スマホで利用できるキャッシングについて

スマホでキャッシングが出来ると聞いたけれど、具体的にどうすれば借りられるか知りたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「スマホでキャッシング」というと、様々な誤解をなさっている方もいるようです。
例えば、「スマホを担保にしてお金を借りられる」と思っている方や、あるいは「スマホを新規契約するとお金を借りられる」などと思っている方までいるという事です。
もちろん「スマホでキャッシング」というのは、そういう意味ではありません。

こちらの記事ではスマホでキャッシングするという事について、正しい情報を解説したいと思います。

スマホでキャッシングの誤解

【誤解1 スマホを担保に入れて融資を受ける】
何か価値のあるものを担保にしてお金を借りるというのは、問題のある方法ではありません。
よくあるケースとしては、大きなお金を借りる際に不動産を担保にするなどという事があります。
もしも借りたお金の返済が出来なくなった時には、担保に入れていた不動産は債権者の手に渡る事になります。
しかし「スマホでキャッシング」というのは、スマホを担保に入れて借金するという意味ではありません。

【誤解2 スマホを新規契約するとキャッシング出来る】
これは誤解というより、この手の話があったら詐欺ではないかと疑ってかかった方がよいでしょう。
スマホの新規契約をしてくれれば指定の金額を融資すると言ってスマホを契約させ、そのスマホを郵送させた後、音信不通になるという詐欺が横行しています。

このようにして契約させたスマホなどは、犯罪に使われる事もあります。
さらに契約後に詐欺であると気付きスマホを解約しようとしても、解約の違約金などが自己負担になってしまう事もありますので、十分な注意が必要です。

もし実際にスマホを担保にお金を貸すという話があったとしても、それは契約書の上での話であり、最初からスマホを渡すという事はあり得ません。
怪しいと思ったらすぐに手を引くようにして下さい。

スマホでキャッシングの本当の意味

「スマホでキャッシングできる」の本当の意味は、スマホを使ってキャッシングの申し込みや契約が出来るという事です。
スマホを使いこなす若い世代の方にとっては、もしかしたら当たり前だと思われる事かもしれませんが、従来キャッシングの申し込みは紙の申込書や契約書への記入や捺印などが必要でした。
それを郵送でやり取りしていたわけですから、手間も時間も掛かったわけです。

それが今ではスマホとインターネット環境さえあれば、申し込みや必要書類の提出と契約、さらには実際の借り入れや返済まで、すべてが手元で行えるようになっているのです。
そんなに簡単に使えたら、つい借りすぎてしまうのではないかと心配する方もいらっしゃいますが、実際にはスマホで残高照会などもできますのでかえって管理しやすく、使い過ぎの抑制効果もあるようです。
興味のある方はぜひお試しください。

プロミス

関連記事

  1. もしも返済が遅れてしまった場合って?

  2. 借金を清算する手段である債務整理をご存知ですか?

  3. 属性が審査では重視される

  4. キャッシングは1,000円単位で利用が出来ます

  5. 返済が全て終わった後にはどうするか

  6. キャッシングを利用すると信用情報に傷はつくのか?

新着記事

新着記事

PAGE TOP