女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






キャッシング会社での金利設定についてご紹介

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス
女性におすすめ!プロミスレディーのWEB申し込み↓

金利が安いことが重要です!

キャッシングをする上で、最も気になるのが金利です。お金を借りる以上、必ず借りた分を返済しなければなりません。

また、単純に借りた分だけでなく利息を付けて返済しなければなりません。
これは、キャッシング会社にとっては利益になる部分であり、利用者だけでなくキャッシング会社もしのぎを削っているのです。

利用者側からすれば、如何に金利が安いかがポイントとなります。金利とは、借りたお金に対して発生する利息を決定するための数字です。
金利は、かつてはとても高い利率が設定されていたのですが、貸金業法の改正によって徐々に引き下げられています。

金利を決定するための法律とは?

金利を決定するための法律として、貸金業法があります。直近で大きく変化したのは平成22年の事で、大きく3つの改定がなされています。

ひとつは、総量規制であり、年収の1/3までの借り入れのみに制限されました。
次に、貸金業者に関して規制が強くなりました。

そして、上限金利が見直しされています。
従来は、上限金利は29.2%に設定されていましたが、より適切な金利に設定されることを目的として、最大20%にまで見直しされました。
利用者からすればとてもありがたい改正となっています。

金利については、利息制限法でも設定されているのですが、具体的には以下の数値で決定されます。
元本(融資額) 10万円未満 年率 20.0%
元本(融資額) 10~100万円未満 年率 18.0%
元本(融資額) 100万円以上 年率 15.0%

金利による利息の計算方法は?

金利は、あくまでも利息を決定するための数字でしかありません。
実際に借り入れている額や返済方法などでも利息は変動します。
では、どのような計算方法で算出できるのでしょうか?

金利は、正式には実質年利と表現することができます。
年間でどれだけの金利となるかを示すものであり、実際には日割り計算によって算出できます。
具体的な計算式は、以下となります。
利息=借入残高×実質年率÷365日×借入日数

返済が進めば、借入残高は徐々に減っていくので、利息も少なくなるのです。
では、具体例を挙げて計算してみたいと思います。
10万円を実質年利14%で60日間借りた場合、以下で算出できます。
(10万円×14%÷365日)×60日 = 2,301円

もちろん、借り入れる金額や返済までの期間によって、利息は増えていきます。
計算は非常に面倒なのですが、各キャッシング会社のホームページではシミュレーション機能を用意しています。
借入金額と返済金額などの簡単な情報を入力すれば、簡単に利息を計算できます。

プロミスの金利は安い!

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性におすすめ!プロミスレディーのWEB申し込み↓

プロミスは、様々なサービスを展開しているキャッシング会社です。クリーンなイメージも強く、多くの利用者がいます!
そんなプロミスですが、金利の安さも魅力の一つとなっています。
プロミスにおける実質年利は、4.5%~17.8%となっています。
プロミスでは、最大500万円までの融資を受けることができるのですが、500万円融資された場合に最低金利の4.5%が設定される可能性が高いです。
逆に、最大金利の17.8%は、50万円以下の比較的低額な融資に適用されることが多いです。

プロミスでは、初契約時にはいきなり500万円の融資を行うことはまずありません。
また、50万円以上の融資または他社と含めて借入残高が100万円を超える場合は、契約時点で収入証明書類の提供が必要となります。

どこの消費者金融でも、最初は低額融資からスタートして、徐々に増額していくのがスタンダードな流れです。
これは、キャッシング会社としても実際に取引して信用を築かないと、リスクが高いためです。

最初に金利を設定しても、融資額の増額が行われると、その分だけ金利は低下します。
増額に関しては、利用状況や自己申告などで増額に向けての審査を行い、承認されると実際に増額されて金利も見直しされます。

プロミスにおける金利に関しては、17.8%という上限金利がポイントになります。
これは比較的低額な融資の場合に適用されるのですが、この数字は他のキャッシング会社と比較して低い数字となっています。
よって、100万円以下の融資を受けたい場合などには、絶対的に上限金利が安いプロミスがお得です。

更に、プロミスでは無利息キャッシングという仕組みがあります。
利息を30日間無料でキャッシングでき、初回契約時とプロミスポイントサービスによって利用できます。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

レイクの金利

レイクでは、4.5%~18.0%の金利を採用しています。
プロミス同様に500万円までの融資を受けることができるのですが、上限金利はプロミスと比較して見劣る印象です。

ただ、レイクでは2つの返済方法を採用するなど、きめ細かいサービスを展開している印象があります。
また、提携ATMの利用手数料がかからないので、細かな点の積み重ねでは他社よりお得になる可能性があります。

更に、レイクでは2つの無利息キャッシングがあります。
1つはスタンダードな30日間無利息ですが、もう1つは180日間5万円を無利息で借りることができるプランです。
いづれも初回のみ限定ですが、是非とも活用したいプランとなっています。

レイクのWEB申し込みはこちら↓

SMBCモビットの金利

SMBCモビットでは、ローン金利は3.0%~18.0%に設定されています。
3.0%というのが非常に低く感じますが、これは800万円まで借り入れることができるために、低く設定されているのです。
よって、他社との金利水準とはほぼ変わらないものとなっています。

SMBCモビットは、2017年12月から三井住友銀行グループの一員になりました。
ただ、無利息キャッシングキャンペーンが用意されていないので、導入が期待されます。

モビットのWEB申し込みはこちら↓

アコムの金利

アコムでは、SMBCモビットと同じく金利を3.0%~18.0%に設定しています。
初心者にもわかりやすく、限度額に応じた金利をホームページに掲載しているのが特徴です。
また、シミュレーション機能も充実しているので、初心者でも利用しやすい会社です。

アコムでは、以前は無利息キャッシングは期間限定で行われていたのですが、今では常設キャンペーンとして実施しています!

アコムのWEB申し込みはこちら↓

アイフルの金利

アイフルにおいては、金利は4.5%~18.0%に設定されています。スタンダードな設定で、特にやすいと感じることはありません。
ただ、アイフルでは、女性専用キャッシングなどのオリジナル商品が多いのが特徴です。

また、無利息キャッシングもあるので、有効利用すればお得にキャッシングが可能です。

アイフルのWEB申し込みはこちら↓

安さを求める前に利用する目的を明確に!

いかがでしたでしょうか?
キャッシングを単純に数字だけで比較すると、たしかにお得かもしれません。

ただ、ご自身が利用を希望する金額などに応じて、お得な会社は異なります。まずは、利用する目的を明確にした上で、キャッシング会社を選んでいきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 便利なキャッシングのご利用方法について

  2. キャッシングの利息を最安で利用する

  3. 無断で他人に自分名義の借金をされたらどうなるのか

  4. 家族にバレずにキャッシングする方法

  5. キャッシングを分割払いで返済する方法

  6. 生活費のキャッシングはリスクあり!

新着記事

新着記事

PAGE TOP