知り合いに「お金を貸して」と言われたら


知り合い同士のお金の貸し借りについて

皆さんの中にも、これまでに知人であったり友人などから「ちょっとお金貸して」と頼まれた経験のある方は多いと思います。
困ってそうだし、と貸してあげる人も多いと思いますが、もしもその金額が「万単位、十万単位」と大きなものであった場合は、さすがに動揺してしまう場合が多いと思います。本項目では「お金を貸してほしい」とお願いされた場合の対応方法について紹介します。

親しい人間ほど貸し借りは避ける

まず本質的な部分から言えば「金銭の貸し借りは避ける」に越したことはないでしょう。なぜならお金を貸したり借りたりといったことは最も人間関係にヒビを入れる要因となりかねないからです。
そのため身近な人間(仲の良い友人や家族)であればあるほどに、お金が絡んだ揉め事はお互いの信用問題に大きく影響する可能性が高いため、貸し借りは止めた方が利口です。
もちろん気の知れた友人などからお願いされれば「断る訳にもいかない」という気持ちは芽生えますが、頼む側の心情を考えると関係にヒビが入ることを自覚した上で行っている場合が多いです。相手との関係を大事にしたいと思っているなら、なおさら金銭の貸し借りは避けるべきであると言えます。

断り方について

では断る為にはどうすれば良いのでしょうか。ハッキリ断りたいところですが軋轢が生まれてしまう場合もあります。そこで「冗談めかして対応する」のも良いかもしれません。
「消費者金融で借りたら?」「むしろコッチも金欠でお金借りたいぐらいだよ・・・」などといった所でしょうか。
それでも諦めてこない場合であれば、お金は貸す事ができないという事をストレートに伝えても良いと思います。それで相手に「薄情な奴だな」と返される場合もあるかもしれませんが、気にしないでおきましょう。
また、どうして借りたいの?と聞いてみたり、使い道などについて尋ねてみたりするのも避けた方が良いかもしれませんね。なぜならそうすることによって「もしかしたら貸してくれるかも」という期待を相手に持たせる結果となるからです。
実は遊びに使う目的なのに、「会社をクビになって生活が厳しい」と言われたり「家族が急病でお金がない」などといったその場凌ぎの理由をつけてくる可能性もあるからです。

「返ってこないものと割り切って貸す」考え

そして、本当に相手が困っていたとしても「お金を貸す」というのがベストな解決方法ではない場合も多いのです。また、お金を貸す以外にも相手に手助けする為の手段はいくつでもあるはずです。例えば食事が満足にできない状況であるのなら、家にある食料を分け与えてあげたり、食事を振る舞ったりしてあげても良いでしょう。
そして仕事が見つからなくて悩んでいるのだとしたら、一緒に仕事探しを手伝ったり、知り合い等を当たってみるなどの解決方法があります。
ですがコチラが手を貸してもなお「お金を貸してほしいと」懇願してくる場合であれば、「返ってくるお金ではない」ということを腹をくくった上で手渡すのも一つの選択かもしれません。「最悪手切れ金になるつもりであげた」という気持ちで手渡すのならば、自分の中での蟠りも少ないのではないでしょうか。

しかし大筋としての考え方は「もし貸してほしいと言われても断る」で間違っていません。例外として「どうしても」という状況なのであれば「自分が後で悔やむ事のないよう」よーく考えて決断すると良いですね。



関連記事