上手な返済プランとは?

可能な返済額のバランスを考えて借りよう

当然の事ではありますが、消費者金融などで借り入れたお金は、期日内に返済する必要があります。無理のあるキャッシングとならぬ為にも、利用額はしっかりとした返済プランに見合ったものとする必要があるのです。
いまの時代は昔より、明らかにキャッシングというのが身近な存在となりつつあります。街中にも消費者金融に関する広告は増え、多くの方に利用の機会が訪れている今という世の中であるからこそ、自分にも過度の負担とならぬ計画的な借り入れの利用が求められると言えるでしょう。

完済する上で大事なこと

多くの方がキャッシングを検討する時に、判断材料に「金利がどれぐらいであるか」に着目しています。
確かに低金利のキャッシング会社を選ぶ事により、トータル面で負担の少ない利用を実現することができます。しかしこれは「短期間で完済できる」ということを前提とした考えであると言えるでしょう。
金利を選ぶ為の基準にチェックするのは必要なことですが、借りたお金を返す上で重要なポイントとなるのは、「どのようにして元金を返していくか」という事であると言えます。
なぜなら、キャッシングをしている方の中でも意外と多く見られるのが「月々の返済はしているが、主に支払っているのが《利息分》で、メインとなる元金があまり返せていない」というケースであるからなのです。

数社からキャッシングを行っている場合は

キャッシングをしている方の中には「いくつかのキャッシング会社を同時に利用している」という方も少なくないでしょう。
ここでは「複数の借り入れを併行している方」へのオススメの返し方を紹介します。
まず1つ目ですが「まず金利の高いところから先に返済していく」という方法です。こうする事によって、金利にかけるムダな出費をトータル面で減らすことができるのです。
そして2つ目になりますが、これは状況によって、のやり方ですが、「複数のローンを一つにまとめて返済する」という方法です。
ローンにはこういった「おまとめ」という返済方法のタイプがあるのです。これによって「それぞれ別々であった返済額および返済の期日」が、一本化されます。それにより、明確な返済プランを立て直すことが可能となるのです。
しかし、この「ローンをまとめる方法」は、結果としてメリットとなる場合とデメリットとなる場合の2パターンがありますので、おまとめを実行する前に、「自分の今のキャッシングの状況」について見直しを行うことがポイントとなります。

先行しての返済で利子分をお得に

また、自分がいま持っている資金に、ある程度ゆとりがある人や、全て返し終わるまでの機関がまだまだ長いという人にとって提案したい返済方法は「繰り上げ返済」です。これは、その文字通り、先回りする形で借り入れの返済を行うことができる方法の事を意味します。
もちろんの事、完済までに時間がかかる程に、利息による利用者の支払い額は大きなものとなってしまいます。繰り上げ返済という方法をとることによって、月々の返済額にプラスして、「先回りでの返済」を行うことができるのです。その分が元金充当されるため、この返済方法を活用すればするほどに元金はどんどん早い段階でなくなり、もちろんのことトータルで払う利子の金額も減ります。
そして通常のペースで返すよりも、短期間で完済を実現する事が可能となるのです。
たとえば思わぬ臨時収入を手にした場合や、ボーナスの額が思った以上に大きかった、そんな際にはこの「繰り上げ返済」のシステムを利用することによって、ダラダラ時間を掛けて返さずにスッキリお得に返済することが可能となるのです。

無理なく返せる額をイメージする

いかがでしたでしょうか。たとえ同じ金額、同じプランで借り入れを行ったとしても、返済方法を工夫することによって、より便利でお得なキャッシングが可能となるのです。
返済プランを考える時に大事なポイントは、できるだけ自分に負担のかかりすぎない限度をシミュレーションした上で、借り入れする金額および返済する総額をはじき出すことが大事な点となります。
最初にするべき事は、今現在の自分自身の収入から生活に必要とされる費用を差し引いた収入と支出の釣りあいを理解した上で、自分がひと月に返済できる金額を決定する事です。

「自分にとってムリのない返済額」を最も分かっている人間は、自分自身です。また、返済プランを算出する上で便利なのが、それぞれのキャッシング会社などのHPに設置してある「返済をシミュレートするためのツール」です。その他にも、それぞれの金融機関の窓口まで直接足を運び、スタッフさんと対面した上で相談を行うというのもオススメの方法です。
失敗しないキャッシングのために肝心なのは「どれだけ現実的で綿密なプランを立てられるか」なのです。
その結果として「無理なく利用できそうだ」そう感じたのなら利用へと踏み出しましょう。

プロミス

関連記事

  1. アコムを利用する際の明細書について

  2. 「ACクレジットカード」とは?

  3. 生活費のキャッシングはリスクあり!

  4. アコムの「個人情報に対する観点」

  5. アコムからの郵便物について

  6. インターネットでの借り入れの申請について

PAGE TOP