女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






金利が安いキャッシングは?

お金を借りる時に最も気になるのは「金利」ではないでしょうか。
できれば安い金利で借りたいというのが、多くの方の本年でしょう。
こちらではお金を借りる際、どこで借りるのが最もお得なのか検証してみたいと思います。

各社の金利

大手消費者金融や銀行カードローンの金利を比べてみましょう。

  • プロミス   … 4.5%~17.8%
  • レイク    … 4.5%~18.0%
  • モビット   … 3.0%~18.0%
  • アコム    … 3.0%~18.0%
  • アイフル   … 4.5%~18.0%
  • みずほ銀行  … 2.0%~14.0%
  • バンクイック … 1.8%~14.6%

こうして見てみると、銀行系のカードローンが最も金利が安いようです。金利だけで選ぶのであれば、全員が銀行カードローンを選ぶでしょう。

しかし実際にはそうではないのには、理由があります。

実は銀行のカードローンは、審査が大変厳しいと言われており、審査時間も長くなる傾向があります。
さらに2018年の1月より、銀行系のカードローンにおいて、即日融資が完全にできなくなる事になりました。
新規の借り入れの申し込みがあった場合、警察庁のデータベースに照会して、反社会勢力と関係がないかどうかを確認するシステムを導入するため、審査には数日がかかるようになるようです。
ですから急いでお金を借りたいという方は特に、消費者金融のキャッシングを選ぶ傾向が進むと考えられます。

消費者金融の金利

消費者金融の金利の中で比べてみると、どこも下限と上限の差がかなり大きい事がわかります。
どの金利が適用されるかは、取引内容などによって異なりますが、基本的に借入金額が大きいほど、金利は低くなります。

最低金利で借りるのには、各社の限度額に近い金額を借りた時と言えると思います。
ここで各社の借り入れ限度額を見てみましょう。

  • プロミス … 500万円
  • レイク  … 500万円
  • モビット … 800万円
  • アコム  … 800万円
  • アイフル … 500万円

このようになっています。
限度額の上限はこの金額ですが、もちろん誰もがこれだけ借りられるわけではありません。
それぞれの借り入れ上限額は、審査によって決定されます。
年収や職業、その他の属性によって各社が独自の審査を行っており、その詳しい内容については公開されていません。

さらに貸金業法の「総量規制」には、年収の3分の1までしか貸す事が出来ないという決まりもあります。(他社での借り入れも含む。)
単純計算で、年収が1,500万円なければ500万円借りる事は出来ないという事になります。
尚、この総量規制は消費者金融に適用される法律であり、銀行カードローンでは関係ないものです。

だからと言って、銀行カードローンであれば誰でも高額の借り入れが出来るのかと言えばもちろんそんなことはありません。
先程お話したように、銀行カードローンは審査が大変厳しく、その人の属性などについて詳細な調査を行って融資をするかどうかを決定します。

具体的な金利

実際に消費者金融でお金を借りようとする方の多くは、急にお金が必要になって一時的に借りようとする方であり、金額的にも収入証明書が必要でない50万円以下の融資を希望するケースがほとんどです。
そのようなケースでは、基本的に各社が設定する最も高い金利が適用される事になります。

各社の上限金利を見比べると、プロミスが「17.8%」、それ以外は「18.0%」です。
果たしてこの「0.2%」の差というのは、どれ程のものなのでしょうか。
具体的に見てみましょう。

