女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






消費者金融でのカードローンの金利計算

記事更新日:2019年9月29日
記事公開日:2019年6月23日


キャッシングの金利について

消費者金融のキャッシングを利用する時、最も気になるのは金利の事ではないでしょうか。
お金が必要だから借りたいけれど、一体どの程度の金利を払わなくてはいけないのかというのは、誰でも知っておきたい事でしょう。
こちらでは大手消費者金融各社の金利について、詳しくご紹介していきたいと思います。

カードローンの金利計算

大手消費者金融のキャッシングの金利計算は、利用した日数分だけ金利を支払う「日数計算方式」です。

【金利】 = 利用金額 × 借入利率 ÷ 365日 × 利用日数
※閏年は366日で計算

ここで重要になるのが「借入利率」です。
借入利率は消費者金融各社によって異なります。

2019年9月29日時点で確認しました各社の実質年率

  • プロミス…4.5%~17.8%(実質年率)
    https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67002
  • レイク…4.5%~18.0%(実質年率)
    http://lake.jp/cashing/condition.asp
  • アイフル…3.0%~18.0%(実質年率)
    https://www.aiful.co.jp/popup/?cid=PE15H010
  • モビット…3.0%~18.0%(実質年率)
    https://www.mobit.ne.jp/shohin/kinri/index.html
  • アコム…3.0%~18.0%(実質年率)
    https://www.acom.co.jp/return/rate/

このように各社とも借入利率には大きな幅があります。
基本的に初めての利用の場合には、こちらに記載されている最も高い借入利率が適用されるケースがほとんどです。
今後取引が続いて行けば契約可能額が増額され、適用される利率も低くなっていく可能性はあります。

プロミスで10万円借りて30日後に返済する場合の金利(利率17.8%)

【1,463円】 = 100,000円 × 17.8% ÷ 365日 × 30日

レイクで10万円借りて30日後に返済する場合の金利(利率18.0%)

【1,479円】 = 100,000円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日

借り入れ利率17.8%と18.0%では、このような差があります。
大したことないな、と思った方もいるかもしれませんが、良く考えてみて下さい。

キャッシングを利用するのは今回1回だけでしょうか?
そして借りる金額はいつも10万円程度ですか?
さらにいつも30日で返済できますか?

おそらく答えはすべて「NO」なのではないでしょうか。
少なくとも「絶対にYES」と言いきれる人はいないのではないかと思います。
そう考えると、少しでも借入利率が低い消費者金融と契約をした方が、長い目で見てお得であると言えるでしょう。

金利を支払わずにキャッシングする方法

実は消費者金融各社では、初めて利用する方に対して、金利が掛からずにキャッシングできるサービスを提供しているところがあります。
2019年9月時点のサービス内容です

【プロミス】30日間無利息サービスの概要

プロミスを初めて利用する方で、メールアドレスを登録し、さらにWEB明細の利用を選んだ方が対象です。
契約後、最初に利用した日の次の日から、30日間無利息です。

【レイク】5万円まで180日無利息 または30日間無利息の概要

初めてレイクで契約した方が対象です。
契約金額が1万円~200万円の方は、借り入れ額のうち5万円までを180日間利息0円、もしくは30日間全額利息0円のサービスを選べます。
契約の額が200万円超の方が受けられるのは、30日間全額利息0円のサービスとなります。
いづれのケースも、契約した日の次の日に無利息の期間がスタートです。

【アイフル】30日間利息0円サービスの概要

アイフルで初めて契約する方が対象になります。
契約日の次の日から30日間無利息になります。

【アコム】30日間金利0円サービスの概要

アコムでの契約が初めての方で、かつ35日ごとの返済期日で契約した方が対象になります。
契約日の次の日から30日間金利0円となります。

どこの無利息サービスがいいの?

一見、どこも同じようなサービスを行っているように見えるかもしれませんが、実はこの中でプロミスのサービスだけが、他とは大きく違うと言う事にお気づきでしょうか。
注目すべきは「無利息サービスが開始される日」です。

プロミスは「初回利用日の次の日から」、その他の会社は「契約日の次の日から」となっています。ここが大きな違いなのです。
と言うのもキャッシングの契約をした全ての人が、すぐその日にキャッシングするとは限らないからです。

少し先にお金が必要になるからあらかじめ契約をしておこうという方や、急にお金が必要になった場合に備えて契約をしておくという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方にとって、契約日の次の日から無利息サービスがスタートするというのは、大変不利な状況です。
キャッシングの日にちが先になればなるほど、無利息の期間は短くなってしまうからです。

さらに契約翌日から30日を過ぎてしまえば、無利息サービスの恩恵は全く受けられなくなってしまいます。
そんな時、プロミスであれば契約から日にちが経過していても、初めてキャッシングした次の日から、丸々30日間無利息のサービスが受けられる事になります。
これは他社と大きく違う特典と言って良いのではないでしょうか。

プロミスにはもうひとつの金利が掛からない借り方がある!

プロミスでは初回利用時以外にも、金利が掛からないでキャッシングする方法があります。
それが「ポイントサービス」です。

ネットで手続きをすると、その内容によってポイントがもらえます。
それを貯めて使うと、一定の期間(7日~30日)無利息でキャッシングできるサービスや、提携ATMを利用した際の手数料を無料にするサービスを受ける事が出来るのです。

ポイントを貯める

インターネットでの対象サービス利用時に、それぞれ1~160ポイントまで獲得できます。
<例>

  • プロミスポイントサービスに申し込む
  • 収入証明書類を提出する
  • ご返済日お知らせメールなどを利用する

などをすることでポイントを貯めることができます。

ポイントを使う

貯まったポイントは、次のふたつのサービスに使う事が出来ます。

  1. 無利息サービス
  2. 提携ATM手数料無料サービス

【無利息サービスの概要】
ポイント数によって、無利息になる期間が異なります。

  • 250ポイント : 7日間
  • 400ポイント : 15日間
  • 700ポイント : 30日間

【提携ATM手数料無料サービスの概要】
提携ATM手数料無料サービスを受けるのに必要なポイントは40ポイントです。
申し込みした日から、翌月の末日まで適用されます。

監修者(張替愛)のアドバイス

カードローンによる利息はあなどれません。お金を借りるときは、どのくらい利息がかかるのかを必ず確認してから借りるようにしましょう。初めて利用するときは、各社の無利息サービスを上手に活用したいですね。

ただし、無利息サービスの期間が終了すると当然利息が発生します。お金を借りるときは、借入額は短期間で完済できる無理のない金額にし、あらかじめ返済する時期を決めておくと、利息の支払いを必要最低限におさえることができるでしょう。

監修者(張替愛)プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 失敗する人には共通点がある!キャッシングで失敗しないために覚えておくこ…

  2. キャッシングを利用すると信用情報に傷はつくのか?

  3. キャッシングは1,000円単位で利用が出来ます

  4. 無職でもキャッシングの審査に通る方法があるというのは本当?

  5. キャッシングの利息計算方法

  6. 返済が全て終わった後は、契約を解約すべきなの継続すべきなのか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP