女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






カードローンを最安の利息で利用するためには?

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓


どうしてもお金が必要となった時に役立つ解決方法が『カードローン』です。
カードローン会社を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、「できるだけ利息が安い所にしたい」と考えている方は多いと思います。

そこで本サイトでは、利息が最安でお得なカードローンを見つけるための情報をご紹介していきます。

大手カードローン会社の金利一覧

まずは、それぞれの大手カードローン会社の利息について最初に見ておきましょう。

【プロミス】
4.5%~17.8%
プロミス

【レイクALSAALSA】
4.5%~18.0%

【三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)】
1.8%~14.6%

【みずほ銀行カードローン】
2.0~14.0%

【モビット】
3.0%~18.0%

【アコム】
3.0%~18.0%

【アイフル】
3.0%~18.0%

以上が一部となりますが、大手カードローンのそれぞれの利息となります。
しかし、これだけでは分かりづらいと思うので、以下の項目では、上記の会社の利息のチェック方法と、最もお得なカードローン会社の選び方について紹介していきます。

『上限金利』と『下限金利』どっちの最安を参考にすれば?

上の一覧に書かれている通り、カードローンの金利というものは◯◯%〜◯◯%というように『幅』があります。
そのためカードローンについて詳しくない方は「金利の上限と下限、どっちの最安を参考にしたら良いの?」という疑問をまず感じると思います。

そこで、ここでは金利をチェックする上で大事な『金利の上限と下限の意味』について紹介します。

借りる金額が50万円以下の場合は金利の『上限』を参考に

基本的にカードローンでの金利というものは『借り入れ額』に応じて少なくなっていく傾向にあります。
この理由として第一に挙げられるのは、融資額が大きい場合は、上限金利も低く定めなければならないという事が法律によって定められているという事です。

もう一つの理由は、それぞれのカードローン会社が、それぞれの利用者に対する『信頼度』で貸出金利に差を付けているためです。
つまり同じ利用者であっても、返済能力が高いと見なされる収入の高い人であったり、これまで毎回期日を守って返済してくれている滞納や事故の履歴のない人に対しては、カードローン会社も信頼しており出来るだけ多く借りてもらいたい為、借り入れ限度額も高く設定し、それに対して金利も安く設定しています。

基本的には消費者金融でも銀行カードローンでも、一番少ない限度額で申し込む場合であったり、借り入れ金額が50万円以下の場合は、ほとんどの場合で『上限金利』が適用されると考えて良いでしょう。
その為、もしも貴方が借りる金額が50万円以下の場合は、金利の高い方(上限金利)を参考にしましょう。

そして上限金利を基準に業者を選ぶなら、上の一覧の中では消費者金融ならプロミス、銀行カードローンならみずほ銀行カードローンが最安であると言えるでしょう。

プロミス

金利が安い銀行カードローンにもデメリットはあります

上の一覧を見ると、三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行といった銀行カードローンの方が、消費者金融よりも金利が安いという事が分かります。
しかし銀行カードローンも金利が安いというメリットはありますが、逆にデメリットもいくつか存在します。
以下が銀行カードローンのデメリットとなります。

  1. 審査が厳しい
  2. 審査時間がかかる場合がある
  3. 口座を開設する場合は時間がかかる
  4. 振り込みでの借り入れは通帳に記録が残る

時間がかかるのが銀行カードローンのデメリット

上記のように銀行カードローンには、いくつかのデメリットが存在しますが、特に審査が厳しかったり時間がかかってしまうことによって『借り入れまでの時間が掛かってしまう』というのが、大きなデメリットと言えるかもしれません。

対して消費者金融は銀行カードローンと比較すると、やや金利が高いというデメリットはありますが、『スピード』を最大のセールスポイントとしていますので、最短で即日融資が可能というのをキャッチコピーとして前面に出している会社が多いです。そのため急ぎで借り入れをしたいという方には消費者金融は向いています。
このような事があるため、一概に金利が最安の会社がベストという訳ではないという事を知っておくべきでしょう。

状況によって使い分けるのが賢い利用方法

どうしても急ぎで借り入れをしたいという場合は『消費者金融』、時間に余裕があるから低金利で借りたい場合は『銀行カードローン』と、それぞれの状況によって借り入れ先を使い分けるのが賢いカードローンの利用方法です。

しかし消費者金融での借り入れでも、方法によっては最安どころか『利息なし』で借りることができる方法も存在します。
次の項目で紹介していきましょう。

消費者金融も『無利息期間』を活用する事で金利が無しに!

消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が安いというのは上の一覧の通りですが、最近は消費者金融では何と最安どころか『利息ゼロ』で借り入れを利用することができるサービスも登場しているのです。
それが初回利用の方に向けた『無利息期間』のサービスです。

この無利息期間サービスは、それぞれのキャッシング会社が初めて利用する方に対しては、最初の30日間(キャッシング会社によってサービス内容には違いがあります)は利息が掛からないという、大変お得なものです。しかもこのサービスは、初回であればほぼ無条件で利用できますので、特に短期で返済できる見通しのある方に対しては、大変お得なサービスとなっています。
この無利息期間のサービスは、上の一覧で紹介した消費者金融の中ではプロミス、レイクALSA 、アイフル、アコムが導入していますので、ぜひご利用ください。

この消費者金融の無利息期間サービスを利用して、期間内に返済する事が、ある意味最安での利息の返済方法であると言えるでしょう。(利子が0円ですので)

最後に

以上が、カードローンの利息を最安で抑えるための借り入れ方法についての紹介となります。
まずはそれぞれのカードローンの会社の金利をチェックして、自分の借り入れ希望額に応じた利息をチェックして、最もお得な会社を選ぶのが賢いキャッシングの利用方法です。
また、最近のカードローン会社は、ホームページから借り入れ金額ごとの『簡易借り入れ診断』のサービスも設けていますので、そこで借り入れ額や返済期間などを入力することによって、簡単にトータルの利息も診断できるようになっていますので、利息が気になる方はまず診断から始めてみることをオススメします。

その他に利息を安くするためには消費者金融の30日の初回無利息期間を利用して、期間内に返済するというのも最適な方法です。

うまくカードローンを利用するためには『金利』をいかに最安に抑えるかというのは重要なポイントとなってきますので、ぜひ本サイトの情報を役立ててムダのない借り入れをして頂ければと思います。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミス

関連記事

  1. 急にキャッシングしたい!そんな時に気になる時間を紹介します

  2. キャッシング会社での金利設定についてご紹介

  3. もしも返済が遅れてしまった場合って?

  4. いくらまで借りられる?キャッシングの限度について

  5. キャッシングの便利な返済方法「口座自動引き落とし機能」について

  6. 借金を清算する手段である債務整理をご存知ですか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP