女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






いくらまで借りられる?キャッシングの限度について

記事更新日:2019年12月16日
記事公開日:2015年9月21日


突然の出費などでお金が必要になり消費者金融でお金を借りたいけれど、一体いくら借りられるのか、限度を知りたいと思っている方もいらっしゃると思います。
こちらの記事では消費者金融でのキャッシングの限度額について、ご紹介していきたいと思います。

キャッシングの限度額

消費者金融各社では、借り入れの限度額を次のように設定しています。

  • プロミス … 500万円
  • アイフル … 500万円
  • レイク  … 500万円
  • アコム  … 800万円
  • モビット … 800万円

この金額は契約できる最高の金額であり、誰もがこの金額まで借りられるわけではありません。
実際に借りられるそれぞれの限度の額は、審査によって決定します。

では審査はどのように行われるのでしょうか?
実は審査の詳しい内容については、各社とも公表はしていません。
ですからどのような条件であればいくら借りられる、というようなハッキリした事はここでは申し上げられません。

ただひとつわかっている事があります。
審査の際には自分の年収を申告しますが、消費者金融では他社との借り入れも含めて、年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないと法律で決められています。(貸金業法 総量規制)
ですから契約の限度となる額は、どんなに多くても年収の3分の1以内という事になります。
尚、契約希望額が50万円を超える場合や、他社の借り入れを合わせると100万円を超える場合には、契約の時点で収入証明書の提出が求められます。

実際には初めて利用する場合には、50万円が限度になる事が多いようです。
ただし、その後の取引に応じて限度額は増減する事があります。

また、自分で限度額の増額の希望を出す事もできます。その際には再度審査を行い、認められれば限度の額は増額されます。

実際にキャッシングできる限度の額を知るには

実際には自分がいくらを限度額に設定された契約ができるかの限度を知るためには、審査の申し込みを行い、審査結果として契約限度額を聞くしかありませんので、事前に正確な限度額を知ることはできません。

審査の申し込みはどこの消費者金融の会社でもWEBで簡単にできます。多くある消費者金融の中から特にお勧めなのがプロミスです。
理由は多くあるのですが、そのうちの一つをご説明しますと、プロミスでは初めて利用する方に、初めての利用日の翌日から30日間無利息サービスを行っているからです。

それなら他の消費者金融でもやっているのでは?と思った方もいるかもしれませんが、実はプロミスの無利息サービスと、他社の無利息サービスでは大きな違いがあるのです。
それは無利息サービスのスタートする日です。

プロミスの無利息サービスがスタートする日は「初めて利用した翌日から30日間」です。
例えば今日契約を行い、1週間してから初めてキャッシングを利用するというケースでは、その利用日の翌日から30日の間、無利息期間となります。

一方でその他の消費者金融の無利息サービスのスタート日は「ご契約の翌日から」になります。
ですから同じように今日契約して1週間後に初めてキャッシングを利用した場合には、無利息サービスの残り期間は1週間減ってしまうという事になるのです。
契約してすぐにお金が必要な方には良いかもしれませんが、全ての方がその日や翌日にキャッシングするとは限りません。
そういった意味でプロミスの無利息サービスは大変親切な設定と言えます。

プロミスへの申し込み

こちらでは、プロミスに申し込みする方法をご紹介したいと思います。
プロミスへの申し込みはWEBが断然お勧めです。
パソコンやスマホ・または携帯から、自分が都合の良い時間に申し込みが出来ることと、申し込みから借り入れまでの流れを効率よく進めることができるからです。

手順1 申し込みフォームへの入力

ホームページに用意されている申し込みフォームには2種類あり、自分に合う方を選べます。
ひとつめが「カンタン入力」、もうひとつが「フル入力」です。

カンタン入力を選んだ場合には、最低限の情報を入力する事によって仮審査を行い、その後にプロミスから電話が掛かってきて、本審査に必要な情報をそこで伝える事になります。
入力があまり得意ではない方や面倒な方、また電話で相談したい事がある方には、こちらのカンタン入力がお勧めです。

一方の「フル入力」は、最初に本審査に必要な情報を全て入力する事になります。ですから基本的に電話が掛かってくる事はありません。
入力が苦にならない方、電話が掛かって来るのは煩わしいという方はフル入力がお勧めです。

