女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






カードローンで最短で借り入れをするための方法

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓


カードローンを利用する状況というのは「できるだけ一刻も早くお金を用意したい」という場合が大半だと思います。

そこで、当サイトの『カードローンで最短で借り入れをするための方法』では、特に最短で今日中に借り入れを済ませたい!という方に向けて、有益な情報を紹介していきます。
是非ご覧になってください。

急ぎで借りるなら銀行カードローンよりも消費者金融

カードローンを大きく分けると『消費者金融』と『銀行カードローン』の2種類となります。
この2つにはそれぞれ長所・短所がありますが、最短での借り入れを希望しているならオススメなのは銀行カードローンよりも消費者金融です。
なぜなら消費者金融は銀行カードローンと比べて『スピーディーな融資』に重きを置いているため、審査時間、手続き共に銀行カードローンよりもスムーズになっています。

反面、銀行カードローンは消費者金融と比較すると『金利の安さ』がメリットとなっていますが、最近の消費者金融はプロミス・レイクALSAなどを始めとして初回の利用限定で30日間の無利息期間サービスなどを設けているところが多いので、もしも期日内に返済できれば、なんと利息0で借りるという事も可能となります。

最短での借り入れなら、まずはネット申し込みを

カードローンでの借り入れをする上で最初のステップとなるのが『申し込み』です。カードローンの申し込み方法は会社によって多少の違いはありますが、大まかに言えば『ネット申し込み』『郵送』『電話』『契約機』といったものがあります。

これらの中でも最短での借り入れをする上で便利なのが『ネット申し込み』です。ネット申し込みはほぼ全てのカードローン会社のホームページからすぐに行えますし、24時間いつでも申し込むことが可能です。
スマホやパソコンさえあれば、場所も問わず申し込めますので、まずは優先して申し込みを先に済ませておくのが、最短で借り入れをするためのポイントです。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

今日の『曜日』と今の『時間』を把握しましょう

カードローンで最短で借り入れをするために把握しておくべき重要なポイントが今日は平日かそれ以外かそして今何時であるかです。
カードローンでの借り入れ方法は大きく分けて『口座に振り込んでもらって借りる』『カードを発行してATMで借りる』かの2通りに分かれます。

『今日が平日なのか土日祝日なのか』、また『今が何時なのか』によって、どちらの借り入れ方法を選ぶかは変わってくるのです。口座への振り込みで借りる場合は、基本的には銀行の営業時間内に手続きを行わなければ即日融資ができなくなってしまいます。そのため銀行が営業していない土日祝日、もしくは平日の15時過ぎに即日融資を行うためには、カードを発行してATMで融資金の引き出しを行う必要があります。

即日でカードを発行できるのが契約機の存在

カードローンでカードを受け取るための方法は、大きく分けて『郵送』と『契約機』での発行の2種類があります。
郵送でカードを受け取る場合は、どうしても日にちをまたいでしまうため、急ぎで最短で借り入れをするためには、契約機でカードを発行するのが唯一のカードでの借り入れ方法となります。契約機のカードローン会社ごとの営業時間は、以下の通りとなっています。

・プロミス
【曜日問わず】9時〜22時
※一部店舗は営業時間が異なります

プロミス

・レイクALSA
【平日・土曜日】8時45分~24時
【日曜日・祝日】8時45分~22時
【毎月第3日曜日】8時45分~19時
※はじめてのお客さまへの当日のご融資は、8時45分~21時となります
※一部店舗は営業時間が異なります

・モビット(ローン申込機)
【曜日問わず】8時〜21時
※一部店舗は営業時間が異なります

・三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』(テレビ窓口)
【平日】9時~20時
【土曜日・祝日】10時~18時
【日曜日】10時~17時
※テレビ窓口でカードを受け取るには『運転免許証』が必要です
※一部店舗は営業時間が異なります

上記のように契約機は、それぞれ営業時間が異なるため、事前に確認しておくことが失敗しないコツです。
特にプロミスの契約機は22時まで営業していますので、最も遅い時間にカードの発行が可能となっています。
※一部店舗は営業時間が異なります

『ネットで申し込み→契約機でカード発行』でスムーズに手続き

土日祝日や平日の遅い時間に最短で即日融資をするために欠かせないのが『契約機でのカード発行』ですが、この契約機はカードの発行以外にも、カードローンの申し込みからを行う事も可能です。

しかし申し込みは契約機ではなく『ネット申し込み』で事前に行っておくのがオススメの方法です。ネット申し込みはスマホやパソコンがあれば、ほとんどのカードローン会社は24時間いつでも行うことができます。そのため「借りたい」と思った時点ですぐに申し込みをしておくことによって、時間のロスを大きく省くことができます。

また契約機まで申し込みをしに行って、もしも審査落ちをしてしまった場合は、その契約機まで行った事自体がムダとなってしまいますが、前もって申し込みを済ませ、審査を通過してから契約機に行く事によって、確実にそこでカードを発行することができるのです。

