

銀行で借りる場合は、正社員であるかバイトであるかなど、雇用形態を気にする必要がありますが、消費者金融審査では雇用形態を気にする必要はありません。
高額でなくても安定収入があり、それが継続されていれば、それによって返済能力はあると判断されるからです。

したがって消費者金融カードローンなら、アルバイトでもパートでも、あるいは派遣社員であっても、カードを利用することができます。
一方で、金利は銀行に比べて高いので、借りる前のシミュレーションや金利計算はしっかり行っておかなければなりません。
それを忘れると返済が困難になり、最悪の場合は返せなくなってしまうこともあるので注意してください。
もっとも、あらかじめよく金利を計算し、計画的な借入を行えば返済不能に陥る心配はありません。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングできる場所はどこですか?

  2. カード紛失したらどうなる?カード盗難保険を活用しよう!

  3. キャッシングで1日だけ借りて、翌日返済することは可能ですか?

  4. キャッシングや契約の本人確認法について

  5. 店舗まで行かないと借りられませんか?

  6. 履行遅滞をすると一般的に今後はどうなるの?

新着記事

PAGE TOP