女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






キャッシングの計算方法ってどうなっているの?

お金を借りる上で、ただで貸してくれるありがたいところはありません。
残念ながら、どんなキャッシング会社でも、利子をつけて返済する必要があります。

利子が決まる金利については、各キャッシング会社で微妙に条件が異なりますが、基本的には法律が上限が決まっているので、各社似たり寄ったりの数値となっています。

金利が決めるための法律として、貸金業法があります。
プロミスをはじめとして、各キャッシング会社はこの貸金業法に従った金利を設定しています。

少し前までは、上限金利の引き下げについては、上限金利は29.2%、利息制限法が借入金額に応じて20%から15%となっていました。

ただ、法律の改正により、上限金利が20%に引き下げられることになりました。
これは、昨今のキャッシングによる自己破産の増加によるものであり、利用者にとっては高い恩恵を受けることができる変更となっています。

金利について改めて解説すると、貸金・預金に対する利子、またその割合です。
金利と表現していますが、キャッシング会社における金利は基本は年利で表現されています。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

金利の計算方法は?

金利は、あくまでも借り入れたお金に対してどの割合を利子として支払わなければならないかを決めるものです。
よって、利子を決めるために金利という数字を使用するのです。

先に紹介したとおり、プロミスをはじめとしたキャッシング会社は、実質年利という表現で金利を公開しています。

では、具体的に利子はどのようにして決定するのでしょうか?
一般的な計算式は、以下の通りです。
利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

残高に対して、実質年利をかけて、それを1年間の日数である365日で割ります。
それが一日当たりの利息となり、その利用日数をかけて利息を計算します。

また、ここで気になるのが金利の決定方法です。
再度プロミスの例で挙げると、4.5%~17.8%と幅広く設定されています。
どの数字を使用するかについては、貸出期間の長短や資金の用途などで決定されるのが一般的です。
プロミスでも例に漏れず、お借入条件に応じて適用される金利が変わってきます。

是非、当ページに設置してあります計算フォームを活用して、事前に金利がどの程度なのかをチェックしておくとよいですよ。

プロミスの金利は?

ここからは、各キャッシング会社の金利について解説します。
はじめにプロミスについては、実質年利で4.5%~17.8%となっています。
17.8%というのは、他のキャッシング会社よりも低めに設定されているのが特徴です。

プロミスでは、利息制限法によって金利が決定されます。
利息制限法では、借入金額に応じて3段階で上限金利が決まります。
・元金10万円未満・・・上限金利20.0%まで
・元金10万円以上100万円未満・・・上限金利18.0%まで
・元金100万円以上・・・上限金利15.0%まで

プロミスの場合は、基本的に初回で多くの融資を受けることは厳しいのです。
これは、各キャッシング会社でも同様で、審査を通ったからと言って自社の付き合いがないと、まだ信用できるかどうかは判定しないというスタンスなのです。
プロミスでは、基本的に50万円を超える融資は初回では受けるのは厳しいとされています。

また、利息制限法での金利により、プロミスにおける初回金利は17.8%になることが多くなっています。
但し、契約後の初めてのキャッシングの際、そしてプロミスオリジナルのポイントサービスを利用すると、最大30日間は無利息で融資を受けることも可能となっています。
短期で返済を見込める方は、ぜひ活用してほしいものです。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

レイクの金利は?

レイクにおける金利は、4.5%~18.0%となっています。
計算方法は同じく実質年利を採用して行う事ができ、ホームページでシミュレーションも可能となっています。
また、レイクでは他のキャッシング会社と少し違う、2つの無利息ローンを採用しています。

プロミスと同じく、初回のみ適用されるのですが、1万円~200万円までの融資額で5蔓延までは180日間無利息、それを超える場合は12.0%~18.0%が適用されます。

また、1万円~500万円までの契約で初回のみ30日無利息でキャッシングすることができます。
どちらがお得なのかについては、レイクのホームページでシミュレーションも可能です。

モビットの金利は?

レイクにおける金利は、3.0%~18.0%となっています。
下限金利が他社よりも非常に低く、魅力的に感じますが、これにはからくりがあります。
実は、モビットでは融資額の上限を800万円に設定しています。
基本的に、金利は借入額が多いほど低く設定されることになります。

よって、他社よりも融資上限額が高い分だけ、金利が低いのです。
それを差し引けば、他社とほぼ同水準の金利が設定されています。

アコム、アイフルの金利は?

その他、大手のアコムとアイフルの金利はどのようになっているのでしょうか?
アコムの場合は、3.0~18.0%となっていますが、これもモビット同様に融資額が最大800万円に設定されているため、下限値が低く設定されています。

アコムにおいても、以前はキャンペーンとして実施していた30日間金利0円が、常時適用されるようになりました。

アイフルに関しては、4.5~18.0%の金利に設定されています。
実は、アイフルでは様々なプランが用意されていて、その人に応じたお得な金利が適用されるケースもあります。
また、他のキャッシング会社と違い、最低1,000円からの融資を受けることができます。
少額の融資を受けたいのであれば、アイフルも検討候補に入りますね。

金利マジックに注意!

いかがでしたでしょうか?
キャッシングをする上で、最も気になる金利ですが、各社で微妙に数字が異なりますが、基本的に大差はありません。
その中で、プロミスだけは低い金利が適用されているのが特徴です。
しっかりと比較した上で、利用するキャッシング会社を選択することをお勧めします。

プロミス

関連記事

  1. お金を借りて得する人と損する人の違いとは?

  2. 知っていると便利なキャッシングのコツ

  3. キャッシングを内緒でする方法

  4. キャッシングの利息計算方法

  5. キャッシングを効率的に進める為の無人契約機の利用方法

  6. 消費者金融・信販会社と銀行のキャッシングの違いは

新着記事

新着記事

PAGE TOP