過払い請求とは?長く借金している人は必見!?

過払い請求は貸金業法の改正以前に存在していたグレーゾーン金利、つまりは利息制限法の上限を超えた金利での貸付が行われていた場合に可能となるものです。

借金返済には利息分を付けて支払うものですが、利息制限法の上限を超えた金利での利息分は無効で返還されるべきものという扱いになったからです。

無効な利息分である過払い分の請求先は、その借入をした貸金業者です。
そこに対して過払い請求をすることで過払い分が返還されます。
ただし、過去10年間までと時効による期限がありますから、すべての過払い請求には応じてはもらえません。

長く借金している場合に過払い請求で完済することも

グレーゾーン金利での貸付が行われていたのは、2006年ぐらいまでと言われます。

  • ですので貸金業者から長く借金している人であれば、過払い請求により過払い分が返還される可能性があります。

  • これにより過払い請求したおかげで長く返済していた借金が一度に完済となる場合もありえます。
    借入残高がまだ残っている借金に関して過払い請求した場合、返還されるべき過払い金はまず元金の返済に充てられますので、現金を手にすることは叶わない場合も多いですが借金減額の助けにはなるのです。

    ただ過払い請求で結果的に借金減額となったとしても、まだ借入残高が残っている場合は任意整理した扱いとなるので、個人信用情報に履歴が登録されてしまいます。

    過払い請求でその借金が完済するならばいいですが、過払い分充てても完済しない場合は、かえって不利が生じると考えられます。

    既に完済した借金でも過払い請求で返還が叶うことも

    既に完済した借金があり、それがグレーゾーン金利を付けられての借入であったのならば、過払い請求ができる条件に当てはまります。
    完済している借金に関して過払い請求する場合には、過払い分が現金で返還される利点があるのですが、期限がありますので必ず応じてもらえるとは限りません。

    具体的には時効により10年といった期限がありますから、かなりの昔の借金を元に過払い請求しても応じてもらえません。

    • また仮に過払い金が返還されるということになっても、相手の貸金業者が減額を要求してきたりと、実際に過払い金を手にするまでに難儀することも多いです。

    • 過払い請求が通ったとしても妥協を求められる場合があることも付け加えておきます。

プロミス

関連記事

  1. 人的担保について知っておきたい事

  2. 日常家事債務とはどのような内容か?

  3. アドオン率とは何ですか?

  4. 自己破産をしたことのある人でもキャッシングは出来ますか?

  5. レディースローンって普通のローンと何が違うの?

  6. キャッシングできる場所はどこですか?

新着記事

PAGE TOP