女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスの無利息期間を有効活用しよう!

お金を借りる上で、最も重視したいことの1つが利息です。
要求に対して、お望み通り融資していただけるのは有難い話ですが、一方でその裏には利息でもうけを出そうというキャッシング会社の意図も垣間見えます。

法律上で利率の上限が設定されているので、各社ほぼ横並びの利息になるのが一般的です。
ただ、一部キャッシング会社では短期間での借り入れに対して優遇する仕組みがあります。

プロミスでも例にもれず、無利息期間を設定して多くのユーザーを獲得しています。
では、プロミスにおける無利息期間とは一体どのようなものなのでしょうか?

プロミスには無利息期間がある!

プロミスでは、借入利率4.5%~17.8%(実質年率)が適用されるのですが、実は無利息でお金を借りることができます!
その方法とは、プロミスと契約して、初めてキャッシングした際だけに、無利息期間が設定されます。

もう少し詳しく解説すると、プロミスをはじめて利用する方で、メールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用となる場合にのみ、適用されます。
また、無利息期間は30日に限定されるキャンペーンとなります。

ただ、30日だけでも無利息で融資を受けることができるとは、奇跡的なことですよね!
仮に、30日以内に追加融資があった場合でも、最初の利用から30日以内に返済すれば無利子で融資されることになります。
もし30日以内に返済できない場合は、31日目から通常の利息が発生することになります。

明細票は紙で持っておきたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、このようなとてもメリットのあるものを利用するのがお得ですよ!

初めてではない既にプロミスを利用したことのある方への無利息サービスもある!

実は、プロミスでは初回のみだけでなく、他の方法でも無利子で融資を受けることができます!
その方法として、プロミスポイントサービスを利用する方法があります。
プロミスポイントサービスとは、プロミスインターネット会員サービスのご利用に応じて、ポイントを獲得できるサービスの事を言います。

はじめに、プロミスポイントサービス申込を行うだけで100ポイントがたまります。
また、プロミスインターネット会員サービスへのログインを行うと、毎月10ポイントを獲得できます。
他にも、収入証明書類の提出で160ポイント貯めることができます。

この貯めたポイントを使う方法として、提携ATM手数料無料か無利息サービスを受けることができるかを選択できます。
どちらもお得なのですが、やはり無利息サービスの方が魅力的に感じますね。

プロミスポイントサービスへの利用に関しては、まずはWeb環境を整える必要があります。
その後、カード番号とカード暗証番号、もしくはWeb-IDとパスワードでログインします。
そして、プロミスポイントサービスへの登録を行い、すぐに利用が可能です。
もちろん、年会費などの費用は一切かかりませんよ。

ポイントはどの程度必要?無利息期間は?

では、プロミスポイントサービスの特典である、無利息期間と利用ポイントはどのようになっているのでしょうか?

250ポイントを消費すると、7日間の無利息期間で融資を受けることができます。
また、400ポイントで14日間、そして700ポイントで30日間の無利息期間を確保できます。
期間が長ければ長いほど、お得にポイントを利用できる仕組みになっていますね。

短期的に借り入れたい人には便利!

プロミスにおける無利息期間の利用に関しては、短期的に融資を受けたい人にとっては持って来いのサービスです。

例えば、すぐに返す見込みはあるもの、どうしても即金がほしい!という時に、この無利息期間を利用すれば利子を払うことなく利用することができます。
また、単純に一か月間の利子が免除されるので、長期的に利用されている方でも多少なりともお得に返済することができます。
ぜひ、有効活用したいものですね!

ただ、無利息期間を過ぎれはもちろん通常の利率が設定されることになります。
その点だけには注意したいですね。

無利息サービスを有効的に活用しよう!

いかがでしたでしょうか?

プロミスでは、ユーザーに優しいキャンペーンを行っていますが、その最たる例として無利息サービスがあります。
限られた期間ではありますが、お得なのは間違いありませんので、有効的に活用してほしいものです。

プロミス

関連記事

  1. プロミスの即フリはとても便利!その便利さを徹底解説

  2. 適切に進めれば今すぐに借りられる

  3. 派遣の人でもプロミスで融資を受けることができる?

  4. プロミスで今日中にお金を借りるには

  5. プロミスのおまとめローンについて解説

  6. 曜日別のプロミスのお申し込み時間について

新着記事

新着記事

PAGE TOP