女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






個人事業主でもプロミスで融資を受けることができるの?

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

自営業を営んでいる方の場合、何かと不便な事が多いですよね。
特に大きいのが、信用を得ることが出来ないことがある点です。

例えば、クレジットカードの作成においても個人事業主の場合は審査基準に満たずに審査落ちするケースがあります。
同様に、キャッシングでも同様なケースが想定されます。
では、実際にプロミスで融資を受けることが可能なのでしょうか?

個人事業主でも融資が可能!

まず結論から言うと、プロミスでは個人事業主でも融資を受けることができます!

もちろん、全ての方が融資を受けることができるわけではなく、審査基準に応じて審査を受けて、見事通れば融資を受けることができます。
審査基準としては、一般的なローンやクレジット同様に、まずは信用情報をメインに行われます。

信用情報とは、信用情報機関が管理している信用に関する情報です。
クレジットカードやローンなどの利用情報が逐一記録されているのです。
細かな利用記録までは把握していませんが、支払いの延滞や債務整理などのネガティブな情報が記録されています。

例えば、クレジットカードの利用料金を支払日に支払われない場合、1回だけなら特に問題ないものの、数回繰り返すことで記録が信用情報会社に残るのです。

融資する際に、重要なのは返済する能力があるかと同時に、決められた時にきちんと返済するかどうかも問われます。
その情報を、この信用情報機関から入手して審査することになります。

高収入でなくても安定した収入は必要!

個人事業主の場合でも、高い収入を得ている方がいらっしゃいます。
昔は、融資側は積極的に融資を行い、利益を得ていました。
最近では、融資によって自己破産して返済できないという事が社会問題化しており、貸金業法の総量規制により、「貸金業者は個人の年収の3分の1超を貸付けてはならない」となりました。

資金的に厳しくなると、他社から借り入れしてしまうケースがあります。
その情報も、実は一元化されており、他社でどの程度借りているかをチェックできる仕組みがあります。
プロミスでも、融資を受ける際にはこの確認が行われ、仮に3分の1以上を超えている場合は審査落ちする事になります。

また、金額だけでなく借入件数も審査のファクターに入っています。
既に5社以上の借り入れがある場合も審査落ちしてしまいますので、注意しましょう。
他には、1週間以内に他社へ融資を依頼している場合、その時点でお金に相当困っているという判断のもとで、審査落ちするケースがほとんどです。
プロミスで融資を受ける場合は、このような点に注意したいですね。

個人事業主が融資を受けるための手続方法

先の審査基準をクリアしているのであれば、早速審査の申込みをしましょう。
まずはじめに、プロミスのホームページのお申込みフォームから、必要事項を入力しましょう。
パソコンからでもスマートフォン、タブレットからでも入力が可能となっています。

その後、1次審査が行われます。
1次審査の結果は、登録時に指定したメールや電話番号などを通じて行われます。
この時点で審査落ちされた方は、残念ながら融資を受けることはできません。

実は、プロミスが用意している無人契約機で1次審査を受けることが可能です。
ただ、実際に無人契約機まで出向いて1次審査を受けなければなりませんし、そこで審査落ちした場合無駄足になります。
効率性を考えた上でも、プロミスの審査申し込みはウェブからの申込みをおすすめします。

ポイント⇒ まず最初は、必ずWEBで申し込みをする

プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

その後、来店契約と郵送契約の2種類の方法に分類されます。
自動契約機を利用する場合、実際に必要な書類を手持ちしてやり取りできる為に、効率良く手続きが可能です。
郵送契約の場合、移動する手間は省略できますが、郵送によるやり取りでやり取りする時間がもったいないのです。

急いで融資を受けたい!そんな人は、ウェブ申込後に一次審査に通過後は自動契約機もしくはお客様サービスプラザ(店頭窓口)で契約を行いましょう。

自動契約機・来店契約の手続きとは?

WEB申し込み後に審査に通過した後に自動契約機もしくは来店(お客様サービスプラザ)契約をご希望の場合、まずは「本人確認書類」「審査資料」「事業実態を証明する書類」をFAXで送ります。

審査資料・事業実態を証明する書類とは、確定申告書と青色申告決算書(青色申告事業者)または収支内訳書(白色申告事業者)が必要になります。
事前に準備しておくと、効率よく審査が進みますよ。

審査通過後に必要になる本人確認書類は以下の中から1点を用意する

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 健康保険証+住民票

審査資料として以下を用意する

  1. 確定申告書
  2. 青色申告決算書(青色申告事業者)または、収支内訳書(白色申告事業者)

事業実態を疎明する書類として以下のいずれか1点を用意する

  1. 営業許可証に類する証明書(有効期限内のもの)
  2. 受注書/発注書/納品書/請求書/領収書/報酬明細に類する書類(発行日が直近1年以内のもの)

その後、プロミスより内容確認の電話が入ります。
書類に問題ないと判断されれば、お客様サービスプラザか自動契約機に行きます。
もし三井住友VISAプリペイドをお持ちの方は、来店時に申請しておく必要があります。

来店後に、申込書類を渡されますので、必要事項を記入します。
その内容を元に、プロミス側で事業計画に関する書類を作成していただけます。
これらの情報を元に、2次審査が行われます。

ここで気になるのが、1次審査との違いになります。
実質的には、2次審査は最終的なチェックの要素が強く、お勤めされている方であれば本人確認を行ったり、実際にどの程度の金額まで融資が可能かどうかを審査します。
また、お客様サービスプラザを利用する場合は申込時に対面もするので、本当に融資する人が信用できるかどうかを定量的な数値ではない部分で評価する意味合いが強いのです。

もちろん、面接などを行うわけではないのですが、なるべく印象良く申し込み自体も完了させたいですね!
見事2次審査をクリアできれば、カードが発行されます。
そのカードをATMなどで利用することで、融資を受けることができます。
また、Webから操作すれば指定の銀行口座への融資金の振込も可能です。

最初にすべき、プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

申込時の注意事項は?

個人事業主の方がプロミスで融資を受ける際に、注意すべき点としてはまずは審査基準を満たしている事です。
特に、複数業者に同時に申し込むと言うのは、たとえ他の項目をクリアしても審査落ちしますので、十分に注意しましょう。
また、申込み時の書類などで虚偽の内容があると、審査落ちするケースがあります。

単純な記入ミスでも、それが命取りになる可能性もあるので、しっかりと確認してから申し込みましょう。

個人事業主にも優しい!

いかがでしたでしょうか?
プロミスは、何かとお金に困る個人事業主の方にも優しく手を差し伸べてくれます!

ただ、一定の条件があって誰でも融資を受けることができるわけではありません。
会社員の方とは提出書類に違いがありますので、前述の書類をしっかりと準備して、審査に申し込むようにしましょう。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

プロミス

関連記事

  1. 適切に進めれば今すぐに借りられる

  2. プロミスの30日間無利息サービスについて

  3. プロミスのATM利用手数料について解説

  4. プロミスの自動契約機を利用した最速でのお金の借り方

  5. プロミスでの借り換えのメリットって?

  6. プロミスで10万円借りた場合の利息と返済額

新着記事

新着記事

PAGE TOP