重複・過剰借金などの借金地獄から抜け出すには

急にお金が入用になった時などにキャッシングは大変心強い味方となってくれますが、使い方を誤ると重複借り入れや過剰借り入れなどになり、いわゆる借金地獄に陥ってしまう危険性もあります。

こちらでは借り入れの際の総量規制等の基礎知識や、重複・過剰借金問題の実情、またもし返済額が収入額を超えてしまった時にはどうしたらよいのかという解決策について説明いたします。
既に重複・過剰借り入れになってしまっている方はもちろん、これから借り入れをお考えの方も、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

金融についての法律

お金を貸す側には貸金業法という法律を守る義務があります。
この内容を知っておく事で、過剰な借入をしたり、いわゆる闇金から借金をしてしまうというような事を避ける事ができます。

総量規制

貸金業法の中の総量規制は、原則借り入れる人の年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないというものです。

例えば年収が300万円の人には100万円以内しか貸す事はできません。これは借りる人を守るための法律ですので、もし違反した場合に罰せられるのは貸金業者です。
また貸金業法は消費者金融などに適用される法律であり、銀行には適用されません。

収入証明などの提出

お金を借りようとする時、本人確認書類の提出は必ず必要になりますが、それ以外にも金融業者から収入証明などの提出を求められる事があります。

【収入証明の提出が必要なケース】

  1. 50万円以上借り入れる場合
  2. 複数の貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合

収入証明書として認められるのは、源泉徴収票や所得証明書、確定申告書などです。
収入を偽って借り入れを行うと、後々問題になる事がありますのでやめましょう。
また個人事業主の方が借り入れをする場合には、事業計画や収支計画などの書類の提出を求められる事になります。

金利についてのルール

法律により金利は最大で20%までと決められています。
また借り入れの額によっても上限が定められています。

  • 10万円未満       … 20%まで
  • 10万円以上100万円未満 … 18%まで
  • 100万円以上      … 15%まで

これ以上の金利を提示している金融業者があれば、それは闇金など不法な業者の可能性が高いので気を付けましょう。

重複・過剰借金問題について

過剰な借入を防ぐため総量規制ができたわけですが、それでも重複・過剰借り入れの問題が沈静化していないのはどういう訳なのでしょうか。

その原因は、借金のパターンやケースが多様化しているからに他なりません。
先程も説明しましたが、総量規制は貸金業法が適用される消費者金融や信販会社からの借金にのみ適用されます。

それ以外の銀行等からの、住宅ローンや自動車ローン、教育ローン、または奨学金の借り入れ等は総量規制と関係なく借りる事が可能なため、ケースによっては重複・過剰借金になってしまう事があるのです。

重複・過剰借金の解決策

銀行系でお金を借りる場合、総量規制の対象外ですが、基本的に返せないと思われる金額を貸す事はありません。
ただ本人が他での借入を申告しなかった場合には、審査に通って借り入れができてしまう場合もあります。

奨学金の返済や、自動車ローン、住宅ローン等があり、更に分割払いにしている大きな買い物などがあると、給料の手取り額よりも借金の返済額の方が多くなってしまう可能性もあります。
もしもそのような事になってしまった時にはどうしたら良いのか、解決策を提案します。

奨学金

奨学金は比較的簡単な審査によって、返済猶予されるシステムがあります。
現在1ヵ月に支払っている返済額を減らしたり、返済の期間を最大10年間猶予してもらったりする事が可能ですので、その他のローンが終わるまで返済の猶予を申請するというのがひとつの方法と言えます。

自動車ローン・住宅ローン

自動車ローンや住宅ローンは、経済的に困難な場合に限り返済期間を延長してもらうことが可能です。
返済が間に合わないからといって、他社で借り入れを行うなどという事を繰り返せば、借金はどんどん膨らむ一方です。
返済が出来ないことが分かった時点で、まずは金融機関に相談するようにしましょう。

大きな買い物の分割払い

大きな買い物をいくつかして、それぞれを分割払いにしているとそれぞれに利息が掛かって返済額は大きくなってしまいます。
ですから可能であるならば、カードローンなどでまとめて借りてそれらを返済する事によって、借り入れはひとつになり、返済額も減らせる可能性があります。

プロミス

関連記事

  1. インターネットでの借り入れの申請について

  2. キャッシングやローンの種類

  3. 借金を清算する手段である債務整理をご存知ですか?

  4. 主婦の方のキャッシングについて

  5. 失敗する人には共通点がある!キャッシングで失敗しないために覚えておくこ…

  6. 主婦がキャッシングを利用する方法

新着記事

PAGE TOP