闇金業者は「断固NG!」

消費者金融を選ぶ上で「絶対忘れてはいけない点」

キャッシングを利用したい!そう思った時に「選ぶ基準となるポイント」は人それぞれです。「審査がスピーディーな会社が良い」「金利ができるだけ低い会社を」「大きい額が必要なので限度額の高い会社を」などなど、、、色々な判断基準が挙げられます。
その中でも、皆さんに覚えておいてもらいたい「大事な判断基準」があります。それは「違法な闇金業者」から借り入れを行わないという事なのです。

そもそも闇金業者って?

通常の貸金業者と闇金業者、金融業界に詳しくない方にとっては、その2つの違いは分かりづらいかもしれません。
通常の「貸金業者」は営業を行う上で「貸金業法」のルールを遵守しています。この「貸金業法のルール」は上限金利の20パーセントを守る事から始まり、数々のものがあります。
では闇金業者とはどのようなものなのかと言うと、「貸金業」としての登録を行っていなかったり、「貸金業法のルール」に違反した営業を行っている業者を指すのです(例えば金利が20パーセントをオーバーしているなど)。

そういった事を知らずに、フラッと闇金業者を利用してしまうと大変な事となってしまいます。例えば、どれだけ返済を繰り返しても元金が一向に無くなる事がない、いわゆる「借金地獄」にはまってしまったりすることが挙げられます。
いっこうに無くなることがない借金、恫喝に近いような度が過ぎた取り立てなどを受けることによって、金銭面のみならず、精神的な部分でも徐々に追いつめられていきます。その結果として、家庭が崩壊してしまったり、自己破産せざるを得なくなったりなどといった「末期的な事態」へと向かう恐れがあるのです。

また悪質なのが「闇金業者」ですので、もしも全てお金を返した場合でも、言いがかりに近いような理由により手数料のようなものを払うように迫られたり、そこでウッカリ払えば払ったでさらに付け込まれたり・・・などといった終わりのない負のスパイラルに巻き込まれる危険性すらあるのです。

どのような手口を用いるのか?

闇金業者による私たちへの被害が後を絶たないのは、理由があります。巧妙な手口によって闇金業者は借り入れをしたい方の心の「スキ」をついてくるのです。
「ブラックの方でも融資します」「どんな方でもスピーディーな融資を実現します」このような敷居の低さを感じさせる甘いキャッチコピーを闇金業者は用いることが多いです。それによって顧客を獲得したり、存在しない登録番号を掲載したりもします。闇金業者は一見してそれと分かる営業は行っておらず、さもお金に悩む人々にとってのヒーローとなるような「正規の貸金業者」よりも有り難い存在のような振る舞いをするのです。

さらに昨今の闇金業者の手口はますます多様化してる上に巧妙となっています。たとえば「信用情報機関に登録されている貴方の借り入れ情報を削除します」などと言って(もちろんウソ)その手数料の請求を行ったり、突然お金が振り込まれ、その後から高い金利を支払うよう請求する、といった恐ろしいものがあります。
また最近では「ソフト闇金」という新しい種類の違法業者も登場しているのです。これは名の通り接し方はコワモテではなく優しいのですが、行っている手口は通常の闇金同様違法という、狡猾な業者です。

万が一、あなたが闇金の被害者となってしまったら、まずは何よりも早く「警察への届け出」を行うようにしてください。
さらにそれに加えて「法律事務所」であったり「消費者センター」に相談をすることも重要です。
「借りたのは自分だし、返済すれば良いんだから黙っていよう」そんな考えで泣き寝入り、とはならないようにしてください。
そもそも闇金業者は最初から「違法な存在」なのです。よってそのような業者から何らかの不利益を受けた時点で「加害者と被害者の構図」は成立しています。
このような問題を早期解決へと導くために必要なのは「できるだけ早い時点での相談」です。それによって被害の規模も小さく抑えることが可能となるのです。
自分一人の力では取り立ての圧力に怯んでしまうかもしれませんが、できるだけ早く相談することでトラブルをスッキリさせましょう。

プロミス

関連記事

  1. 日本以外の国の「金融事情」って?

  2. アコムの魅力について

  3. 上手な返済プランとは?

  4. 主婦の方のキャッシングについて

  5. アコムの自動契約機を使う上でのポイント

  6. アコムの無利息サービスって?

PAGE TOP