女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






学生がキャッシングする時に知っておくべき事

お金が必要だけど手元にお金がない、という経験をした事がある学生の方は多いのではないでしょうか?
そんな時に一番に頼れるのは親だと思いますが、それが難しいという方もいると思います。借りられたとしても1回ならまだしも、何回もとなるとなかなか言い出しにくくもなります。

そんな時に、消費者金融からキャッシングをするという方法があります。
しかし、社会人と比べ学生のキャッシングは条件が厳しくなりがちで、誰でも簡単に借りられるという訳は行きません。

また、学生とは大学生や専門学校生の事であり、高校生は消費者金融を利用することはできません。
こちらの記事では学生がキャッシングするにあたり、知っておく事についてご説明いたします。

学生のキャッシングの特徴

学生のキャッシングには次のような特徴があります。

  • 満20歳以上で安定収入がある事が条件。
  • 未成年の場合、親の同意があれば借りられる会社もある。
  • 社会人に比べ審査が多少厳しい。
  • 借入限度額は30~50万円程度が一般的。

それぞれ詳しく解説します。

満20歳以上で安定収入がある事が条件

どこの消費者金融も、学生でなくてもこの条件は必須です。
ただし、後からご説明する一部の会社では18歳19歳でも申し込みが可能です。

安定した収入とは、基本的に週に決まった日数で定期的にアルバイトをして得た収入の事です。
単発のバイトでは審査には通りません。
また、親からの仕送りは安定した収入には含まれませんので、注意が必要です。

未成年の場合、親の同意があれば借りられる会社もある

学生ローンの会社や一部のクレジットカードでは、未成年でもキャッシングが可能なところがあります。
ただしどこの会社でも、未成年が申し込みをする際の絶対条件として「親の同意書」の提出が必要です。
つまり、未成年者が親に内緒でお金を借りるという事は絶対に出来ないという事です。

また、20歳以上であれば親の同意書なしでのキャッシングは可能ですが、学生の場合は必ず親の連絡先は訊ねられます。これは万一学生である本人と連絡が取れなくなった場合に備えるためです。

キャッシングの審査で親に連絡を行く事は基本的にないと言われています。
ただし、一部の銀行カードローンでは親に電話が行くケースもあるそうです。

社会人に比べ審査が多少厳しい

学生は社会人と違って、長期休暇時以外にはフルタイムの勤務は出来ません。そのためキャッシングの審査は多少社会人よりも厳しくなります。
その中でも審査に通りやすい学生とそうでない学生がいますので、それぞれ特徴を見て行きましょう。

【審査に通りやすい学生】

  • 実家暮らし。
  • 初めての借り入れ。
  • もうすぐ社会人になる。
  • 週4~5以上アルバイトをしている。

【審査に通りにくい学生】

  • 過去に借り入れ金の返済や、携帯電話料金の延滞があった。
  • 親が自己破産などの債務整理をした過去がある。
  • バイトの日数が少なかったり期間が短い。

借入限度額は30~50万円程度が一般的

学生が借りられる金額は、多くて30~50万円です。
消費者金融では、本人の年収の3分の1以上のお金を貸す事は出来ません。(総量規制)
例えば、アルバイトで月に5万円の収入がある方の年収は単純計算で60万円になります。
その方が消費者金融から借りられる金額は、最高で20万円という事です。
学生は社会人よりも審査は厳しくなりますので、収入がいくら多くても30万円程度だと思っておいた方が良いでしょう。

借り過ぎに注意

カード1枚でATMから気軽にお金を借りられるキャッシングは、とても便利である反面、必要以上にお金を借りてしまい、結果返済に困るという例が後を絶ちません。
いくら便利でも、そのお金は自分のものではなく借金だという事を忘れないようにしましょう。
借りたお金は、利息を付けて返さなければいけません。
学生は大きな金額を借りられないとはいえ、例えばアルバイトを辞める事になってしまえば、たちまち返済に困る事になり、利息と合わせ返済額は膨れ上がります。
返済する事までをよく考え、必要最低限の金額を借りるようにして下さい。

学生キャッシングの方法3つ

学生でもキャッシング出来る方法は次の3つです。

  1. 消費者金融または銀行のカードローン
  2. 学生ローン
  3. クレジットカード

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

消費者金融または銀行のカードローン

契約をすると借入限度額が決まり、その範囲内であれば何度でも借り入れが可能です。
少額の借り入れが出来るので、多く使われている方法です。
カードローンには、消費者金融と銀行の2種類があります。

【消費者金融】
テレビコマーシャルや電車の中吊りで有名な会社がいくつかあります。
申し込み当日に借りる事が出来るのが魅力ですが、銀行のカードローンに比べると多少金利が高くなります。

【銀行】
銀行が提供している個人向けの融資サービスです。
テレビのコマーシャルなどで目にした方も多いと思います。
消費者金融よりイメージが良く、金利も若干低めに設定されています。
ただし、申し込み当日に借りる即日融資は出来ません。
また学生には審査が厳しいとも言われています。

