女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスは外国人でも利用出来る?

結論から申し上げますと、プロミスは外国人の方でも利用出来ます。
公式ホームページの「申し込み時の必要書類」の項目には、外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」を合わせて提出するようにとの記載があり、その事からも借り入れは可能であるというのがわかります。
こちらでは、外国人の方がプロミスを利用する際のポイントや注意点などについてお伝えします。

外国人の方がプロミスを利用するための条件

プロミスは外国人の方でも利用出来ますが、その条件は日本人とは少し異なる点があります。
具体的には次の4つの条件があります。

  • 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方。
  • 日本での中長期在住者または永住権のある方。
  • 一定の就労期間のある方。
  • 日本語の読み書きが一般会話レベルで可能な方。

それぞれについて詳しくご説明します。

20歳以上69歳以下で安定した収入がある方

こちらの条件は、日本人、外国人は関係なくプロミスの基本的な申し込み条件になります。
正社員でなくても契約社員やパート・アルバイトで定期的に収入があれば、申し込めます。
ただし短期アルバイトや単発アルバイトでは審査には通らない可能性が高くなります。

日本での中長期在住者または永住権のある方

プロミスでは、外国籍の方に次の何れかの書類の提出を求めています。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

在留カードというのは、中長期滞在者に対して法務省が発行するカードです。
短期留学などで短い期間日本に滞在する方は、プロミスではお金を借りる事は出来ません。

一定の就労期間のある方

プロミスでは安定した収入がある事が申し込みの条件になっています。
ですから日雇い労働や単発的な仕事をしている方は、審査には通れません。
また、今の職場で働き始めて1~3か月程度しか経っていない方も、収入が安定しているとは言えないため、審査に通らない可能性が高くなります。
短くても6ヶ月以上は同じ職場で働いているという事が、プロミスからお金を借りる条件となりますので覚えておいて下さい。

日本語の読み書きが一般会話レベルで可能な方

外国人の方でも利用は可能だと言っても、日本語の読み書きが出来ないと契約は難しくなります。
なぜならプロミスでは、申し込みから審査、契約、借入、返済の流れを、英語などの外国語では案内していないからです。
契約内容を把握しないで契約を結ぶ事は出来ません。
最低レベルとして、日常会話が成立する程度の語学力が求められます。

このように、日本人よりも若干条件が多いのは、返済せずに帰国されてしまうと回収する事が出来なくなってしまうという懸念もあるからでしょう。

外国人の方が借りられる金額

外国人の方がプロミスで借りられる金額の上限は、ご自身の年収の3分の1以内になります。
これは日本人でも変わりません。
貸金業法の総量規制というルールによって、消費者金融の会社は本人の年収の3分の1以上のお金を貸す事は出来ません。
例えば年収が150万円であれば、借りられお金は50万円までです。

これはプロミスだけの話ではなく、他社も含めた金額になります。
もし他の消費者金融で既に20万円借りていた場合には、年収150万円の人がプロミスで借りられる金額は30万円までになります。

審査に通過しやすい人落ちやすい人の特徴

ここで、プロミスの審査に通過しやすい人とそうでない人の特徴を紹介します。

審査に通過しやすい人の特徴

年収が多い人

プロミスがお金を貸す時に最も重要視するのは、その人の返済能力です。
そのため一定以上の年収がある事が求められます。
具体的に言うと、最低でも100万円程度の年収が理想です。
そして年収が高ければ高いほど、審査には通りやすくなります。

勤続年数が長い人

収入が安定している事の目安の1つに勤続年数があります。
現在の職場で働いている期間が長ければ長いほど、収入は安定していると認められ審査に通りやすくなります。
逆に今の職場で働き始めて1~3ヶ月という人は、収入が安定しているとは考えずにくいため、審査に落ちてしまう可能性があります。

審査に落ちやすい人の特徴

他社からお金を借りている人

既に他社から借り入れのある人は、審査に通りにくいと言えるでしょう。
複数社からお金を借りるという事は、お金に困っているという印象を受けます。
そして収入の一部は他社への返済に充てられる事になるため、プロミスへの返済が滞る可能性があると考えられるからです。

過去に返済のトラブルがあった人

過去に消費者金融からお金を借りて、返済の遅延や延滞、また債務整理などをした事がある人は審査には通りにくいと言えます。
またそれ以外でもクレジットカードや、各種ローンの支払いが滞った事がある人も審査に通らない可能性があります。
それらの過去は、一定期間信用情報機関に記録が残っており、プロミスでも審査の際にその情報を確認します。
ですから本人が申告しなくても、必ず知られる事になります。

まとめ

外国人の方がプロミスでお金を借りる条件のまとめは次の通りです。

  • 外国籍の方でも条件を満たしていればプロミスでお金を借りられる。
  • 契約には「特別永住者証明書」または「在留カード」が必要。
  • 日本国内で一定期間以上の勤続年数が必要。
  • 契約のためには、日本語での日常会話レベルの語学力が求められる。
  • 借りられる金額は、他社での借り入れを合わせて年収の3分の1まで。

プロミスは審査のスピードも早く、申し込み当日にお金を借りる事も出来る利便性の高い会社です。
またSMBCファイナンシャルグループが提供しているサービスであるため、信頼度も抜群です。
条件さえ満たしていれば、外国籍の方でも利用できますので、借り入れを検討されている外国人の方はぜひ申し込みされていてはいかがでしょうか。

プロミス

関連記事

  1. プロミスのATMでの返済について解説

  2. プロミスでの借り入れを時効に持ち込む事について解説

  3. プロミスの借金取り立てについて

  4. プロミスを個人事業主や自営業の方が利用する場合について

  5. プロミスの30日間無利息サービスについて

  6. プロミスで今日中にお金を借りるには

新着記事

新着記事

PAGE TOP