事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






キャッシングの即日返済について

キャッシングの即日返済

お金を借りたその日のうちに返済する「即日返済」について、解説してまいります。

キャッシングの即日返済は可能?

キャッシングと言っても、どこでお金を借りるかによって即日返済が出来るかどうかが変わって来ます。

たとえば、クレジットカードについているキャッシング枠を使ってお金を借りた場合は、即日返済は出来ないと考えてよいでしょう。
毎月の決められた引き落とし日での返済のみとなり、一括返済であってもその日までの利息を日割りで支払う必要があります。

一方、消費者金融や銀行のカードローンを利用した場合には、借りたその日に返済する即日融資が可能です。

即日返済した時の利息

お金を借りたら利息を付けて返すのは当然の事ですが、借りたその日に返済した場合はどうなのでしょうか。

実はお金を借りた当日は、利息の計算期間に含まれないという事が、法律で決められています(民法第140条)
ですから、即日返済した場合には利息の支払いは不要という事になります。

即日返済が可能な時間帯

借りた当日にお金を返す「即日返済」をする場合には、借りた金融機関の営業時間内に返済する必要があります。
そうすれば、利息は発生せずに元本のみの返済で済みます。

こちらでは例として「レイク」の返済可能時間帯をご紹介します。

レイクの返済可能時間
返済方法返済可能な時間帯特徴
インターネットバンキング365日24時間
(メンテナンス時間を除く)
金融時間営業時間外でも返済がすぐに反映。
レイクATM平日・土曜日:7時30分~24時
日曜日・祝日:7時30分~22時
毎月第3日曜日:7時30分~20時
年中無休。
(一部店舗で異なる場合あり。)
提携ATM(コンビニ等)月曜日:5時~23時50分
火・水曜日:0時10分~23時50分
木曜日:1時30分~23時50分
金・土・日曜日:0時10分~23時50分
メンテナンスや設置先の営業時間で利用時間
が異なるケースあり。
銀行振り込み平日15時まで営業時間を過ぎた振込みは、翌営業日扱いになる。
金融機関によって取引可能時間が異なる。

即日返済を確実に行うためには、利用する金融機関の返済可能時間を、しっかりと確認してから行う必要があります。

キャッシングの即日返済にお勧めの方法

借りたお金を即日返済したいという場合、どんな方法が最も良いか考えてみたいと思います。

返済方法として銀行口座からの返済を選ぶ場合、インターネットバンキングを利用するのがお勧めです。
インターネットバンキングは、パソコンやスマホまたは携帯電話があれば、24時間どこからでも返済手続きが出来ます。
銀行やATMに行かれない方でも、すぐに返済が可能で大変便利です。

一方、現金で返済したい方には、キャッシングした会社の窓口やATMからの返済をお勧めします。
コンビニは今やどこにでもあり、銀行や消費者金融のATMよりも行きやすく利便性が高いと言えますが、手数料が掛かるという点でお勧め出来ません。(詳しくは後述。)

即日返済のメリット

キャッシングしたお金を即日返済するメリットは、何よりも利息を支払わなくて良い事です。

利息制限法の上限金利
借入額上限金利(実質年率)
10万円まで20%以下
10万円から100万円まで18%以下
100万円以上15%以下

利息の計算方法は次の通りです。

利息 = 借入額 × 金利 ÷ 365日 × 借入日数

こちらの借入日数には、借りた当日は含まれません。
ですから、借りたその日に全額返済すれば、どんなに高額を借りたとしても利息が0円です。

逆に、例えば10万円を金利20%で借りたとして、翌日返済した場合には約55円の利息が掛かる事になります。
借入金額が多ければ多いほど、1日で多くの利息が発生する事になりますので、即日融資のメリットは大きくなります。

即日返済のデメリット

即日返済には利息が掛からないという大きなメリットがありますが、返済方法によっては手数料が掛かってしまうというデメリットがあります。
慌てて即日返済すると、利息以上の手数料が掛かってかえって損してしまう事にもなり兼ねませんので、その点注意が必要です。

返済時の手数料
返済方法手数料注意事項
口座振替無料振替日が決められているので、即日返済は不可
キャッシングした会社の窓口・ATM無料営業時間外は返済不可
提携ATM(コンビニ等)有料提携先・金額によって手数料は異なる
振込み有料金融機関や金額によって手数料が異なる
インターネットバンキング無料インターネットバンキングへの事前申し込みが必要

このように、提携ATMからの返済や振込みによる返済の場合には、手数料が発生してしまいます。
コンビニATMからの返済を例にすると、1万円までの取引で100円(税別)、1万円以上の取引では200円(税別)の手数料が必要になります。

借りた金額によっては、急いで即日返済してこれだけの手数料を支払うよりも、翌日に手数料なしで返済した時の利息の方が、安く済むという事もあると思います。
即日返済する際には、手数料についても良く考慮した上で行う必要があります。

