アコムの「リボ払い」について


アコムのリボ払いについての紹介

いまリアルタイムでアコムで借り入れをしている方も、今後アコムを利用しようと考えている方も知っておきたい情報を本項目では紹介していきます。
キャッシングを行う上で、「返済のタイプ」を知ることは、トータルの返済額であったり、返済回数を減らすことに繋がる場合があるからです。
ココではアコムの「リボルビング返済」についての大まかな説明をしていこうと思います。

リボルビング返済って何?

おおかた、多くの方は「リボ払い」というワード自体は耳にした事があるのではないかと思いますが、同時に具体的には分からないという方も多いと思いますので説明します。
トータルでの「支払い金額」ごとに、毎月決まった金額をクレジット会社に支払っていく方法がリボ払い(リボルビング払い)です。
場合によっては単純に「リボ」と呼ぶこともあります。
しかしこの返済方式はひとえに同じものという訳ではなく、それぞれの会社ごとに用いている方式が異なります。
そのタイプごとに、利用者が支払うトータルの金額や利息などに違いが生まれる場合もあるのです。

様々なキャッシング会社の中で、唯一アコムだけが取り入れている返済方式が「元利定率リボルビング返済」です。
一体この返済方式はどのようなものなのかというと、それぞれの月の返済日の時点での「借り入れの残高」に金利をプラスした金額に、アコムが指定した割合である「指定定率」を掛けたものを返していくというタイプの返済の方式となっています。

他のリボルビング返済と比べて、どう違うか

上に書いたようにリボルビング決済には色々な種類があり、それぞれの会社によって採りいれているタイプは違います。

様々なタイプの中からアコムが取り入れているものが「元利定率リボルビング返済」です。アコムの返済のタイプの特有性は、他の種類のものと比較して、「月々の返済額が高くなっている」という点です。
ということは返済が大変なのではないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ総括的に見れば、スムーズに総額を返済することができますし、通算での返済額は少なくすることが可能となるのです。

キャッシング会社の立場で考えれば、利息をできるだけ多く得ることができる返済方式のほうがおトクです。それに対してアコムのリボルビング返済は会社の立場で見れば損ですが、利用する人の事を第一に考えた上での設定であると言えるでしょう。

つまり、アコムが設けているリボルビング返済を分かりやすく頭に入れるには、毎月返す金額は高いが、トータルでの出費を考えると低く抑えることが可能な返済方法であるということでしょう。この返済タイプでの月々の金額は一定となっていますが、その設定額より多く返すことも可能です。
つまり、「今月は割とお金があるので、返せるうちに多く返しておこう」という風に利用することもできるということで、融通のきくサービスであると言えますね。



関連記事