女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






亡くなった家族にプロミスからの借金があった場合の対処法

万一、プロミスからの借金のある家族が亡くなってしまった場合、その借金は遺された家族に返済の義務があるのでしょうか?
答えとしてはケースバイケースです。
遺産の相続を放棄すれば、借金も返す必要はなくなります。
こちらでは、プロミスの借金の相続についてお伝えします。

亡くなった家族に借金があった場合

結論から申し上げると、家族が亡くなった後に借金が判明した場合、遺された家族はそれを返す義務はないです。
プロミスは保証人なしでお金を貸しているので、遺された家族が代わりに返済しなくても良いのです。

ただし、亡くなった家族の遺産を相続する場合には話は違います。
遺産相続は、プラスの資産だけでなく、借金などのマイナスも相続しなくてはいけません。
ですから、亡くなった家族に借金があった場合には、次の何れかを選ぶ必要があるのです。

  • 遺産を相続して、借金も返済する。
  • 遺産相続を放棄して、借金も返済しない。

それぞれについて詳しくご説明します。

遺産を相続して、借金も返済する

土地や家屋、また現金などを相続する場合、借金だけは相続しないという事は出来ません。
借金の相続をするためには、必ずやらなくてはいけない事があります。
それは「債務者の名義を変更する事」です。
プロミスでの借金を相続する流れは次の通りです。

  1. プロミスに連絡し、借入していた家族が亡くなった事を伝える。
  2. 借入金の残高を確認する。
  3. 債務者の名義変更を依頼する。
  4. 返済方法を決める。
  5. 名義人変更の契約書を交わす。
  6. 返済する。

まずはプロミスに連絡して、家族が亡くなった事を告げ借入金の残高を確認します。
その上で、どうやって返済するかを相談する事になります。
いくら借金が残っているかにもよりますが、できれば一括返済する事をお勧めします。
分割で返済すれば利息もその分発生してしまいますし、返済の手間も掛かります。
お金に余裕があるのであれば、一括で返済してスッキリしてしまった方が良いでしょう。

相続人が複数いるケース

相続する人が1人だけなら、その人が借金の返済をするしかありませんが、複数人の相続人が複数いるケースでは、借金も遺産相続の割合によって分配される事になります。
例えば、500万円の借金を遺して父親が亡くなり、2人の息子が相続するというケースでは、借金もそれぞれ250万円ずつ背負う事になります。
尚、息子のうちの1人は完済し、残りの1人は返済していない場合でも、自分が相続した分だけ返済すれば良いので、完済した息子は完済していない兄弟の分の返済をする必要はありません。

遺産相続を放棄して、借金も返済しない

相続放棄とは、全ての遺産の相続を放棄する事です。
借金だけでなく、土地や家屋・現金も相続しない事を選択するという事です。

相続する遺産が1,000万円で、借金が2,000万円あるようなケースで相続した方が不利益となる場合や、相続したとしても管理出来ないような場合に、相続放棄が行われます。
尚、相続放棄しても次のものは例外として相続出来ます。

  • 生命保険金
  • 死亡退職金
  • 遺族年金
  • 香典
  • お墓
  • 仏壇・仏具等

相続放棄の方法

相続放棄の方法を簡単にまとめると、次のようになります。

届け出の提出先

  • 亡くなった人が死亡した時の住所地を管轄する家庭裁判所

提出物

  • 相続放棄申述書 …  裁判所で入手
  • 除籍謄本 … 亡くなった人の本籍地で入手
  • 戸籍謄本 … 相続放棄を希望する人のもの
  • 印鑑 … 相続放棄を希望する人のもの(実印でなくでも良い)
  • 収入印紙

届け出の期間

  • 相続開始を知った日から3ヵ月以内

さらに家庭裁判所で相続放棄の手続きをした後に、プロミスに対しても次の流れで借金の相続を放棄する事を伝える必要があります。

  1. プロミスに連絡して借入金残高がいくらか確認する。
  2. 裁判所に相続放棄申述書を提出する。
  3. 裁判所から相続放棄受理通知が送られる。/li>
  4. プロミスに相続放棄した旨を連絡する。
  5. プロミスに債権放棄通知書を送る。
  6. 借金を相続しない手続き完了。

相続放棄する際の注意点

相続放棄をする時には、次の5つの点に注意する必要があります。

  1. 過払い金があるかどうか。
  2. 手続きは3ヶ月以内。
  3. 勝手に資産を使うと相続放棄が出来ない。
  4. 相続放棄は親族全員の問題。
  5. 闇金は法律を守らない。

