女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスでお金を借りる場合に保証人は必要なのか?

手持ちのない時に急にお金が必要になるという場面は、誰にでも起こりうることと言えます。
そんな時に気軽にお金を借りる事ができる、家族や知人が身近にいれば問題ありませんが、なかなかそうも行かないのが現実です。

気軽に借りたはいいけれど、後々それが仇となって人間関係にひびが入ってしまっても困ります。
そんな時には、消費者金融でお金を一時的に借りるという方法も考えられますが、その時保証人は必要なのでしょうか?

こちらでは、消費者金融のプロミスでお金を借りる時、保証人は必要なのかという事について、また実際にお金を借りるにはどのような手続きを進めれば良いのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

保証人は必要?

結論から先に申しますと、プロミスでお金を借りる場合には、保証人は必要ありません。
また担保も必要ではありません。

ご自身が20歳以上69歳以下で、安定した収入のある方であれば、保証人や担保なしで借り入れの申込みをする事ができます。
実際保証人を誰かにお願いするというのは、そうそう簡単な事ではありません。
保証人なしで借りられるプロミスは、大変ありがたい存在と言えるでしょう。

プロミスでお金を借りる流れ

プロミスでお金を借りる時には、まずは審査の申込みをします。
審査の申し込みは、いつでもどこからでも申し込みができる「WEB申し込み」をお勧めします。
スマホやパソコンから、自分の都合の良い時に申し込みの手続きができます。

最終的に自動契約機で契約をして、カードを自動契約機で受け取りたい場合でも最初はWEBで1次審査を申し込むことが、一番スムーズで時間を無駄にしない申込方法です。

プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

WEB申込みの方法

WEB申し込みをするには、まず申し込みフォームに必要事項を入力することからスタートします。
申し込みフォームは「カンタン入力」と「フル入力」の2種類から選べます。

入力が苦手、煩わしい、入力する時間がない、というような方は「カンタン入力」を選べば、少ない項目への入力で一次審査に進めます。
その後電話で本審査に必要な情報について確認がされる事になります。
ですから、逆に電話が掛かってくるのが煩わしいという方や、入力が苦ではないかたは「フル入力」を選ぶと良いかと思います。

フル入力では、審査に必要な情報全てを最初から入力する事になります。

審査結果の連絡

プロミスが審査を行う9時から21時の間に申し込みを行って、なおかつその間に審査が終われば、早くて30分で審査結果の連絡が来る事になっています。

状況によって30分以上の時間が掛かる事もありますので、その分時間に余裕を持って申し込みをされた方が良いでしょう。
連絡方法は申し込み時に、メールか電話のどちらかを自分で選びます。

自動契約機で契約

審査が完了して契約可能額の連絡が来れば、次は契約です。契約には本人確認の書類が必要です。
できれば運転免許証を用意して下さい。
もしお持ちでなければ、パスポートまたは健康保険証+住民票でも大丈夫です。

本人確認書類を持参して、お近くの自動契約機に行きましょう。自動契約機は9時から22時まで稼働しています。
自動契約機に着いたら、あとは機械の指示通りに手続きを進めるだけです。
不明点は設置された電話で係員に質問もできます。契約の手続きが完了したら、その場ですぐにカードが受け取れます。

ここで注意が必要なのですが、もし事前にWEBで申し込みをせずに自動契約機に行った場合、審査が終わるまで最低でも30分、その場で待つ事になってしまいます。
さらに言えば、わざわざ自動契約機まで行ったのに、審査に通らないという可能性もあるのです。
そんな無駄な時間を過ごさないためにも、必ず最初の1次審査申し込みをWEBで終えてから自動契約機に出向くようにして下さい。

プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

WEB契約もできます

外出できない事情のある方や、お近くに自動契約機がないという方は、WEBで契約する事もできます。
WEB契約をする場合の必要書類の提出は、本人確認書類をスマホや携帯のカメラ、あるいはデジカメなどで写真に撮り、それをインターネットで送信するという方法になります。

契約の流れとしては、最初に返済方法を「口座振替」か「ATM」から選択します。
口座振替を選ぶには、指定する銀行で本人確認の処理が完了している事が条件となっています。
口座振替を選択し、さらにカードの発行の有無を選ぶ場面でなしを選択すれば、それで契約の手続きは終了となり、振り込みでの借り入れがすぐに出来るようになります。

その段階で平日の14時までであれば、その日中の振り込みも可能です。
口座振替を選んでカードありにした場合と、ATMでの返済を選んだ場合には、カードや契約書類が簡易書留で自宅あてに郵送されます。

借り入れをする

契約が完了して、実際にお金を借りる方法には大きく分けてふたつあります。
ひとつはカードを使って借りる方法、そしてもうひとつは振り込みで借りる方法です。

カードを使って借りる

カードを手にすれば、それを使ってプロミスATMをはじめとして、三井住友銀行のATMやその他提携している金融機関のATMからお金を借りる事が出来るようになります。

例えばプロミスATMを利用すれば、朝の7時から24時までいつでもお金が借りられます。
その他の金融機関のATMの利用が可能な時間は、それぞれの提携先によっても違いますが、コンビニエンスストアの中に設置されていることも多いので、そこを利用すれば24時間必要な時にすぐに借りられる便利な方法と言えると思います。

振り込みで借りる

パソコンやスマートフォンなどから、プロミスの会員ページにアクセスして手続きする事で、借り入れ金を自分の銀行口座に振り込んでもらう事が可能です。電話で振り込みの依頼をする事もできます。

申し込みをした時間と、どこの銀行に振り込むかによって、振り込みまでに掛かる時間は異なりますが、もしジャパンネット銀行の口座か、三井住友銀行の口座に振込の依頼をするならば、いつでも約10秒で借り入れ金が振り込まれます。(サービス停止時間があります。)

その他の銀行の場合でも、基本的に平日の14時50分間までに申し込めば、約10秒で振り込まれますが、営業時間以外の申込みは次に営業を開始した9時30分頃に振り込まれることになります。

まとめ

プロミスでお金を借りるのに、保証人や担保は必要ありません。
簡単な手続きをするだけですぐにお金が借りられる便利なプロミスをスムーズに利用する為に、
一番最初に「WEB申し込み」から始めてみて下さい。

プロミス

関連記事

  1. プロミスで借りる時の利息金額は?

  2. プロミスで万単位で借りる方法

  3. プロミスの審査

  4. プロミスで10万円を正しく借りる

  5. 亡くなった家族にプロミスからの借金があった場合の対処法

  6. プロミスでお金を借りた時の利子について

新着記事

新着記事

PAGE TOP