アコムのカードを無くした時に慌てないために

紛失してしまった時に備えて、するべき事とは?


でれだけ注意していても、事故であったり盗難であったりなどで、カードが無くなってしうという事は起こりえます。
もしもそのような事態になってしまった際に動転しないためにも、クレジットカードを作った時点でするべき事について紹介します。

人に推測されにくいような暗証番号に

もしもの紛失時に備えて「暗証番号」も注意する必要があります。これはアコムのカードに限った話ではありませんが、電話番号であったり自分の生年月日などといった、「簡単に推測ができそうなもの」は避けたほうがいいでしょう。覚えやすい番号にするのに越したことはありませんが、他者にも分かりやすい番号は危険です。
その他の注意点としては、紛失した時に警察であったりカード会社を偽って電話が掛かってくるという事も起こりえます。その際に暗証番号を教えてくれと言われても、絶対に言わないようにしましょう。
暗証番号を他者に教えてしまったケースについては、その後不正利用であったり、カードを盗まれた、無くした等といった事によって被害を受けても、アコムからの損害補填を得ることができなくなってしまうからです。

かならず裏面に名前の記入を

また、もしもクレジットカードに、ショッピング機能がついているのだとしたら、カードを発行した時点で、間違いなく手書きで自分の名前を記入しておくようにしましょう。
もしも自分の名前が書かれていない状態でカードを盗まれてしまったり、無くしてしまったとすると、悪用される可能性が高まってしまいます。こういったケースについてはアコムからの損害補填を得る事もできなくなってしまうのです。

カードがなくなった!最初に気をつけるべきポイントは?

もしもアコムのカードがなくなってしまったり、盗まれてしまった事に気がついた時に、まずするべき事を紹介しましょう。
当然の事ですが、カードを無くしたショックで、人はまず混乱してしまいがちです。
「個人情報が漏洩してしまったら・・・悪用されたらどうしよう・・・」気が動転してしまう状況ではありますが、まずは落ち着いて、迅速な行動を心がけてください。

アコムのカードを無くした時には、「いの一番」にアコムのフリーコール、もしくは総合カードローンデスクに連絡をするようにしましょう。
そしてまずカードを無くしてしまった事を伝えます。そして悪用を避けるためにカードをロックしてもらいましょう。
もしもあなたが海外にいる時にカードを盗まれてしまったり、なくしてしまった時には、迅速にショッピングデスクまでコールを行うようにして下さい。

カードが無くなった際には、警察に足を運んで「紛失届け」を提出しておくことも重要です。そうする事によって、見つけた誰かが警察まで届けてくれる可能性があるからです。そして、カードの情報などを悪事に利用されるリスクも防止することができるからです。

もう一度カードを発行する

紛失により、もう一度カードを発行してもらう事になると、再度「本人確認書面」を提出しなければなりません。もしも急ぎでカードを再発行してほしい場合は、アコムの店頭窓口、もしくはむじんくんで手続きを行います。
カードをもう一度作ってもらう際には、手数料が発生しますので気をつけてください。

普段から気をつけて携帯することが大事です

何よりも、カードは無くさずに過ごす事がベストです。アコムのカードを含む、クレジットカード類をもしサイフに入れているのなら、常に「肌身離さずに」気をつけて所持することが重要です。
サイフであったりカードを無くすパターンとして多く見られるのは、上着のポケットに入れておいて、お店でハンガーにかけておいたものが無くなったり、バッグにいれておいて、そのまま置きっぱなしにしておいた、などといった状況です。
油断してウッカリ・・・などといった事がないように、普段から注意しておくことが大事ですね!

プロミス

関連記事

  1. 「改正貸金法」で何が変わったの?

  2. 最も重要な情報の一つ「暗証番号」

  3. どうしても審査は必要?

  4. ATMを利用したアコムへの返済方法について

  5. 「ACクレジットカード」とは?

  6. アコムの自動契約機「むじんくん」で迅速な借り入れを実現

PAGE TOP