女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスでウェブ申し込みする方法

プロミスでウェブ申し込みする場合は、どのように進めていけば良いのでしょうか?

使用する端末としては、パソコンだけでなくスマートフォン、タブレット、スマートテレビでウェブ申し込みが可能です。

ウェブ完結がもっとも効率が良い!

プロミスでウェブ申し込みを行う上で、最も簡単に申し込むことができるのはウェブ完結です。その名の通り、すべての操作をウェブだけで行い、契約が完了するシステムとなっています。

通常、キャッシングカードの受け取りや書類の受け渡しなどは最終的に店舗に来店して行うのが一般的ですが、プロミスのウェブ完結の場合はその必要はありません!

その理由として、カードレスで利用できるからです。
カードが発行されないので、わざわざ店舗に出向く必要はないのです。
また、郵送物なども基本ないので、家族などにプロミスを利用している事を知られたくない場合にも便利です。

ただ、契約完了まで多少時間がかかってしまうという難点もあるので、しっかり吟味した上で利用することをお勧めします。

プロミスにおけるウェブ申し込みの流れは?

それでは、具体的にプロミスにおけるウェブ申し込みの流れを紹介します。まずはじめに、プロミスのホームページから新規申し込みページに移動します。
24時間365日受付ていますので、いつでも申し込みが可能となっています。

新規申し込み時には、個人情報などを規定のフォームに入力していきます。通常なら紙ベースで行っているところを、ウェブ入力で行えるのはとても便利です!
ここで注意したいのは、申し込み時にウェブ申し込みを選択するという点です。

来店による申し込みも選択できるのですが、すべてをウェブで行いたい場合には、忘れずにウェブ申し込みを選択してください。

規定のフォームに入力が完了すると、次に本人確認書類の提出を求められます。
指示に従い、デジタルカメラやスマートフォンのカメラ、スキャナーなどで取り込んだ画像をアップロードする必要があります。
スマートフォンなら、撮影してそのままアップロードも可能なので、とても便利ですね。
但し、画像データは容量が大きいので、その分だけ通信費がかかる点には注意しましょう。

他にも、融資金額によっては収入証明するための書類も送付する必要があります。
しっかり準備して、効率よく手続きをしたいものです。

審査結果が出た後もウェブで手続き!

必要情報と書類の送付が完了すると、プロミス側で審査が行われます。
審査とは、利用する人が本人なのか?誠実な人間か?総量規制に引っ掛かることはないか?などを確認します。
プロミスの場合は、営業時間内であれば最短30分で審査結果が本人に伝えられます。

審査結果は、メールもしくは電話にて連絡されます。
申し込みの時点で希望することができますので、忘れずに希望するようにしてください。
審査の結果、無事に契約することができる場合は、次のステップに進みます。

返済方法についての具体的な設定を行う必要があるのですが、これを口座振替にするとウェブだけで手続きを行うことができます。
また、同時にカード不要を洗濯することでも、カードの受取などを簡素化することができ、ウェブのみで手続きできるのです。

他には何をウェブで申し込めるの?

プロミスでは、契約後でも様々なことをウェブ上で申し込めます。
キャッシングだけでなく、プロミス独自のポイントサービスであるプロミスポイントサービスの利用申込も可能です。

プロミスポイントサービスは、ウェブのみのサービスで、ホームページにログインするだけでもポイントが貯まります。
他にも、収入証明する書類を提出すると、大量にポイントをゲットできます!
ポイントは、ATM手数料が免除されたり無利息で融資できる期間を設定するために使用できます。

プロミスのウェブでは、申し込む前の段階からキャッシングのシミュレーションを行うことができます。
利用金額や返済金額のシミュレーションを行うことで、より安心してプロミスを利用できるように工夫されています。

効率性を求めるならウェブ申し込みで!

いかがでしたでしょうか?
インターネット時代を反映してか、プロミスでもほぼすべてのサービスをウェブで完結できます。
ホームページのセキュリティレベルも高いので、安心して利用することができます!

プロミス

関連記事

  1. プロミスへの過払い金請求

  2. プロミスは外国人でも利用出来る?

  3. プロミスの無利息期間を有効活用しよう!

  4. プロミスで10万円を正しく借りる

  5. 派遣の人でもプロミスで融資を受けることができる?

  6. プロミスの有人店舗について

新着記事

新着記事

PAGE TOP