また最近では初めて利用する方に向けて、一定期間の無利息サービスを設けている消費者金融の会社も多いです。
そのようなサービスを利用すれば、即日返済しなくても一定期間の間は利息は0円です。

土日祝日の即日返済

近年は、土日祝日であっても、即日に融資してくれる消費者金融が増えていますが、即日返済についてはどうなのでしょうか。

土日祝日でも即日融資と即日返済が出来る消費者金融の会社

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット

これらの消費者金融の会社では、土日祝日であっても即日融資や即日返済が可能です。

深夜の即日返済

インターネットバンキングを利用すれば、深夜であっても即日返済の手続きが可能です。
またコンビニ等にある提携ATMも、深夜まで営業している所では、即日返済が出来るでしょう。

即日返済がお勧めの方とそうでない方

即日返済は利息が掛からないという点において大きなメリットがありますが、お勧め出来る方とそうでない方がいらっしゃいます。

即日返済がお勧めの方

利息を支払いたくない方

出来れば1円でも利息を支払いたくないとお考えの方には、即日返済はお勧めです。

借金に抵抗のある方

お金を借りるという事に強い抵抗のある方もいらっしゃると思います。
そういう方は、即日返済ですぐに返してしまった方が精神的な負担も軽くなるでしょう。

忘れっぽい方

忘れっぽい方は、借りたお金の返済日や借入先などを忘れてしまう可能性があるので、目途がついたらすぐに返してしまう事をお勧めします。

即日返済をお勧めしない方

お金に余裕がない方

お金に余裕がないのに無理して即日返済をしても、結局またお金が足りなくなり借り入れをする事になってしまいます。
それでは手間が掛かるだけですので、そういう方には即日返済はお勧め出来ません。

パソコンが苦手な方

即日返済の方法で最も便利なのが、インターネットバンキングを利用する方法です。
24時間いつでもどこからでも返済出来る上に、手数料も掛かりません。

しかしパソコンが苦手な方や扱えない方には、インターネットバンキングの利用は難しいと言えるでしょう。

家のすぐ近所にキャッシングした会社の窓口やATMがあれば問題なく返済出来ますが、そうでない場合には手数料を支払ってまで、即日返済するメリットはありません。

即日返済が出来るお勧めの消費者金融の会社

即日返済が出来る、お勧めの消費者金融の会社を、2つご紹介します。

プロミス

プロミスは借り入れ限度額は他の消費者金融の会社よりも低くなりますが、店舗数の多さやコンビニの端末で返済出来るなど、手数料を掛けないで返済出来る方法の多さが、他の消費者金融の会社よりも秀でています。

借入限度額500万円
無利息期間初回借入日の翌日から30日間(初回のみ
返済方法 店舗窓口
プロミスATM
口座振替・振り込み
提携ATM・コンビニ
インターネット
インターネットバンキング対応金融機関三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
総量規制対象
店舗数有人店舗:18
自動契約機:1167
主な提携ATM三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
対応コンビニ端末ローソン・ミニストップ(Loppi)
ファミリーマート(Famiポート)
アコム

アコムはPay-easyが利用出来る金融機関に対応しておあり、インターネットバンキングからの返済がしやすくなっているのが特徴です。

借入限度額800万円
無利息期間契約日の翌日から30日間(初回のみ
返済方法店舗窓口
アコムATM
口座振替・振り込み
提携ATM・コンビニ
インターネット
インターネットバンキング対応金融機関Pay-easy利用可能
金融機関
総量規制対象
店舗数有人店舗:39
自動契約機:1065
主な提携ATM三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
その他の提携先クレディセゾン

まとめ

キャッシングしたお金をその日のうちに返す「即日返済」は、利息が掛からないという大きなメリットがあります。

ただし手数料に注意して行わないと、ケースによっては翌日以降に返済する利息よりも、大きい負担となってしまう事もあります。
また、即日返済が向いている方とそうでない方もいるので、よく検討した上で行う事が大切です。

監修者のアドバイス

即日返済をすれば利息を発生させずに借り入れを行うことができ、一時的な資金不足を補うことができます。

しかし、あくまで借り入れですので、返済を忘れたり、返済ができなかったりすると予期していなかった利息が発生してしまいます。

返済方法によっては手数料が発生してしまうこともあります。
利用する金融機関の利用可能時間・返済可能時間や返済方法などをよく確認したうえで利用しましょう。

監修者プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 消費者金融・信販会社と銀行のキャッシングの違いは

  2. 他社の借り入れがある人が別の消費者金融でも借り入れは可能?

  3. 無職でもキャッシングの審査に通る方法があるというのは本当?

  4. キャッシングやローンの種類

  5. 属性が審査では重視される

  6. 日本以外の国の「金融事情」って?

新着記事

新着記事

PAGE TOP