生活費のキャッシングはリスクあり!

知られざる「実は多い借り入れの動機」

手持ちのお金が不足している時、消費者金融であったり銀行などの借り入れは、非常に助けとなるものです。
しかも昨今ではキャッシング方法も利便化され、手間をかけて店舗まで足を運ばなくとも、インターネットを利用して申し込みが可能となっており、任意の銀行口座に入金してもらうことができるようになっているのです。
こういった借り入れ方法の更新は、広告やコマーシャルなどで日々私たちに伝えられているため、以前よりも「借り入れ」という行為自体が私たちにとって身近なものへと変化しつつあります。
では私たちは、その「借り入れ」というシステムをどのような目的で利用しているのでしょうか?もちろん急な出費が必要になった、どうしても今すぐ旅費が欲しい、など、その目的は多岐に及びますが、思いの外多いのが「生活費を賄う目的」なのです。

借金をする原因で最も多いもの

借り入れをしている、と聞くと、パッと思い浮かぶ「利用目的」は「別のキャッシングの負担を埋める」といったことや「遊びに使う」等という事が多いと思いますが、実際のところ、最も多い割合での借り入れの目的は「日々の生活費を賄うため」なのです。
しかし、この借り入れ目的は、他のものと比べると「危険度の高い目的」であると言えるのです。
なぜなら、ゴハンを食べたり、家賃を支払ったり、エネルギー等に対する諸費用を支払うという事は、遊びのように「もしもの時にはなくても生きていける」類いの費用ではなく「生きる為に少なくても必要な費用」であるからなのです。そして勿論のこと、これらの出費は、月々必ず支払わなければならないものです。
つまり、毎月必要である、これらの「最低限の生活費」を借り入れでカバーしようとすると、「毎月借り入れを行わなければならない」という危険性を孕んでおり、事態によっては「雪だるま式に借金が増幅してしまう」という最悪のケースにもなりかねないのです。

どうしてお金が足りなくなるのかを知る

では、そのような生活費は、どのような原因によって不足してしまうのか?考えてみましょう。色々な理由がある中でも多く考えれるのは、「支出額が収入を大きくオーバーしてしまっていること」です。
これを解決するために必要な選択肢は、「不必要とされる出費に対しての見直しを行って、自分にとって無理とムダのない生活を送るようにする」という事でしょう。
多くの生活費不足のケースには「明らかな原因となっている事項」があるものなのです。よく見られる例を挙げると「収入に見合っていない趣味にかける金額」であったり、「節約することを意識せずに、雑な感覚で諸費用の支払いをしてしまっている」といったところでしょうか。
これを改善するために必要なのは、日常的なお金の使い方をしっかりとチェックし直すことや、家計を改めて見直して、「お金がどうして足りないのか」について追求することであると言えるでしょう。

どうやって家計を見直すか?

ではここで「家計を見直すためのコツ」について紹介していこうと思います。
最初にするべきことは、現在自分が「何」に「どれぐらいの金額」を使っているのかを事細かに知っておくことであると言えるでしょう。
生活費を確保するカギとなるのは「不要な出費をどのようにして削っていくのか」これに尽きるのです。
例えば遊びであったり人付き合いに、度を過ぎた金額を費やしていないか?加入している保険に不要なコースが付与されてはいないか?
外での食事にお金を使いすぎてないか?自炊の場合は日々の食事に使う材料に高過ぎるものを選んではいないか?
光熱費の無駄遣いをしていないか?見直すべきポイントは、実は色々なところに散らばっているかもしれませんね。

結局のところ「生活費を借り入れで賄う」ということは、さらなる大きな負担を生む結果としかならない場合が多いのです。それを防ぐためにも、可能な限り、収入をオーバーしない生活を心がけるべく、出費を工夫して、家計を算段するということが重要なのです。
また、根本的な収入が少ないという事に悩みを感じている方であれば、「新しい仕事」を探す事を視野に入れたり、空いている時間を利用してアルバイトなどを始めることも、解決への糸口となるかもしれません。どのようにして出費をセーブするか、その手段を実行するのも良いです。
「お金に対する計画」もしっかりと練ることによって、今現在だけではなく、これからの事も視野に入れた道筋がより明確となりますので、気持ちが引き締まります。

プロミス

関連記事

  1. ATMを利用したアコムへの返済方法について

  2. 上手な返済プランとは?

  3. アコムの無利息サービスって?

  4. アコムの自動契約機「むじんくん」で迅速な借り入れを実現

  5. 日本以外の国の「金融事情」って?

  6. 1社以外のキャッシングの利用について

PAGE TOP