女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






プロミスへの過払い金請求

2010年より前にプロミスでお金を借りていた方はいらっしゃいませんか?
もしかすると過払い金がある可能性があります。
過払い金というのは、グレーゾーンと言われる金利でお金を借りて、余分な利息を支払っていた時に払い過ぎていた金額の事です。
プロミスでも2010年以前は、そのグレーゾーン金利を使っていたので、その頃にお金を借りていた人は、過払い金請求をする事で、お金が戻ってくる可能性があるのです。
こちらではプロミスへ過払い金請求をするための条件や、その方法についてお伝えします。

過払い金とは?

2010年以前、金利について2つのルールがありました。
本来統一されるべき上限金利のルールが、「利息制限法」と「出資法」で異なっていたのです。
具体的にはそれぞれで次のように決められていました。

利息制限法

  • 元本10万円未満の金利 : 上限20%
  • 元本10万円以上100万円未満の金利 : 上限18%
  • 元本100万円以上の金利 : 上限15%
  • 罰則 : なし

出資法

  • 金利 : 上限29.2%
  • 罰則 : 5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金

この利息制限法と出資法の金利の差の部分が、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれているものです。
当時、消費者金融の会社では暗黙のルールとして、これらのどちらの金利を適用してお金を貸しても良いとされていました。
当然高い金利でお金を貸した方が利益が出るため、ほとんどの会社で出資法の上限金利を適用しており、その中の1社にプロミスもありました。

しかしその後、多重債務者や破産者が急増した事も理由のひとつとなり、利息制限法の上限金利でお金を貸すという事にルールが統一されました。
そして、グレーゾーン金利でお金を借りた事にある人は、支払い過ぎていた利息を過払い金として請求できる事になったのです。

過払い金請求の対象

では、実際にどのような条件に当てはまる人が過払い金の請求をする事が出来るのでしょうか?
過払い金請求が出来る条件は次の2つです。

  1. 2010年以前、グレーゾーン金利でお金を借りて返済した。
  2. 完済してから10年経過していない。

それぞれについて詳しくご説明します。

2010年以前、グレーゾーン金利でお金を借りて返済した

グレーゾーン金利は2010年まで適用されていたので、それ以前にお金を借りた人が対象となりますが、グレーゾーン金利を使っていない会社もありました。
そこの会社でお金を借りていた人は、払い過ぎた金利はないため、過払い金請求は出来ません。
具体的に言うと、例えばアットローンという会社は、利息制限法の範囲内の金利を使っていました。

記憶が確かでない人は、過払い金を請求する前に、利用していた会社に何%の金利で借りていたか確認してみて下さい。

返済の遅延や債務整理した人でも、支払い過ぎている金利があれば過払い金請求は出来ます。
また、ポケットカードを使っていた方も、保証会社はプロミスなので、過払い金請求はプロミスに対して行う事になります。

完済してから10年経っていない

2010年以前にいわゆるグレーゾーン金利でお金を借りていて、尚且つ完済してから10年が経っていないというのが、過払い金の返還を求めるための条件です。

尚、借金も遺産相続した人でも、完済から10年以内であれば過払い金請求が可能です。
亡くなった方が、いつプロミスからお金を借りていたか確認してみて下さい。

また、完済から10年というのは過払い金の請求のタイムリミットの事です。
それまでに過払い金請求が行われれば、どれだけ前に支払った過払い金でも返してもらえます。

戻って来る過払い金の金額は?

実際にいくらの過払い金が戻って来るか計算するには、次の3つが必要です。

  • 借入金額
  • 返済期間
  • 返済した金額

これらは記憶だけでは曖昧なので、プロミスに取引履歴を送ってくれるようにお願いして下さい。
取引履歴には、いついくら借りて、毎月いくら返したかなどの記録が残っています。
プロミスには取引履歴の発行する義務があり、拒否する事は出来ません。
発行された取引履歴の数字を基に、過払い金計算ソフトを使って計算してみましょう。
そのようなソフトは、インターネット上に無料で公開されていますので探してみて下さい。

プロミスに過払い金請求をする方法

過払い金請求する方法は、2つあります。

  • 自分で過払い金請求する。
  • 弁護士や司法書士に依頼して過払い金請求する。

それぞれについて詳しくご説明します。

自分で過払い金請求する

自分で過払い金請求する流れは次の通りです。

  1. プロミスから取引履歴を取り寄せる。
  2. 取引履歴を基に過払い金の計算をする。
  3. プロミスに過払い金返還の請求をする。
  4. プロミスと和解交渉をする。
  5. 和解出来なかったら、裁判所に過払い金返還の訴訟を起こす。
  6. プロミスから過払い金が返還される。

これらの流れの中で、特に大事なポイントは次の3つです。

過払い返還金請求方法

プロミスに過払い金の返還を請求する時は「過払い金返還請求書」を送る必要があります。
この書類は誰でも作れるものです。
無料のテンプレートがインターネット上にありますので、探してダウンロードして下さい。

この用紙を送付する際には「内容証明郵便」を使う事をお勧めします。
これを使えば、郵便物が相手側に届いたことが送った人にも通知されます。
プロミス側に「書類を受け取っていない。」と言われたら、過払い金請求が出来ないので念のため、内容証明郵便を使って送るようにして下さい。

プロミスとの和解交渉

プロミスに過払い金請求をしても、すぐに払い過ぎた分の利息全額を返してもらえるというわけにはいきません。
プロミスからは、実際の過払い金額よりも少ない額で、和解を求めて来ます。
和解を受け入れるのか、それとも全額返してもらうために訴訟を起こすのか、この段階で決める必要があります。
もちろん全額返してもらう権利はありますが、訴訟には手間や時間が掛かるため、和解を受け入れるという選択肢もあります。
具体的に和解と訴訟のポイントは次のようになります。

