女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスで個人事業主の方がお金を借りる方法

個人事業主の方が急にお金が必要になった時にはどうしたら良いでしょうか。
消費者金融プロミスには、最大300万円まで借りられる「自営者カードローン」があります。

スピード審査で、その日のうちの借り入れも可能です。
事前に申し込みを行い融資枠を作っておけば、急にお金が必要になった時にも安心です。
こちらでは個人事業主の方が、プロミスでお金を借りる際に必要な書類や手続きについて、詳しく解説します。

プロミス自営者カードローンの内容

まずは個人事業主の方がご利用になれる、プロミスの「自営者カードローン」の内容を簡単にご紹介します。

  • 融資額・・・300万円まで
  • 契約額・・・指定の契約額内で、プロミスが決定した額
  • 金利適用方式・・・単一金利
  • 借入利率・・・6.3%~17.8%(実質年利)
  • 遅延利率・・・20.0%(実質年利)
  • 返済方式・・・残高スライド元利定額返済方式
  • 返済日・・・5・15・25日または末日から選択可
  • 返済期間・回数・・・最終借り入れ後最長6年9カ月・1~80回
  • 申し込み出来る方・・・20歳以上65歳以下の自営業の方
  • 資金用途・・・生計費及び事業費
  • 担保・保証人・・・不要

個人事業主の方がプロミスでお金を借りる時に必要な書類

個人事業主の方がプロミスでお金を借りようとする際には、一般的に必要となる本人確認書類の他にもいくつか必要な書類があります。
これらを申し込みをする前に用意しておくようにするとスムーズです。

本人確認書類

こちらは個人事業主であってもなくても、借り入れの申し込みをする方は全員必要な書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

運転免許証をお持ちの場合には運転免許証を、お持ちでない場合はその他の書類を提出して下さい。

収入証明書

さらに個人事業主の方の場合、借入希望額にかかわらず収入証明書の提出が必要です。

  • 確定申告書(証明年度前年分・ただし1月1日から3月31日の場合前々年分可)
  • 青色申告書または収支内訳書

事業実態を疎明する書類

事業を疎明する書類が必要になります。
疎明する書類の例としては、次のような書類があります。

  • 有効期限内の営業許可証
  • 受注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細等の書類(発行日が1年以内のもの)

申し込み

実際にプロミスにお金を借りる申し込みをするには、パソコンやスマホを使っての「WEB申し込み」が便利でお勧めです。
こちらではWEB申し込みの流れをご紹介したいと思います。

WEB申し込みの流れ

WEB申し込みは24時間365日、いつでも自分の都合の良い時にパソコンやスマホまたは携帯電話から手続きができます。

ただし実際にプロミスが審査を行うのは、9時から21時までの間なので(平日・土日祝とも)、それ以外の時間帯に申し込みをした場合には、審査結果の連絡はすぐには来ません。

審査を行っている時間帯に申し込めば、最短30分で審査結果の連絡が来ることになっていますが、それぞれのケースによってそれ以上の時間が掛かる事もありますので、時間には余裕を持って申し込みをする事をお勧めします。

申し込みのフォームに必要事項を入力

申し込みのフォームには2種類あります。
「カンタン入力」は、最低限の情報の入力で一次審査を行う方法で、後から本審査に必要な情報について電話で確認があります。

電話が掛かってくる時間帯は、申し込みフォームで希望する事が可能です。
一方「フル入力」は、審査に必要な情報を最初から全て入力することになります。
基本的には電話で確認されることはありません。
それぞれ自分に合った方法を選ばれると良いでしょう。

審査結果の連絡

審査結果の連絡は、事前に自分で希望した電話もしくはメールで来ます。
先程もご説明しましたが、時間帯は9時から21時までの間です。

契約手続き

契約の手続きはお近くの自動契約機でされるのがお勧めです。
お客様サービスプラザでも手続きは可能です。
自動契約機は平日・土日祝日ともに9時から22時、お客様サービスプラザは平日の10時から18時までの営業です。

どちらにしても気を付けたいのは、事前にWEB申し込みをしてから出向くという事です。
もしもWEB申し込みをしないで、直接自動契約機やお客様サービスプラザで審査の申し込みをした場合、審査を行っている間ひたすら待つ事になります。
それは大変時間の無駄と言えるのではないでしょうか。

さらに待ったものの、審査に通らないという可能性さえあります。
そのような無駄を防ぐためにも、事前にWEBで申し込みを済ませてから、契約の手続きに行きましょう。
審査に通る自信がある方は、WEB申し込みの後、審査を行っている時間を利用して自動契約機まで移動すれば、さらに効率的です。

カードの発行

自動契約機に行ったら、機械の指示通り契約の手続きを進めます。
分からない事や困った事があったら、設置されている電話でオペレーターに相談できます。
契約の手続きが完了すればカードが発行され、そのカードは即使用可能です。

自動契約機にはプロミスATMが置かれており、7時から24時まで利用できます。
そのプロミスATMにカードを入れれば、その場で借り入れ金を引き出す事ができるのです。
その他にも三井住友銀行のATMや、コンビニ等に設置されている提携金融機関のATMでもお金を借りられます。
尚、プロミスATMと三井住友銀行ATMの手数料は、いつでも無料です。

プロミスで個人事業主の方がお金を借りる方法のまとめ

プロミスではスピード審査により、個人事業主の方でも即日お金を借りる事も可能です。
ただしサラリーマンの方等と比べて、提出書類の種類は多くなるため、事前に不備がないように準備する事が重要です。
申し込みは便利で、大切な時間を有効活用できる「WEB申し込み」をぜひ利用しましょう。

プロミス

関連記事

  1. 個人事業主でもプロミスで融資を受けることができるの?

  2. プロミスの申込みに必要な本人確認書類は?

  3. 最も簡単に借りられるプロミスのWEB完結で借り入れする流れ

  4. プロミスでお金を借りた時の利子について

  5. プロミスの申込み時に必要になる提出書類について

  6. プロミスATMの営業時間について解説

新着記事

新着記事

PAGE TOP