学生ローン

学生専用のキャッシングサービスになります。
中小企業が運営している事が多いです。
サービスとしては消費者金融に近いですが、金利は多少低くなります。
スマホサービスなどがないなど、消費者金融よりも使い勝手は悪いと言われています。

クレジットカード

クレジットカードでのショッピングは皆さんご存じだと思いますが、実はキャッシング機能が付いている事がほとんどです。
ショッピングの機能と併用してポイントが貯まるのが魅力ですが、基本的にカードは即日発行されないので、申し込み当日にお金を借りる事は出来ません。
またカードは作れたとしても、キャッシングの審査に通らず買い物にしか利用できないというケースもあります。

3つの方法の比較

それぞれの方法を比較してみましょう。

カードローン

  • 金利       … 15.0~18.0%
  • 未成年の借り入れ … 不可
  • 即日融資     … 消費者金融は可
  • 使い勝手     … 良い
  • 運営会社     … 銀行・大企業

学生ローン

  • 金利       … 17.0%
  • 未成年の借り入れ … 一部可
  • 即日融資     … 難しい
  • 使い勝手     … 良くない
  • 運営会社     … 中小企業

クレジットカード

  • 金利       … 18.0%
  • 未成年の借り入れ … 一部可
  • 即日融資     … 不可
  • 使い勝手     … 良い
  • 運営会社     … 大企業

カードローンの金利15.0%は銀行の場合であり、消費者金融は18.0%です。
未成年の借り入れは、一部の学生ローンまたはクレジットカードだけ相談に乗ってくれますが、親の同意書は必要です。
また即日融資が可能なのは消費者金融と学生ローンですが、学生ローンは条件が厳しく難しくはなります。
さらにカードローンやクレジットカードの運営会社は大企業が多いので、スマホアプリなどの開発も進み使い勝手は年々良くなって行きます。
対して学生ローンは中小企業が運営している事がほとんどで、システム的なサービスは遅れている所が多いです。

こんな時どうする?

こちらでは学生のキャッシングについて、場面ごとに解説します。

キャッシング以外の方法を考える

お金が必要になった時には、まずキャッシング以外の方法はないかよく考えてみましょう。

親や親せき、友人などからは借りられないという方でも、他に何らかの手段はないでしょうか?例えば、イベントの手伝いなど日雇いの仕事をする事で、現金をすぐに手にする事も可能でしょう。

また、フリマアプリなどを使って、不要なものを売って多少の収入を得ると言う方法も考えられます。

まずはキャッシング以外の方法を模索したてから、どうしても手段がないという場合のみ、キャッシングの利用を検討するようにしましょう。

未成年は学生ローンかクレジットカード

前述の通り、未成年の場合は学生ローンかクレジットカードのみでキャッシングは可能ですが、対応していない会社もあるので、事前に確認してから申し込みましょう。
また親の同意書は必ず必要になりますので、事前に承諾を取っておくようにしましょう。

親に内緒でキャッシングしたい

キャッシングする事をどうしても親に内緒にしておきたいという人もいるでしょう。
そういう方は消費者金融または学生ローンを選びましょう。
カードや契約書類を、店舗や無人契約機で受け取れるので、自宅に郵便物が届く事を避ける事が出来ます。

少しでも低金利で借りたい

少しでも金利が低い所で借りたいのであれば、銀行カードローンを選びましょう。
ただし、銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあるため、審査落ちの可能性もあります。
また審査に時間がかかるため、申し込み当日にお金を借りる事は出来ません。

即日お金を借りたい

即日融資に対応しているのは、消費者金融と学生ローンです。
しかし学生ローンは条件などが厳しい事や使い勝手の事もあり、お勧めするのは消費者金融のカードローンになります。
20時までに申し込みをして、近隣の無人契約機でカードを受け取る方法であれば、土日祝日でも即日融資が可能です。

まとめ

学生がキャッシングする事について、色々と説明して来ましたが、何度も言いますがキャッシングは借金です。
カードで引き出せても、自分のお金ではありません。
その事を十分理解して、必要以上のお金を借りる事のないようにして下さい。

  • 学生のキャッシングは20歳以上で安定収入があれば可能である。
  • 未成年でもキャッシング可能な会社はあるが、親の同意書は必ず必要である。
  • 親に連絡は行かないが、連絡先は聞かれる。(一部銀行では親に連絡あり。)
  • 低金利希望なら銀行カードローン、即日融資希望なら消費者金融を選ぶ。
プロミス

関連記事

  1. キャッシングの即日返済について

  2. キャッシングでその日のうちにお金を借りる方法

  3. 借金を清算する手段である債務整理をご存知ですか?

  4. 重複・過剰借金などの借金地獄から抜け出すには

  5. 女性におすすめのレディースキャッシングをご紹介

  6. キャッシングを振込で受け取る方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP