女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスの金利についての解説

プロミスでお金を借りる時の金利は4.5%~17.8%です。
このうちどの程度の利率が適用されるかは、借りる金額やこれまでの利用状況によっても異なります。
基本的に初めての利用で、10万円~30万円程度の融資の場合には、上限金利の17.8%となります。
金利はお金を借りて返す上で、とても重要な要素となります。
こちらではプロミスの金利や、実際の返済額についてお伝えします。

プロミスの適用金利は借りた金額で決まる

プロミスの金利、4.5%~17.8%というのは、他の会社と比べるとどうなるのでしょうか。

会社名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 4.7%~18.0%
ノーローン 9.5%~18.0%
ココエイ 7.7%~18.0%

最低金利で比べると、プロミスよりも低い金利の会社はあります。
しかし、実は最低金利が適用されるのは、相当大きな金額を借りた時だけです。
適用される金利は、借りる金額とこれまでの取引状況によって異なり、初めての利用や10万円~30万円程度の借入では、適用されるのは上限金利です。
上限金利を比べ見ると、プロミスは他社に比べて若干低く設定されているのがわかります。

利息は金利だけでなく返済期間も関係する

利息は次のように計算します。

  • 利息 = 借入金額 × 実質年利 ÷ 365日 × 利用日数

例えば、10万円借りて1年で返すと利息は17,800円という計算になります。
しかし実際には毎月返済をするので、借入残高は減って行きますので、支払う利息も段々減ります。
とは言え、10万円借りて30日間で返す場合に支払う利息は1,463円ですので、それに比べればはるかに大きな金額になります。
つまり返済総額で見る場合、利率よりも重要なのは返済期間という事になります。
返済期間が長引けば長引くほど、沢山の金額を支払わなければいけないのです。
早く返せるなら返した方が得だという事です。

プロミスの具体的な返済額

プロミスへの返済は具体的にいくらになるのでしょうか。
プロミスの毎月の最低返済額は、下記の表に当てはめて計算されます。

お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高×2.53% (1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高×1.99% (1,000円未満切り上げ) ~80回

このような返済方法は「残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれています。
実際にはプロミスでは千円未満は切り上げとし、千円単位の返済になります。
具体的に借りる金額ごとの最低返済額は次の表の通りです。

最低返済額 借入額
1,000円 ~27,000円まで
2,000円 ~55,000円まで
3,000円 ~83,000円まで
4,000円 ~110,000円まで
5,000円 ~138,000円まで
6,000円 ~166,000円まで
7,000円 ~193,000円まで
8,000円 ~221,000円まで
9,000円 ~249,000円まで
10,000円 ~277,000円まで
11,000円 ~300,000円まで
8,000円 ~316,000円まで
9,000円 ~355,000円まで
10,000円 ~395,000円まで
11,000円 ~434,000円まで
12,000円 ~474,000円まで
13,000円 ~513,000円まで
14,000円 ~553,000円まで
15,000円 ~592,000円まで
16,000円 ~632,000円まで
17,000円 ~671,000円まで
18,000円 ~711,000円まで
19,000円 ~750,000円まで
20,000円 ~790,000円まで
21,000円 ~830,000円まで
22,000円 ~869,000円まで
23,000円 ~909,000円まで
24,000円 ~948,000円まで
25,000円 ~988,000円まで
26,000円 ~1,000,000円まで
22,000円 ~1,100,000円まで
24,000円 ~1,200,000円まで
30,000円 ~1,500,000円まで
40,000円 ~2,000,000円まで
50,000円 ~2,500,000円まで
60,000円 ~3,000,000円まで
70,000円 ~3,500,000円まで
80,000円 ~4,000,000円まで
90,000円 ~4,500,000円まで
100,000円 ~5,000,000円まで

他社の最低返済額は

プロミスの最低返済額は他社と比べるとどうなのでしょうか。
下の表が30万円借りた時の最低返済額を、大手消費者金融で比較したものです。

会社名 金利 最低返済額 返済回数 返済総額
プロミス 17.8% 11000円 36回 387,289円
アコム 18.0% 13000円 29回 370,864円
アイフル 17.5% 13000円 30回 385,927円
SMBCモビット 18.0% 11000円 36回 388,683円

このように最低返済額は安くても、返済総額で見ると多くなってしまう事もあります。
最低返済額を13,000円に合わせた場合はどうなるでしょうか。

会社名 金利 最低返済額 返済回数 返済総額
プロミス 17.8% 13000円 29回 369,954円
アコム 18.0% 13000円 29回 370,864円
アイフル 17.5% 13000円 30回 385,927円
SMBCモビット 18.0% 13000円 29回 370,993円

