知っていると便利なキャッシングのコツ

キャッシングを初めて利用するような場合には、先にしっかり調べる事で、できるだけ損をしない使い方が出来ます。
こちらの記事では、キャッシングの初心者の方のために損をしないための基本的な知識をお伝えします。

圧倒的に審査が早い!初めての方でも操作が簡単!

プロミスの便利なWEB申し込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

プロミス

キャッシングの審査に落ちないためのコツ

まず審査の流れについてご説明します。

  1. 必要な個人情報を提出(インターネット経由等の方法)
  2. コンピューターで審査基準をクリアしているか確認
  3. 人の目で詳細情報を確認
  4. 審査結果の連絡

このような流れになっています。

まずネットなどの申し込みフォームに必要事項を入力する事になりますが、その時点で審査基準がクリアしているかどうかを、コンピューターが簡易審査という形で行います。

例えば職業についていなくて収入がなかったり、申し込み基準の年齢に達していない又は過ぎているというような場合には、この時点で審査の先に進む事はできなくなります。
では、ここで審査から落とされないためにはどうしたら良いのでしょうか。

正しい情報を伝える

最初の入力で自分の情報は正しく伝えるようにして下さい。
審査に落ちないようにと年収を多めに申告したり、働いていないのに勤務先の虚偽の申告をしたりすれば、必ずばれて審査に通れなくなります。

収入がある事

消費者金融ではその人の年収の3分の1以上の金額を貸す事は出来ないという決まりがあり、従って年収がゼロであれば必然的にお金を借りる事は出来ないという事になります。

申し込みの条件として安定した収入があるという事になっている金融機関がほとんどのため、収入があるかどうかは審査に通る大きなポイントとなります。

返済する意志がある事

金融機関でお金を借りると、信用情報機関にその情報が記録されます。
過去に返済が滞った事があったり、債務整理を行った事がある人はその情報も金融事故記録としてある一定の期間は残る事になります。その事故記録が残っている間は、新たなキャッシングの申し込みをしたとしても、審査に通る事は出来ません。

また現在も多数の金融機関から借り入れをしている人や、その借金の返済のために借りるようなケースでは、返済の意思がないのではないかと思われ、審査に落ちる事があります。

即日キャッシングをするコツ

どうしても急いでお金が必要な事があり、申し込みをしたその日にキャッシングをしたいと考える方もいるでしょう。
そのような場合には、即日キャッシングを行っている消費者金融を調べて申し込みを行なうようにしましょう。
その際に必要なものや情報は次の通りです。

【必要なもの】

  • インターネット環境
  • パソコンまたはスマホ
  • 運転免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類
  • 銀行口座

【必要な情報】

  • 氏名・住所・居住年数・居住形態・家族構成等
  • 勤務先・年収・従業員数等

これらを揃えて申し込みをするわけですが、その際には次のポイントに気を付ける事で、確実にその日のうちにお金を手にする事ができるでしょう。

インターネットから申し込みをする

パソコンやスマホなどを使ってインターネット経由で申し込みをする事で、スピーディーに処理が進みます。

出来るだけ午前中に申し込む

先程もお話ししましたが、申し込みの後には審査が行われ、それに通らなければお金は借りられません。
短時間の審査を謳っている消費者金融の会社もありますが、それはあくまでも最短時間であって、ケースによってはもっと時間が掛かる場合もあります。

絶対にその日のうちにお金を手にしたいと思うのであれば、少なくとも午前中には申し込みを済ませるようにしましょう。

平日に申し込みをする

例えば銀行振込でお金を借りたいと思った時には、銀行が稼働している平日の昼間の時間帯に申し込みをする必要があります。
また休日であってもカードを作る事によって、即日キャッシングが可能な場合もありますが、平日よりも時間が掛かるケースも多い為、平日の申し込みの方が迅速な処理が可能です。

利息を増やさないためのコツ

消費者金融でのキャッシング利率は、18%程度のところがほとんどです。

【10万円を30日間年利18%で借りた時の利息】
10万円 × 18% ÷ 365日 × 30日間 = 利息1,479円
このように借りていた日数分の利息を支払う事になっています。
この利息を増やさないためのコツをご紹介します。

借りるお金を必要最低限にする事

当然のことながら、借りる金額が多ければ多いほど発生する利息も多くなります。
ですから例えば必要なのは80,000円だけれど、念のため100,000円借りておこうなどという使い方は、無駄に利息を増やすことになるためお勧め出来ません。
必要最低限の額を借りるようにしましょう。

なるべく早く返す事

先程もご説明したように、利息は借りていた日数分を支払う事になります。
返せる目途が付いたら、返済日を待つ事なく、出来るだけ早く返してしまいましょう。

プロミス

関連記事

  1. 消費者金融と銀行と信販会社のキャッシングの違いは

  2. 1社以外のキャッシングの利用について

  3. 押さえておくべき返済ポイント

  4. 他社から借り入れが6件以上している人は新規で即日融資が出来るのか?

  5. 専業主婦だけど借り入れをしたい!

  6. キャッシングを利用する流れ

新着記事

PAGE TOP