女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






収入証明書は必ず必要になる訳ではありません

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

プロミスで借り入れの際に収入証明書が必要になるケースについて

消費者金融のプロミスでは、急にお金が必要になった際、カードを使ってコンビニなどのATMでお金を借り入れたり、インターネットで申し込んで希望の口座に借り入れ金の振り込みを依頼できるなどの、大変便利なサービスを行っています。
今すぐお金が必要な時はもちろん、必要になった時への備えのために事前に申し込みだけ済ませておくこともできます。
プロミスに申し込みを行う際には、本人確認書類が必要になりますが、ケースによっては収入証明書も必要です。
ではどのようなケースで収入証明書が必要となるのでしょうか。

プロミスの申し込みに必要な書類

プロミスの申し込みのために必要な書類についてご説明します。

全員必要な書類

プロミスに申し込みをする方は、全員本人確認書類が必要です。
本人確認書類として認められるのは次の何れかですので、この中から一つを用意してください。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 健康保険証プラス住民票

最も推奨されるのが運転免許証ですが、運転免許証をお持ちでない場合には2または3でも大丈夫です。

一部の方が必要な書類

次のケースにあてはまる方は、上記の本人確認書類の他にも必要な書類があります。

収入証明書が必要なケース

収入証明書が必要な方は、次のようなケースにあてはまる方です。

  • プロミスからの希望借り入れ額が50万円以上の場合
  • プロミスからの希望借り入れ額と、他社から現在借りている借り入れ金を合わせると100万円以上になる場合

収入証明書として認められるのは次の書類ですので、いずれかをご用意ください。

  1. 最新の源泉徴収票
  2. 最新の確定申告書
  3. 直近2カ月の給与明細プラス1年分の賞与明細

※賞与がない場合には、賞与明細はいりません。

その他の書類が必要なケース

次のようなケースの方は、それぞれ必要書類を用意してください。

【外国籍の方】

  • 在留カードまたは特別永住証明書

【本人確認書類の住所と現住所が異なる方】

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

※発行日から6カ月以内のもののコピー

プロミスへの実際の申し込み方法

必要書類が準備できたら、実際にプロミスの申し込みを行いますが、その際にはパソコンやスマホ、または携帯電話からWEBで申し込みを行う方法が便利でお勧めです。
24時間365日、いつでもどこからでも申し込みの手続きが可能です。

必要事項の入力

プロミスにWEBで申し込みするには、まず入力フォームに必要事項を入力することから始めます。
「カンタン入力」を選択すれば、最低限の入力で一次審査が行われ、その後に電話で審査に必要な残りの部分についての確認が行われます。
一方の「フル入力」を選んだ場合には、審査に必要な項目全てを最初に入力する事になります。
パソコンなどの入力が苦手な方や好きではない方、または電話で相談等したい方は「カンタン入力」を、WEBで申し込み手続きの全て終わらせたい方、電話が掛かってくるのを避けたい方は「フル入力」を選択すると良いと思います。

審査結果の連絡

プロミスは申し込み内容から審査した結果、契約可能額の連絡を行います。
連絡は電話かメールのうち、自分が希望した方法で来ます。
メールを選んだ場合は、インターネットで契約可能額を確認することになります。

契約

審査結果が出て契約可能額がわかったら契約の手続きに入ります。
お近くにプロミスの自動契約機がある場合には、そこまで出向いて必要書類を提出すればすぐにその場でプロミスカードが発行されます。
必要書類は次のうちのひとつですので、あらかじめ用意しておきましょう。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 健康保険証+住民票

プロミスカードを手にしたら、すぐに自動契約機に併せて設置されているプロミスATMでお金を借り入れる事ができます。
プロミスの自動契約機の営業時間は9時~22時の間ですので、その時間内であればその方法がすぐにお金を借りられるお勧めの方法と言えます。
また、提携のコンビニや金融機関のATMでも借り入れ金を引き出すことができます。
尚、お近くにプロミスの自動契約機がない場合、三井住友銀行のローン契約機でも契約手続きができます。
三井住友銀行のローン契約機は9時~21時までの営業時間です。
その際には三井住友銀行のATMでお金を借り入れる事もできます。

WEBで契約手続きもできます

お近くに自動契約機等がない場合や外出できないような場合には、WEBで契約を行う事も可能です。
その際には、必要書類はスマホや携帯のカメラやデジカメ等で撮影し、画像化して送信します。
カードの発行の有無、それに返済方法を選択することになりますが、そこで「カードの発行なし」「口座振替による返済」を選んだ場合は、書類やカードの郵送もないので、WEBで全ての手続きが完了する事になります。
契約手続きが完了したら、すぐにネット上で借り入れを申し込む「振込キャッシング」が利用できます。
振込キャッシングは、最短で10秒で振り込みが行われますが、振込先の金融機関や受付時間によっても、振込までに掛かる時間は異なります。
尚「カードの発行あり」や、「ATMでの返済」を選択した場合には、カードや契約書類が郵送されますので、その分手続き完了までに時間がかかることになります。

まとめ

プロミスに申し込みする際に収入証明書が必要になるケースについて、ご理解いただけたかと思います。
必要書類を揃えて自動契約機に行かれる前には、必ずWEBで申し込み手続きを行ってから足を運ばれる事をお勧めします。
自動契約機に行ってから申し込みや審査をしようとすると、審査の待ち時間など余計な時間がかかる事になってしまいます。
万一審査に通らなかった場合などは無駄足にもなってしまいますので、あらかじめWEBで申し込み、審査に通ってから自動契約機に行くと言うのが、最も効率的な方法です。
審査に通る自信がある方も、審査時間を利用して自動契約機まで移動することで、貴重な時間を有効に使えます。
いつでもどこでも申し込み手続きを行えるプロミスのWEB申し込みを、ぜひ利用してみて下さい。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

プロミス

関連記事

  1. プロミスは土日でも借り入れ可能

  2. プロミスで20万円借りる方法

  3. 病気や入院でプロミスに返済が出来ない時について解説

  4. プロミスの30日間無利息サービスについて

  5. プロミスの自動契約機を利用した最速でのお金の借り方

  6. プロミスへの過払い金請求

新着記事

新着記事

PAGE TOP