消費者金融の金利について


本項ではキャッシングを行う上で大事なポイントの一つである「金利」について解説していきます。

コレを読まれている方にも知っている方は多いとは思いますが「金利」とは「もともとの借りた金額とは別に、支払わなければならないお金の割合(パーセンテージ)」の事です。

言い換えれば年間でキャッシングした額に対して発生する利息の金額の事ですね。
ここでの解説をチェックすることによって、各金融業者を比較して選ぶための知識となると思います。

分かり易く言えば、18パーセント

いきなり要点からの解説になってしまいますが、消費者金融の金利はほぼ「18パーセント」と認識しておけば問題ないです。

主に「貸金業法」において借りた金額が10万円に満たない場合は20パーセントが金利の上限、
10万円以上で100万円に満たない場合は18パーセントがが金利の上限、
100万円以上となると15パーセントと決められています。

しかし、大概の方がキャッシングをする上では「100万円以下」という場合がほとんどです。
加えて言えば、10万円より少ない枠で利用するという方も少ないのです。

金利はキャッシング会社が貸した額ではなくて、それぞれの方が審査を行った結果による「枠」によって決定されるのです。
要は、例えば別の2人が同じ業者から同じ金額を借りたとしても、「借入枠」が違うと、それぞれが払う金利のパーセンテージも違ってくる場合もある、というわけです。

金利に対する注意点

キャッシング会社の広告をいくつかご覧頂ければ分かると思いますが、どの業者も××%~××%といった表記がされています。

これは日々の利息の「最も高い割合」と「最も低い割合」ですが、チェックした人の多くは「最も低い割合」の方に注目します。
ですが大抵の場合に於いて初回での契約は、この表記の「最も高い割合」の方が適用されるのです。

実際に、私が大手と中小の消費者金融業者のいくつかの会社に電話で金利について聞いてみた所、全ての業者が「最も高い割合」での対応になりましたので、金利に関しては、ほぼ間違いなく最初は「最も高い割合」のものが適用されると考えておいた方が良いでしょう。

「18パーセントの金利」について

続いて、18パーセントの金利とはどのようなものであるかについて説明していきましょうか。
例えば10万円、消費者金融から借り入れを行ったとしましょう。この場合1年の利率が「18パーセント」となりますので、分かりやすく年間に加えられる利子は「1万8000円」となります。

このように書くと年間で1万8000円、それを12等分すると1500円になるので、毎月1500円支払えば良いんだな、と思いますよね。しかし、これは初月に限った話で、基本的に消費者金融からの借り入れに対する返済は利息のみではなくて「元本」も含まれます。ですので業者が定める「元本」の返済額に加えて、上の利息の1500円を払います。

そうすると残額が9万7000円となりますので、次の月の利息は、(9万7000円×0.18)÷12である、1455円となるのです。

つまり元本に応じて日割りの計算が変わっていくといった想定です。

金利が下がる場合とは

上記の通り「最も高い割合」から金利が始まった場合は、今後ココから下がる事はないのか?
多くの方が感じる疑問ではあると思いますが、実際にはこれは自ら金利を下げる交渉を行わない限りは下がることはないのです。または前述した通り借入枠を一個上のものに増やした場合は「貸金業法」に基づいて無条件で下がるのです。

それ以外では、「借入の枠の規模」に応じて金利も下がる仕組みになっています。
例えばプロミスの場合は最も高い借入額が500万円になりますが、この額だと「最も低い割合」の金利となります。しかし先ほどの通り100万円に満たない借り入れに関しては確実に金利は18パーセントであると思っておきましょう。

金利を下げたい場合はまずは18パーセントから初めて、1年単位で割合を下げるための相談を電話で行うようにすると良いと思います。

また少し脱線する話ではありますが、別項に書いた「おまとめローン」もしくは「借り換え」の場合は、ほとんどの場合それまで借り入れしていた会社より金利は安くなります。それがこの2つのサービスのメリットであると言えるからです。


最近の投稿