このようにプロミスで13,000円ずつ返済した場合には、他社より返済総額が少なくなる事がわかります。

返済期間は出来るだけ短くする

プロミスでお金を借りた時に、意識していただきたいのは次の2点です。

  1. 返済期間は出来るだけ短くする事。
  2. 積極的に追加返済する事。

プロミスで30万円借りた時、返済期間ごとの返済総額は次の表の通りです。

期間(回数) 返済額 返済総額 利息
36ヶ月 11,000円 387,289円 87,289円
32ヶ月 12,000円 377,633円 77,633円
29ヶ月 13,000円 369,954円 69,954円
24ヶ月 15,000円 358,508円 58,508円
21ヶ月 17,000円 350,416円 50,416円
18ヶ月 20,000円 341,844円 41,844円
14ヶ月 25,000円 332,836円 32,836円
12ヶ月 29,000円 328,131円 28,131円
11ヶ月 30,000円 327,145円 27,145円
10ヶ月 35,000円 323,274円 23,274円
6ヶ月 60,000円 314,090円 14,090円
4ヶ月 100,000円 309,210円 9,210円

毎月の返済額を増やせば、それだけ返済総額も少なくなります。
さらに、追加返済も積極的に行って欲しいと思います。
これは毎月の決まった金額の返済に加えて、追加で返済する事です。

毎月の決まった返済額には、元本分と利息分が含まれています。
下の表を見ていただくとわかるように、11,000円返したからと言って借入残高が11,000円減るわけではなく、一部は利息に充てられます。

回数 返済額 元金 利息 残高
1回目 11,000円 6,550円 4,450円 293,450円
2回目 11,000円 6,648円 4,352円 286,802円
3回目 11,000円 6,746円 4,254円 280,056円
4回目 11,000円 6,846円 4,154円 273,210円
5回目 11,000円 6,948円 4,052円 266,262円
6回目 11,000円 7,051円 3,949円 259,211円
7回目 11,000円 7,156円 3,844円 252,055円
8回目 11,000円 7,262円 3,738円 244,793円
9回目 11,000円 7,369円 3,631円 237,424円
10回目 11,000円 7,479円 3,521円 229,945円
11回目 11,000円 7,590円 3,410円 222,355円
12回目 11,000円 7,702円 3,298円 214,653円
13回目 11,000円 7,816円 3,184円 206,837円
14回目 11,000円 7,932円 3,068円 198,905円
15回目 11,000円 8,050円 2,950円 190,855円
16回目 11,000円 8,169円 2,831円 182,686円
17回目 11,000円 8,291円 2,709円 174,395円
18回目 11,000円 8,414円 2,586円 165,981円
19回目 11,000円 8,538円 2,462円 157,443円
20回目 11,000円 8,665円 2,335円 148,778円
21回目 11,000円 8,794円 2,206円 139,984円
22回目 11,000円 8,924円 2,076円 131,060円
23回目 11,000円 9,056円 1,944円 122,004円
24回目 11,000円 9,191円 1,809円 112,813円
25回目 11,000円 9,327円 1,673円 103,486円
26回目 11,000円 9,465円 1,535円 94,021円
27回目 11,000円 9,606円 1,394円 84,415円
28回目 11,000円 9,748円 1,252円 74,667円
29回目 11,000円 9,893円 1,107円 64,774円
30回目 11,000円 10,040円 960円 54,734円
31回目 11,000円 10,189円 811円 44,545円
32回目 11,000円 10,340円 660円 34,205円
33回目 11,000円 10,493円 507円 23,712円
34回目 11,000円 10,649円 351円 13,063円
35回目 11,000円 10,807円 193円 2,256円
36回目 2,289円 2,256円 33円 0円
累計 387,289円 300,000円 87,289円 0円

これを見ると、返済開始した頃は返済額のうち、多くの金額が利息に充てられているという事がわかります。
最初の頃は何度返済しても、元本はあまり減って行きません。
そこで元本を減らすために出来る事が「追加返済」です。
毎月の返済に加えて、追加で返済した金額は全額元本に充てられます。
元本が少なくなれば、その分その後に支払う利息も減り、返済総額も少なくて済む事になるのです。

ですから、お金に少しでも余裕がある時には、積極的に追加返済する事をお勧めします。
そうする事で結果的にプロミスへ支払う金額を少なくする事が出来ます。

まとめ

プロミスの金利は、他の消費者金融と比べて大きな違いはありません。
しかし10万円から30万円ほどの少額融資や、初めての融資の場合には、基本的に上限金利が用いられますので、上限金利だけを見ればプロミスは他社より若干低く設定されている分お得だと言えます。
大事な事は利率よりも返済期間です。
できるだけ短い期間で返済する事で、トータルの支払い総額を少なくする事が出来ます。
そのためには、毎月最低返済額以上の金額を返すようにする事と、お金に余裕がある時は積極的に追加返済する事が大切です。

プロミス

関連記事

  1. プロミスにおけるお金の借り方を全て解説します

  2. プロミスではスマホで申し込みや借入返済が可能

  3. 学生でもプロミスのカードローンは利用出来る?

  4. 亡くなった家族にプロミスからの借金があった場合の対処法

  5. プロミスATM利用時の明細書の見方について解説

  6. スマホでプロミスと契約する方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP