女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






個人事業主の方向け借り入れについて

30日間無利息サービスが利用できるプロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

個人事業の方はお金を借りることは出来るのでしょうか?
結論を先に書くと、借りることが可能です。しかし、サラリーマンの方と比較すると個人事業の方の場合は審査の際にマイナス評価になる部分も多くあります。

当サイトでは、個人事業主の方がお金を借りる際に知ってると便利な情報をご紹介します。

事業者向けローンとは

個人事業をしている人に向けてのローンが、一般の人の『通常のローン』と違う部分は、それは『総量規制』の対象となっていない点にあります。

個人が利用するカードローンには『総量規制』が適用されているため、『年収の3分の1以上』は借りることができません。
しかし個人事業主向けのローンはこれが適用されていないため、より大きな金額を借り入れることが可能となります。

事業の為にまとまった金額が必要だ、という方に最適のローンが個人事業主向けのローンであると言えるでしょう。

事業目的のお金でないなら、消費者金融や銀行カードローンがおすすめ

個人事業を営む方でも当然、事業資金以外に「どうしても急ぎでお金が必要だ!」・・・そんなシチュエーションもあると思います。
上記のような『個人事業主向けローン』ではなく、一般的な用途に必要なお金を借りるなら消費者金融や銀行カードローンを利用することができます。

事業用ではなく一般的な利用目的でお金を借りるなら一番オススメなのは、『消費者金融』もしくは『銀行カードローン』などの『個人に向けた借り入れ』です。

個人事業の方が、「消費者金融」や「銀行カードローン」で「一般的な借り入れ」をする際に注意するべき点

  1. 個人事業をしている方に向けた事業資金を融資するサービスではないため『事業性資金(事業を行う上での資金)』としては利用できないという点。
  2. もしも借入を行う際に『用途』について聞かれた場合は『事業性資金ではない』と回答する必要があります。

『個人事業をしている人』として融資を受ける場合は、審査は難しくなります。その中でも『銀行カードローン』は審査を通るのが難しいので、審査通過率で選ぶなら消費者金融がベターです。

もしも事業向けではない『個人向けの借入』だったとすれば、現在他の消費者金融や銀行などから借りておらず、なおかつ限度額が『50万円以下』であるなら『収入証明の書類』も出さなくても審査を受けることが可能です。

また、その日中に即日で借りることができる消費者金融が多いというのもの大きなメリットです。
ただ申し込み前には、即日融資の条件を各社のホームページなどでしっかりチェックしておきましょう。

しかも大手消費者金融は概ね『無人契約機』を設けています。WEB申し込みと無人契約機を併用することによって、土日祝日でもスピーディーに即日融資ができる所も数多くあるのです。
土日祝日でも急ぎで借りたいなら、午前中など早い時間にWEB申し込みをしておき、審査が通ったらスグに無人契約機に行く事によってカードを作って、融資が実現できます。

30日間無利息サービスが利用できるプロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

『一個人』として借りる場合と、どう違うのか?

個人事業を営む立場として『借入』を行う場合は、サラリーマンなどの「一個人」として借りる場合と条件が違ってきます。
銀行や消費者金融関係なく、カードローンの申し込みに必要な書類は

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類】

この2つです。

1つ目の『本人確認書類』については個人事業をしている人でもフリーター・サラリーマンでも変わりはありません。
問題は2つ目の『収入証明書類』です。これはそれぞれの消費者金融や銀行によって、求められる書類が違ってくるのです。

会社員やアルバイトなどであれば収入証明は『給与明細』『確定申告書』『源泉徴収票』といったもので事足ります。
しかし個人事業を営む立場となると『納税証明書』といった公的機関から受け取る書類が必要とされる場合があります。

また『在籍確認の方法』についても、一個人と個人事業をしている人では違いがあります。
サラリーマンなどの一個人の場合は『在籍証明の提出』を行うことによって『電話での在籍確認』をせずに審査に通ることもありますが、『個人事業主』として申し込む場合は、確実に自分の会社に『在籍確認の電話』が掛かってきます。
これは在籍の確認に加えて『会社がちゃんと営業しているかどうか』の意味合いもあるようです。
もしも借入を行っていることを従業員であったり周囲に知られたくない場合は『必ず自分が電話に出られる状況』で申し込みをしましょう。
とは言っても、在籍確認時に消費者金融名などをそのまま名乗って電話してくるような気が利かない会社は、大手の消費者金融やカードローンにはありませんので、あまり神経質に考えなくてもよいのではないでしょうか。

30日間無利息サービスが利用できるプロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

プロミス

関連記事

  1. キャッシングを内緒でする方法

  2. はじめてのキャッシングは心配!どんな目的で利用できるの?

  3. 押さえておくべき返済ポイント

  4. いくらまで借りられる?キャッシングの限度について

  5. 上手な返済プランとは?

  6. 来店不要で借り入れができる会社は?

新着記事

新着記事

PAGE TOP