女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスの申込み時に必要になる提出書類について

消費者金融でお金を借りる時、どのような書類を用意する必要があるのでしょうか。
役所などに行って色々揃えなければいけないのだとすると、ちょっと面倒だなと感じてしまうかもしれません。

当ページではプロミスでお金を借りたいと思った時に、申し込み時に必要となる提出書類についてご案内したいと思います。

プロミスの申し込み時に必要な提出書類

プロミスに申し込みをする際に必要な提出書類には、次のようなものがあります。

本人確認書類

プロミスに申し込みをする全ての人が必要となる提出書類は、「本人確認書類」です。
逆に言えばこの本人確認書類だけあれば、申し込みが出来る方も大勢いると思います。
本人確認書類はつぎのうちのひとつを用意します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+1点(住民票等)

できれば運転免許証が望ましいのですが、お持ちでなければパスポートや健康保険証+住民票でも大丈夫です。

外国籍の方は

外国籍の方は、本人確認書類の他に、次のうちどちらかの書類も用意してください。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認書類記載の住所と現住所が違う方

本人確認書類記載の住所と現住所が違う方は、次のうちいずれかの書類も必要です。(発行から6か月以内のもの)

  • 国税か地方税の領収書か納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し、または記載事項証明書

収入証明書

本人確認書類の他に、収入証明書の提出が必要になるのは次のような方です。

  1. 借り入れ希望額が50万円以上の方
  2. 借り入れ希望額と他社での借り入れ残高を合わせると100万円以上になる方

収入証明書として使えるのは、つぎのうちのいずれかですので準備をお願いします。

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2カ月の給与明細及び1年分の賞与明細(賞与がなければ不要)

提出書類は以上です。
色々あるように見えますが、日本国籍の方で、本人確認書類に記載されている住所に現在も住んでおり、借入希望額が50万円以下で他社との借り入れを含めて100万円を超えていなければ、運転免許証などの本人確認書類だけが、申し込みに必要な提出書類です。

尚、提出書類に「マイナンバー」が記載されている場合は、マイナンバーが見えなくなるように塗りつぶすなどの加工をしてから提出するようにして下さい。

プロミスへの申し込み方法

提出書類が用意できたら、いつでもプロミスに申し込めます。
パソコンやスマホ・携帯から行えるWEB申し込みは、24時間365日受付けしているのです。
申し込みの手順について、順を追ってご説明します。

申し込みフォームへ入力する

プロミスのWEB申し込みのフォームは2種類あり、ご自分に合った方を選ぶ事ができます。

カンタン入力

カンタン入力がお勧めの方は、パソコンなどへの入力がわずらわしい方、得意ではない方、また電話で相談もしたい方です。

少ない入力項目で一次審査を行った後に電話で本審査に必要な残りの情報についての確認があります。
その際にわからない事や疑問点などを相談することもできます。
電話が掛かってくる時間帯は、申し込み時に自分で希望を出すことができます。

フル入力

もうひとつのフル入力がお勧めなのは、パソコンなどへの入力が苦ではなく、逆に電話が掛かってくるのがわずらわしい方や困る方、WEBで全て続きを完了したい方などです。
最初の入力項目はカンタン入力に比べると多くなりますが、その情報で本審査までも行えますので、基本的に電話で確認などをされる事はありません。

審査結果の連絡が来る

プロミスの審査業務は、平日・土日祝日ともに9時から21時の間に行われます。
審査完了がそれに間に合うような時間帯に申し込みを行えば、その日のうちに審査結果の連絡が来ます。

審査に要する時間はそれぞれの状況で異なりますが、最短だと30分で連絡が来る事もあるようです。
その日中にお金を借りたいと思っていても、審査の終了時間ギリギリに申し込んだ場合、審査結果の連絡は翌日になってしまいますから、時間に余裕を持って申し込みを行うことが大切です。

審査結果はメールか電話で連絡が来ます。
どちらがいいかは、最初の入力フォームで選択することが出来ます。

自動契約機に行って契約をする

審査結果が出て契約可能額がわかったら、お近くの自動契約機に行って契約手続きを取るのが、最も早くお金を借りられるお勧めの方法です。
その際、はじめにご説明した提出書類を持参して下さい。

プロミスの自動契約機は、内側からカギを掛けられるようになっていて、プライバシーや安全面に十分配慮されています。
またわからない事があったり、困ったりした時には、備え付けの電話からスタッフに相談することもできます。
営業しているのは平日・土日祝日ともに9時から22時の間です。

21時までに審査結果の連絡を受けて営業時間に契約が完了するように自動契約機に行けば、その日のうちにお金が借りられます。
手続きは提出書類の提出と、契約書類の作成だけです。
それですぐにカードが発行されます。

この時もしも、WEBで申し込みをしないで自動契約機に行ったらどうなるでしょうか?
自動契約機で申し込みからしようとすると、審査の結果が出るまでの間ずっと待っていなければならなくなります。
さらに審査に通らないという可能性もあり、そうなるとそこまで来たのも全て無駄足という事になっていまいます。
そうならないためにも、事前にWEBで申し込みをしてから行くというのを、強くお勧めしています。

審査に自分は通る自信があるというような方であれば、審査の申し込みをして結果が出るまでの間に、自動契約機まで移動をしておけば、さらに時間の有効活用ができると言えるでしょう。
カードを手にしたら、それを使ってすぐにお金を借りる事ができるようになります。

プロミスATMや三井住友銀行のATMであれば、いつでも手数料は無料です。
それ以外のコンビニATMや提携金融機関では手数料は掛かりますが、借りたいと思ったら、すぐにお金を引きだせますので、大変便利です。
尚、ポイントを貯めて手数料が無料になるなどの特典のある、「プロミスポイントサービス」も実施しています。

WEB契約という方法

家から一歩も出ないでできる、WEB契約という選択肢もあります。
ただしWEB契約でその日のうちにお金を借りるというのには、いくつかの条件があります。

  1. 口座振替による返済を選ぶ
  2. 返済する銀行口座で本人確認が完了している
  3. 平日14時までに契約内容を確認する

契約完了すれば、すぐに借り入れ金を振り込んでもらうための、申し込みの手続きをする事はできます。
手続きの方法は、インターネットの会員ページで手続きをするか、または電話での振り込み依頼になります。

受け付けた時間によって、振り込まれる時間が変わって来ます。(契約当日の翌日以降)
三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の24時間振込可能な金融機関の口座に振り込みを依頼するのであれば、いつでも10秒で振り込まれます。このサービスを『瞬フリ』と言います。

  • 平日0時から9時に受け付け・・・当日9時30分頃に振り込み
  • 平日9時から14時50分に受け付け・・・受付完了から10秒程度で振り込み
  • 平日14時50分から24時に受け付け・・・翌営業日9時30分頃に振り込み
  • 土日祝日0時から24時に受け付け・・・翌営業日9時30分頃に振り込み

まとめ

プロミスに申し込むときに必要な、提出書類についてご説明しました。
自動契約機まで行って不備に気付いて慌てることなどないように、事前にしっかり準備してから行くようにしましょう。

プロミス

関連記事

  1. プロミスで土曜日に借り入れする方法

  2. プロミスのATM利用手数料について解説

  3. プロミスの申込みに必要な本人確認書類は?

  4. プロミスでウェブ申し込みする方法

  5. 適切に進めれば今すぐに借りられる

  6. プロミスでの借り入れを時効に持ち込む事について解説

新着記事

新着記事

PAGE TOP