10万円借りた場合の金利の比較

【1ヵ月で返済】

  • 17.8% … 1,463円
  • 18.0% … 1,500円

【12ヵ月で返済】

  • 17.8% … 9,896円
  • 18.0% … 10,011円

【36ヵ月で返済】

  • 17.8% … 29,780円
  • 18.0% … 30,130円

30万円借りた場合の金利の比較

【1ヵ月で返済】

  • 17.8% … 4,389円
  • 18.0% … 4,500円

【12ヵ月で返済】

  • 17.8% … 29,700円
  • 18.0% … 30,044円

【36ヵ月で返済】

  • 17.8% … 89,340円
  • 18.0% … 90,431円

50万円借りた場合の金利の比較

【1ヵ月で返済】

  • 17.8% … 7,315円
  • 18.0% … 7,500円

【12ヵ月で返済】

  • 17.8% … 49,504円
  • 18.0% … 50,074円

【36ヵ月で返済】

  • 17.8% … 148,936円
  • 18.0% … 150,721円

このように、借入金額が少なく短期間で返済した場合には、金利0.2%はそれほど大きな差とはならないように見えますが、大きい金額を借りたり、返済期間が長くなればなるほど、0.2%の差が目に見えて大きな違いとなって行きます。
また1度の借り入れであれば、それほど大きく違わないと感じるとしても、キャッシングは繰り返して利用できるものですから、それが積み重なった時には大きな違いとなるでしょう。
ですから、上限の金利が安い消費者金融に申し込みを行うという事が、長い目で見てお得と言えるのではないでしょうか。

プロミスへの申し込み方法

17.8%と最も上限金利が安いプロミスへの申し込みの方法をご紹介したいと思います。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓

プロミス

女性におすすめ!プロミスレディースのWEB申し込み↓

WEB申し込み

プロミスに申し込みをする際には、ぜひWEB申し込みをご利用ください。
パソコンやスマホ、または携帯電話からいつでもどこからでも申し込み手続きが可能です。
申し込みの入力フォームに、必要事項を入力するだけで、簡単に審査の申し込みができるのです。
入力が苦手な人には、最低限の入力で済み、残りは電話で情報を確認するという対応もしてくれます。
プロミスが審査をして結果の報告をしてくる時間帯は9時から21時です。(平日・土日祝日)
メールか電話の自分が希望した方法で通知されます。

自動契約機で契約

審査結果の報告を受けたら、お近くの自動契約機に行って契約を行い、その場でカードを受け取るのが、早くお金を借りられる方法です。自動契約機は9時から22時まで利用出来ます。

自動契約機で申し込みから行おうとすると、その場で審査時間の間待つ事になり、しかも万一審査に通らなかった場合には無駄足になってしまいますから、必ず事前にWEBで申し込みは済ませてから行きましょう。
契約には以下のいずれかの本人確認書類が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

機械の指示に従い、これらの書類を読み込ませ契約書類を作成します。それにサインをしたら契約は完了し、カードが発行される事になります。カードを使えば、プロミスATMをはじめ、提携ATMですぐにお金を借りられます。

どうしても自動契約機に行けない方には、WEBで契約する方法も用意されています。
平日の14時までにWEBで契約が完了すれば、当日中に借り入れ金を自分の口座に振り込んでもらう事も出来ます。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓

プロミス

女性におすすめ!プロミスレディースのWEB申し込み↓

まとめ

消費者金融各社が設定している最低金利で借りられるのは、かなり大きな金額となりますので、比べる際には上限金利を参考にしましょう。

消費者金融で最も上限金利が安く設定されているのは「プロミス」です。0.2%の差は、一見小さく見えても長い目で見ると大きな違いとなって行きます。
銀行カードローンの方が金利は安いですが、実際には審査が厳しく簡単に借りられるわけではありません。

さらに2018年1月からは、即日融資も完全にできなくなります。
急いで借りたいとお考えの方は、プロミスのキャッシングをご利用になるのが最もお勧めです。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングローンの審査って厳しいの?

  2. キャッシングは学生でも条件付きで可能!その条件やメリット・デメリットは…

  3. 急にキャッシングしたい!そんな時に気になる時間を紹介します

  4. 他社から借り入れが6件以上している人は新規で即日融資が出来るのか?

  5. お金を借りて得する人と損する人の違いとは?

  6. 急にお金が必要になった時のキャッシングの仕方

新着記事

新着記事

PAGE TOP