つまりカードの発行で最短で借り入れをする場合は『ネットで申し込み→審査に通過したら契約機でカード発行』というのが最もムダのない手順であると言えるでしょう。

平日の午前中なら『WEB完結申込』で家からでも借り入れ可能

上で説明したように、平日の銀行の営業時間内であれば、カードローンでも振り込みでの借り入れが可能となります。

振り込みでの借り入れを行う場合にオススメのカードローンの申込み方法、それが最近注目を集めている『WEB完結』です。
この申し込み方法はその名の通り、申し込みから借り入れまでの全ての手続きをWEB上で終えることができるものです。
借り入れをしたいけど忙しくて受付や契約機まで行く時間がない方、事情があって契約機までは行きたくないという方にとってこのWEB完結はオススメのサービスです。

最近ではほとんどのカードローン会社がこのサービスを導入していますが、申し込み方法はそれぞれの会社によって多少違いがありますので、前もって希望の会社のホームページをチェックしておきましょう。

なお、このWEB完結のサービスを選ぶと、ほとんどの会社がカードは後日自宅への郵送となりますが、プロミスは『カード郵送希望なし』を選択することによって、カードの郵送も無くすことができますので、自宅にカードを郵送してほしくない場合はプロミスと契約するのが良いでしょう。

では次の項目では、消費者金融の会社ごとの借り入れサービスの特色について紹介していきましょう。

それぞれの消費者金融ごとの借り入れサービスの特色

プロミス

プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の24時間振込可能な金融機関の口座を持っていることで、より便利に借り入れることが可能です。
プロミスの瞬フリ(振り込みキャッシング)ならいつでも24時間振り込み可能
振り込みでの借り入れの場合、口座に入金されるのは『銀行の営業時間のみ』というのは先ほど説明した通りですが、例外となるのがここで紹介するプロミスの『瞬フリ』のサービスです。
プロミスでは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の24時間振込可能な金融機関の口座を持っている方に対して曜日関係なく24時間振り込みでの借り入れができる瞬フリのサービスを提供しています。

また、契約の手続きや振り込みまでの手順も簡単です。手続きもネットで行うので、周りに知られる心配も少ないです。
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

レイクALSA

最近の消費者金融は、初めての方に向けて『無利息期間』を設けている所が多いですが、レイクALSAは2種類の無利息期間を設けているところが特徴です。
他の消費者金融と違うレイクALSAの『180日間』の無利息期間
最近の消費者金融は、初めて利用する方に対して30日間の無利息期間を設けている所が多いというのは冒頭部分でも触れた話ですが、レイクALSAはこの30日間の無利息期間に加えて、初めての契約の方に向けて独自の『借り入れ額5万円までは180日間の無利息期間※』というサービスを展開しています。

例えばレイクALSAで契約して8万円を借りている場合は、契約後180日間は払う利息は3万円分だけでOKとなります。
このサービスの特長は『期間内なら何度利用しても、トータルの借り入れ分から5万円は無利息となる』という点です。特に繰り返し小額の借り入れをしたいという方には最適なサービスであると言えるでしょう。

※2つの無利息期間サービスは併用できませんので、契約の時点で『30日間の無利息期間』もしくは『5万円まで180日間無利息期間』のいずれかを選ぶ形となります。

モビット

WEB完結申込は多くのカードローン会社が導入していますが、モビットは100%WEBのみで完結できるカードローン会社です。
会社への電話連絡なしで契約できる『完全WEB完結申込』
現在ではほとんどのカードローン会社が導入しているWEB完結申込ですが、WEB完結申込でもどうしても手続きに組み込まれているのが『勤務先への在籍確認』です。
ほぼ全てのキャッシング会社で不可欠となっているこの手続きですが、モビットは勤務先の在籍確認も書類で済ませるため、電話連絡なしで契約を行うことができます。またモビットのWEB完結は自宅への郵送物もないため、文字通り完全にWEBだけの手続きのみで借り入れができるのが特長です。

※モビットのWEB完結申込では勤務先の確認書類として『社会保険症(もしくは組合保険証)』、そして特定の銀行口座(三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行)が必要となります。

【まとめ】申し込み状況によって最短の借り入れ方法は変わる

以上が、カードローンを利用して最短で借り入れをするための方法となります。

冒頭で説明したように、急ぎでお金を借りたいという状況では、銀行カードローンよりも消費者金融の方がスムーズに借り入れまでの手続きを進めることができます。
ですが銀行カードローンでも、利用する銀行の口座を持っていることで、大きく手続きをスムーズにできます(例えばみずほ銀行の口座を持っている方がみずほ銀行カードローンを選べば大幅にスムーズに手続きが進められます)。

つまりカードローンでの最短での借り入れ方法は一言でこの会社!と言えるものではなく、個々の申し込み状況によって変わってくると言えるでしょう。

しかし消費者金融を利用する場合でも銀行カードローンを利用する場合であっても、最短での借り入れのために必要なのは『先にWEBで申し込みを済ませておく』という事です。

本サイトの情報が、急ぎでの借り入れをしたい時の手助けとなれば幸いです。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミス

関連記事

  1. 業者別の今日中に借りる方法

  2. 知っておきたいキャッシングの審査基準

  3. 借金が返せない時の『差し押さえ』の実態

  4. 属性が審査では重視される

  5. 他社の借り入れがある人が別の消費者金融でも借り入れは可能?

  6. 失敗する人には共通点がある!キャッシングで失敗しないために覚えておくこ…

新着記事

新着記事

PAGE TOP