返済が全て終わった後にはどうするか

完済後の疑問について解説

消費者金融から借り入れを行った資金を、全て返済するのは気持ちの良いものです。キャッシング会社からお金を借りる時に主に用いられる方法は「カードでのキャッシング」です。では、一つの消費者金融と契約して借り入れを行い、全て返し終えた後はどうすればいいのか?
今後は借りる目処がたっていない方もいるでしょうし、また近々借りる予定がある方だっているでしょう。
ココでは「返済を終えた後はどうするのか」について解説していこうと思います。

完済しても契約は継続しています

キャッシングを行ったお金を完済することによって利用者の負担は完全に無くなりますが、全て返し終わった後も「キャッシング会社との契約」はまだ続いているのです。
つまり債務は完全に無くなりましたが、消費者金融の会社のカードを持っている以上は、限度額に達してさえいなければ自分の好きなタイミングで借り入れをすることができるのです。
キャッシング会社のカードは使わない限りはモチロン金利がかかる事はありませんし、年会費を取られるという事もないのです。
もしも今後借り入れをする予定がないのであれば、一度あっさり解約しておくのが良いかもしれませんね。逆に、また近々借り入れする事があるかもしれない・・・というようでしたら、そのまま契約しておきましょう。

キャッシング会社と解約するには

では、消費者金融との契約を終わりにするための手順について紹介していきましょう。
まずは該当する金融会社の「会員専用の電話番号」へとコールして、解約したいということを受付の人に伝えて、解約するための手順を進めていきます。消費者金融の会社によっては電話以外の郵送であったり、店舗窓口などでも手続きが可能なところもありますので確認してみましょう。
しかし消費者金融のHPには、返済方法であったり申し込み方法などについては分かりやすく掲載されていますが「解約の方法」については見つけるのが難しい所が多いです。
ですので、電話で問い合わせを行ってしっかり確認する方がスムーズであると言えるでしょう。

また、「解約をする際の注意点」についてもここでは述べておきましょう。それは「一度解約をすると、再契約の際には最初から手順を踏まなければならない」という点です。
つまりもう一度借り入れをしたい場合は最初から申し込みを行って、また審査を受ける必要があるのです。
その際に収入状況であったり勤務先などといった貴方の情報が変わっている場合だと、必ずしも前回と同じ条件で契約可能であるとは言えないのです。
そのため解約をする際には、今後の自分の状況の変化なども加味した上で決めるのが良いと思います。

解約しないでおくことの欠点

上に述べたように、解約しないでおくことによる利点はありますが、同様に「デメリット」となる部分もあるのです。それについて紹介します。
それは「後で大きなローンを組む場合にマイナスに働くケースがある」という事なのです。
消費者金融のカードを手にしていることによって「信用情報機関」に「契約中」という記録が残されることとなるのです。つまり、これにより「あなたはいつでも借金が可能な状態である」と判断されるという事です。
そのため、もしも貴方が今後何かしらの大きなローンを申し込む予定があるとしたら、その前に消費者金融との契約を解除してカードを使えない状態にしておいた方が良いでしょう。

基本的には、近い未来にまた借り入れをする予定が無い限りは、一度解約しておいた方が良いのかもしれません。
カードを所持していることによって、「いつでも借金ができる」という思いが無意識のうちに出てきますので、ついつい使ってしまうというケースもあります。
もしもまた、どうしても必要なのであれば再度契約を行うことによってキャッシングができますし、「一度完済している」という信用を得ている部分もあり、大きく自分の属性面でデメリットとなる変化が起こっていない限りは、問題なく審査もクリアできるでしょう。

以上のように、借り入れを行う際には、返す事に加えて「その後どうするのか」についても考慮しておくのがベターです。

プロミス

関連記事

  1. インターネットでの借り入れの申請について

  2. 1社以外のキャッシングの利用について

  3. もしも返済が遅れてしまった場合って?

  4. アコムの自動契約機を使う上でのポイント

  5. アコムを利用する際の明細書について

  6. CMに見られる「アコム独自のアピール」

PAGE TOP