手順2 審査結果の連絡

審査の申し込みをしたら結果が来るまで待ちます。
プロミスは審査時間を最短30分としていますが、これはプロミスが審査と審査結果の連絡を行っている9時から21時の間(平日・土日祝日とも)の話です。
この時間帯以外の時間に申し込みを行った場合、審査はすぐには行われません。
審査の結果はメールか電話で連絡が来ますが、どちらが良いかは申し込み時に自分で希望を出すことができます。

手順3 契約

契約には自動契約機で行う方法と、WEBで行う方法があります。

自動契約機での契約は、平日や土日祝日にかかわらず9時から22時まで手続きができます。
さらにその場でカードを受け取れますので、それを使ってすぐにキャッシングが可能なのです。

WEBで契約を行う場合には、平日の14時までに手続きが完了する場合は、その日のうちに振り込みによるキャッシングができます。
希望の口座にキャッシングするお金を振り込んでもらう事になるので、実際お金を手にするためには銀行等に行く必要があります。
平日以外の場合や、平日でも14時までに間に合わない場合には、WEB契約でその日のうちにキャッシングする事は出来ません。

【契約に必要な書類(何れかひとつ)】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+1点(住民票等)

この他に契約希望額が50万円以上の場合や、他社からの借り入れを入れると100万円以上になる場合には、収入証明書も必要になります。
必要書類を持って自動契約機に行ったら、機械の指示に従って操作すれば簡単に契約は完了します。

わからない事や、疑問点などは備え付けの電話でプロミスのオペレーターに聞く事が出来ます。
尚、WEB契約の場合にはこれらの書類は、スマホのカメラやデジカメで写真に撮って、メールなどで送信する事になります。

プロミスでのお金の借り方

プロミスでのキャッシングには、カードを使って借りる方法と振り込みで借りる方法があります。

カードを使って借りる

カードを使える場所と時間は次の通りです。

  • プロミスATM       … 平日・土日祝日とも7時から24時まで
  • コンビニ等の提携ATM   … 提携先による
  • 三井住友銀行ATM     … 店舗による
  • その他金融機関ATM     … 各銀行による

このうちプロミスのATMと、三井住友銀行のATMでは手数料がかからずにキャッシングする事が可能です。

振り込みで借りる

インターネットで会員ページにログインすると、振り込みキャッシングの依頼が出来ます。
振り込みの場合には、いつでも手数料は無料です。
申し込みする時間によって、振り込みまでに掛かる時間が異なります。

  • 平日0時から9時の受付け     … 当日9時30分頃振り込み
  • 平日9時から14時50分の受付け  … 受付完了から10秒程度で振り込み
  • 平日14時50分から24時の受付け  … 翌営業日9時30分頃振り込み
  • 土日祝日0時から24時の受付け   … 翌営業日9時30分頃振り込み

三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座に振り込みを依頼する場合は、いつでも申し込みから約10秒で振り込まれます。(サービス停止時間を除く)

キャッシングの限度の額についてのまとめ

  1. 消費者金融の会社によって契約限度額の上限は異なる
  2. 自分がいくらまで借りられるかという限度は審査によって決まる
  3. 初めて利用する場合には、限度額は50万円以内に設定される事が多い
  4. 貸金業法の総量規制によって、年収の3分の1以上は借りられない
  5. 実際にいくら借りられるか限度を知るには審査の申し込みをしてみる
  6. プロミスであれば契約して日にちが空いてからのキャッシングでも、無利息サービスを30日間丸々受けられる
  7. プロミスに申し込みをする場合には、WEB申し込みが便利

監修者(松村勝宜)のアドバイス

消費者金融でキャッシングできる限度額について、各社の比較も交えながら、具体的な申し込み手順と合わせてお伝えしました。
ただし、覚えておいていただきたいのは、「借りられる金額」と「借りても余裕をもって返していける金額」は異なるということです。
当たり前のことですが、お金を借りると金利分を上乗せして返していかなければなりません。
うまく借り入れできて目先の手元資金が増えても、日々の生活が苦しくなっていくとしたら、本末転倒です。
まずは少額でもよいので給料の一部から毎月定額をコツコツ積み立てることから始め、突然の出費などでお金が必要になったときにも、余裕をもって対応できるようにしておくことが、何より大切なことです。

監修者(松村勝宜)プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 気をつけるべき借り入れトラブルについて

  2. キャッシングローンの審査って厳しいの?

  3. はじめてキャッシングを利用する方へ

  4. 日本以外の国の「金融事情」って?

  5. キャッシングで作った借金は自己破産できない?

  6. 急にお金が必要になった時のキャッシングの仕方

新着記事

新着記事

PAGE TOP