女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






コンビニATMでキャッシングをする方法

コンビニATMによるキャッシングとは、一体どのようなものなのでしょうか?コンビニに設置してあるATMは、基本的にキャッシング会社が設置したものではありません。
位置づけとしては、提携ATMという形となって利用ができます。

提携ATMとは、メインではない他の会社の取引を委託して実施するATMの事です。提携の度合いにもよりますが、基本的に手数料がかかるのが一般的です。
また、取引時間によっても別途手数料がかかることもあります。

それでも、24時間いつでも利用できるというメリットの方が勝るのは事実です。
また、キャッシング会社によって様々な機能を付けて、差別化を図っています。

プロミスのコンビニキャッシング

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

プロミスでは、多くの提携先でキャッシングを行うことができます。
コンビニATMもしかりで、e.netやローソンATM、セブン銀行ATMなどが利用できます。
特に、ローソンやセブンイレブンでキャッシングできるのは非常に魅力的に感じます。

プロミスの場合は、更にコンビニに設置してあるメディア端末であるLoppiやファミポートでも利用が可能です。
但し、メディア端末の場合はお借入はできず、返済のみ行うことができます。

プロミスにおけるコンビニキャッシングは24時間いつでも対応可能です。
もちろん、夜中でも早朝でも利用することができますので、急なキャッシングにも対応していただける点は魅力的です。
但し、メンテナンス時間が設定されているので、その時間帯だけは利用できないので注意しましょう。

提携ATMで最も気になるのは、手数料ですよね。
プロミスでは、コンビニATMでの手数料は金額によって異なります。
1万円以下の取引の場合、お借入時は108円、ご返済時も108円かかります。
1万円を超える場合は、お借入、ご返済時ともに216円の手数料がかかります。

プロミスのコンビニキャッシングでは、オリジナルのアプリローンというスマホアプリでも取引可能です。
通常、コンビニでキャッシングする場合はプロミスカードの利用が必要ですが、WEBからの申し込みの場合は付与されません。
そんな時に、アプリローンというアプリを使用すれば、アプリ上でQRコードが発行され、QRコードをセブン銀行ATMでかざすことで、カードレスでの取引が可能です。
カードが邪魔と感じている方は、アプリローンの利用もおすすめです。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

レイクのコンビニキャッシング

レイクにおいても、コンビニの提携ATMでキャッシングが可能です。ただ、プロミスと違い営業時間が若干短めになっているのが特徴です。

具体的な営業時間は、以下となっています。
月曜日:5時00分~23時50分
火曜日・水曜日:0時10分~23時50分
木曜日:1時30分~23時50分
金曜日・土曜日・日曜日:0時10分~23時50分

また、第三日曜日は、ご利用時間が0時10分~20時00分までに限定されます。
更に、ファミリーマートに設置されているゆうちょATMにおいては、第三月曜日はご利用時間が7時00分からとなるので注意が必要です。
日中は基本的に稼働していますが、夜中にキャッシングしたい場合は注意しましょう。

借入金額は、基本的に1万円からとなります。
但し、セブン銀行ATMを利用する場合は、1,000円単位からの利用が可能です。
他にも、利用するATMによって制限が発生しています。
紙幣枚数が50枚を超える場合、また出金が20万円以上、入金が50万円以上となると場合により利用できないケースもありますので、注意してください。

レイクの特徴として、コンビニATMを利用する場合は手数料はかかりません。
頻繁にキャッシングや返済する方は、レイクがおすすめですね。

モビットのコンビニキャッシングとは?

モビットのWEB申し込みはこちら↓

モビットでは、主要なコンビニに設置してあるATMでのキャッシングが可能です。
また、プロミス同様にメディア端末でも返済のみ利用が可能です。
更に、ファミリーマートやローソン、ミニストップのレジでも返済することができるのが魅力的です。

手数料に関しては、1万円以下の取引の場合、お借入時は108円、ご返済時も108円かかります。
また、1万円を超える場合は、お借入、ご返済時ともに216円の手数料が必要となります。

モビットのWEB申し込みはこちら↓

アコムのコンビニキャッシングとは?

アコムのWEB申し込みはこちら↓

アコムでは、e.netやローソンATM、セブン銀行ATMなどでキャッシングが可能です。
提携ATMにはアコムの赤いシンボルのステッカーが貼られているので、とてもわかり易くなっています。
基本は24時間いつでも利用することができるのですが、毎週月曜日1:00~5:00の間は定期点検により利用はできません。
また、セブン銀行ATMは23:50~0:10の間が利用することができません。

利用手数料に関しては、プロミスと同じく1万円以下で108円、1万円を超える場合は216円かかります。

アイフルのコンビニキャッシングとは?

アイフルのWEB申し込みはこちら↓

アコムでも、e.netやローソンATM、セブン銀行ATMなどにおいてキャッシングが可能です。
また、ファミポートとローソンLoppiでの返済も可能となっています。
手数料については、1万円以下で108円、1万円を超える場合は216円かかります。

コンビニキャッシングはとても便利!

いかがでしたでしょうか?
コンビニキャッシングは、いつでも利用できるのが最大の魅力です。
その分だけ、手数料がかかってしまうのですが、レイクのように出金も入金も無料なケースもあります。
営業時間にも注意して、コンビニキャッシングを活用してほしいものです。

プロミス

関連記事

  1. 家族にバレずにキャッシングする方法

  2. もしも返済が遅れてしまった場合って?

  3. カードローンのネット完結サービスの利用方法

  4. カードローンのWEB完結での借り入れマニュアル

  5. 主婦の方のキャッシングについて

  6. キャッシングの便利な返済方法「口座自動引き落とし機能」について

新着記事

新着記事

PAGE TOP