それぞれについて詳しくご説明します。

過払い金があるかどうか

相続放棄する前に、どこの会社からいつお金を借りていたかを確認するようにして下さい。
プロミスなどの消費者金融で、2010年以前に借り入れをしていた場合、過払い金が戻って来る可能性もあります。
遺産相続を放棄すると、過払い金請求する権利も同時に放棄する事になります。
過払い金があるかどうかは、放棄する前に確認するようにしましょう。

手続きは3ヶ月以内

相続を放棄するためには、亡くなった事を知った日から3ヵ月以内に手続きをしなければなりません。
その期間内に手続きをしないと、遺産は自動的に相続されます。
尚、亡くなった人に借金がある事を、返済の請求をされて初めて知ったという場合には、借金の事実を知った日から3ヶ月以内に手続きをすれば大丈夫です。

勝手に資産を使うと相続放棄が出来ない

相続を放棄するつもりでいても、遺産を処分したり使ったりしてしまうと、遺産を承認した事になり相続する事になってしまいます。
例えば亡くなった人の銀行口座からお金を下して生活費に使ったり、亡くなった人の車を勝手に売ってしまったりした場合には、自動的に遺産相続となり相続放棄出来なくなります。

ただし、資産を使うという事には次のような例外があります。

  • 葬儀の費用を個人の銀行口座から下して使った。
  • 個人の家具や不用品を処分した。

このようなケースでは、遺産を勝手に使ったとは見なされないようです。
あくまでも価値がある資産を個人的に使ったりすると、遺産相続を承認したと判断されるようですが、念のため遺産を相続または放棄の決定前に、故人の資産には手を付けない事をお勧めします。

相続放棄は親族全員の問題

遺産相続は亡くなった人の配偶者や子どもに権利があると考えがちですが、実際にはもう少し複雑です。
もし配偶者や子どもが相続を放棄した場合、その権利は親族に渡って行く事になるのです。
相続の順位をまとめると次のようになります。

  1. 亡くなった方の配偶者・子ども
  2. 亡くなった人の両親
  3. 亡くなった人の兄弟
  4. 亡くなった人の兄弟の子ども

ここで大事な事は、相続放棄で他の人に相続の権利が移った場合、相続権を受け取った人も相続放棄をする場合には、手続きが必要になるという事です。
借金の相続を放棄した時、その相続権を受け取った人も相続放棄の手続きを取らないと、その人が借金を背負う事になってしまうのでくれぐれも注意して下さい。

闇金は法律を守らない

相続放棄すれば借金を相続しなくても良いというのは、あくまでも法律に則って営業している正規の消費者金融の話です。
怖いのは、いわゆる闇金と呼ばれるルールを守っていない会社です。
闇金は相続放棄などおかまいなしに、借金している人が亡くなったらその家族に返済を迫ってくるそうです。
もしそのような闇金からの取り立てがあった場合には、迷わず警察に連絡して下さい。
1度でも返済してしまうと、借金を認めた事になって何度でも取り立てに来る事になります。

まとめ

亡くなった人に借金があった場合の相続について、ポイントをまとめると次のようになります。

  • 亡くなった人に借金があっても、家族はそれを相続する義務はない。
  • 他のプラスの遺産を相続する場合には、借金も相続しなければならない。
  • 相続する場合、プロミスに連絡して債務者の名義変更を行う。
  • 相続人が複数いたら、借金もその人数で割って分担する。
  • 相続放棄をすれば借金は相続しなくても済む。
  • 遺産がある事を知った日から3ヵ月以内に手続きをする必要がある。
  • 相続放棄をする前に過払い金がないか確認する。
  • 闇金は相続放棄に関係なく取立をしてくるので、来たらすぐに警察に連絡する。

借金の相続をするかしないかは、亡くなった人にどれだけプラスの遺産があるかが重要なポイントです。
遺産放棄するかしないかを決める猶予は3ヶ月ありますので、どちらが得になるかをよく考えて決めるようにして下さい。

プロミス

関連記事

  1. プロミスの借金取り立てについて

  2. プロミスATMの営業時間について解説

  3. プロミスATM利用時の明細書の見方について解説

  4. 病気や入院でプロミスに返済が出来ない時について解説

  5. プロミスへの過払い金請求

  6. プロミスで今日中にお金を借りるには

新着記事

新着記事

PAGE TOP