和解

  • 返済金額 : 60%~80%
  • 返済までの期間 : 4~6ヵ月前後
  • その他 : 訴訟の手間が掛からない。

訴訟

  • 返済金額 : 100%~105%
  • 返済までの期間 : 6~8カ月前後
  • その他 : 訴訟の手間が掛かる。

このように、和解は返される金額は少ないですが早く返してもらえ、訴訟は全額返してもらえますが返してもらうまでは時間が掛かります。
訴訟を起こすとなったら、裁判の準備など手間も非常に掛かる事になります。
もし返還される金額が少ないのであれば、和解を受け入れた方が良い事もあるでしょう。

裁判所に過払い金返還の訴訟を起こす方法

プロミスからの和解案を受け入れない場合には、訴訟を起こす事になります。
必要書類を用意して、居住地の管轄の裁判所に提出しますが、訴訟の額が140万円以下であれば簡易裁判所、それを超える場合には地方裁判所への提出になります。
必要書類には訴状や証拠説明書、取引履歴などを用意します。

過払い金の正当性があれば、裁判に負ける事はありません。
ただし、手間や時間お金も掛かる上、精神的にも負担は大きくなりますので、それなりの覚悟を持って挑む必要があるでしょう。

弁護士や司法書士に依頼して過払い金請求する

自分で裁判を起こすのは大変だし、よくわからないから専門家に頼るという選択をする方もいると思います。
その場合の手順は次の通りです。

  1. 依頼する弁護士または司法書士を探す。
  2. 弁護士または司法書士が受任する。
  3. 返済が残っている場合には、一時的に返済を止めてもらう。
  4. 取引履歴を請求して、引き直し計算をしてもらう。
  5. 弁護士または司法書士から過払い金返還請求をする。
  6. プロミスと返還交渉をする。
  7. 返還額に納得できない場合には裁判の手続きを取る。
  8. 変換の合意書を取り交わす。
  9. 過払い金が返還される。

この中で自分がやらなくてはいけないのは、弁護士または司法書士を決める事だけです。
弁護士または司法書士を選ぶ時のポイントは、次の3つがあります。

  • 違法な弁護士または司法書士ではないか?
  • 実績が豊富か?
  • 費用はどの程度掛かるか?

それぞれについて詳しくご説明します。

違法な弁護士または司法書士ではないか?

規模の小さく名前も知られていないような事務所の中には、回収した過払い金の一部を勝手に抜き取るような悪質なところもあるようです。
出来るだけ名の知れた、大手事務所に依頼した方が安心と言えます。

実績が豊富か?

過払い金請求を専門に行っている事務所がお勧めです。
実績が豊富な事務所を選ぶ事で、消費者金融側も身構え、裁判をしなくても全額返還してもらえる事もあるようです。

費用はどの程度掛かるか?

弁護士や司法書士に依頼すれば当然費用が発生します。
内容としては、次の3つがあります。

  • 着手金 : 初期費用。相場は業者1軒2~3万円程度。
  • 成功報酬 : 返還に成功した時の費用。相場は業者1軒2~3万円程度。
  • 過払い金報酬 :返還された金額から支払う手数料。和解20%、訴訟25%が相場。

訴訟を起こすと、さらに裁判費用も必要になります。
弁護士や司法書士に頼む時は、いくつかの事務所から見積もりを取って選ぶようにしましょう。

自分でするか、依頼するか

過払い金請求を自分でするか、それとも依頼するかは悩むところかもしれません。
それぞれ次のようなメリットやデメリットがありますので、よく考えて決める必要があります。

自分で行う場合のメリット・デメリット

  • メリット : 弁護士や司法書士に支払う費用が節約出来る。
  • デメリット1 : 手続きに手間や時間が掛かる。
  • デメリット2 : 金融機関はプロなので素人は丸めこまれる可能性がある。
  • デメリット3 : 裁判になるとさらに手間や時間が掛かる。

弁護士や司法書士に依頼して行う場合のメリット・デメリット

  • メリット1 : 手間や時間が省ける。
  • メリット2 : 家族に知られずに過払い金請求が出来る。
  • メリット3 : 不当な和解をしないで済む。
  • デメリット : 費用が掛かる。

このように、弁護士や司法書士に依頼した方がメリットは多くなります。
費用の件さえクリアするのであれば、依頼する事をお勧めします。

まとめ

プロミスへの過払い金請求についてお伝えしました。
ポイントをまとめると次のようになります。

  • 2010年以前にプロミスからお金を借りた人は過払い金請求出来る可能性がある。
  • 過払い金とは、グレーゾーン金利でお金を借りていた人が支払い過ぎていた利息。
  • 完済から10年経過していると請求出来ない。
  • プロミスから取引履歴を取り寄せ、過払い金の額を計算する。
  • 過払い請求は自分でも出来る。
  • 費用は掛かるが弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズ。
  • 弁護士や司法書士は、実績と報酬額で選ぶ。

人によってはかなりの金額を返してもらえる事になる過払い金請求ですが、もし自分が該当するかわからない時には、まずはプロミスに取引履歴を請求して確認してみて下さい。

プロミス

関連記事

  1. 病気や入院でプロミスに返済が出来ない時について解説

  2. プロミスで今日中にお金を借りるには

  3. プロミスは外国人でも利用出来る?

  4. プロミスのATM利用手数料について解説

  5. プロミスは土日でも借り入れ可能

  6. プロミスの有人店舗について

新着記事

新着記事

PAGE TOP