「改正貸金法」で何が変わったの?

分かりやすく知る事ができる「おしえてアコム」

まだ消費者金融を利用した事がない方の中には「何となく怖いイメージがある」という方も多いのではないでしょうか。
そのようなイメージを払拭するためには、「消費者金融にまつわる、ルールや法律」を把握しておくことが大事です。
それらを頭に入れておく事によって、キャッシングについての不安はなくなると思います。

そこでご覧頂きたいのがアコムが提供するサービスである「おしえてアコム」です。ここでは「改正貸金法」について、分かりやすい挿絵つきで紹介しています。そのため法律に対しての知識が少ない方でも、スムーズに学ぶことができるようになっているのです。
本ページでは、この「おしえてアコム」が紹介しているキャッシングに関しての知識を解説していこうと思います。

改正された貸金法について

貸金法は、2010年に改正の施行が完全に行われました。それによって、「年収の3分の1以上」の借り入れはできなくなりました。
この改正が行われた背景には、返済できない額の借り入れを行ってしまい「多重債務」となっている人が増加していたことがあります。
つまり、この法律の改正によって、借り入れをする上での上限ができたので、「自分が返せるだけの金額」以上の借り入れを防止することが可能となりました。
それに加えて、法律上の「金利の上限」も減少されました。これまでは「29.2パーセント」でしたが、それぞれの借り入れをした金額に応じて「15パーセントから20パーセントの間」となったのです。この左記の金利を上回る貸し付けを行った場合は違法となりますので、刑法による罰則を受けなければなりません。

もしも、年収の3分の1を超えてしまっていた場合

また、いくつかのキャッシング会社から借り入れを行っており、それらの合計額が「年収の3分の1以上」であった場合は、それ以上の借り入れを行うことは不可能となります。しかし、このオーバーした金額に関しては、たとえ違法であったとしても借りた人が罰せられたり、即時の返済を迫られる義務が発生するという事はないのです。つまり、それぞれの契約毎の返済期日を守って返せば問題ないという事です。

収入証明の提出について

借り入れをする際に必要なものの一つとして「収入証明」がありますが、これはどのケースでも必要というわけではありません。
収入証明が必要なケースについては2つ挙げられます。1つは複数のキャッシング会社から、合計で100万円以上借りる場合、もう一つは、借り入れ金額が50万円以上となる場合です。

主婦のキャッシングは?

その他に貸金法の改正によって「新しく加わったルール」について紹介していきましょう。
専業主婦の方のキャッシングについても、法改正によって変化がありました。もしも就労していない専業主婦(夫)の方が借り入れを行う際には、その配偶者である夫(もしくは妻)の同意が必要となりました。
しかし、アコムでの借り入れに関しては、もし配偶者が同意したとしても、借り入れを行う主婦(夫)自身が、現在一定の収入を得ていなければキャッシングは出来ない事となっています。
しかしその逆として、もし主婦であっても、一定の収入を満たしていれば、雇用形態に関わらずキャッシングを行うことができます。

以上が、「おしえてアコム」で紹介しているキャッシングに関してのルールの紹介になります。
キャッシングに関しての法律や知識を身につけておくことによって、さらに借り入れを活用して充実した生活を送る事が可能となります。

プロミス

関連記事

  1. 便利な「アコムのクレジットカード」

  2. 知り合いに「お金を貸して」と言われたら

  3. 利用限度額を増やすためのポイント

  4. 1社以外のキャッシングの利用について

  5. CMに見られる「アコム独自のアピール」

  6. アコムを利用する際の明細書について

PAGE TOP