キャッシングは学生でも条件付きで可能!その条件やメリット・デメリットは?

「バイトの給料が入るまであと1週間あるけど生活費がピンチ。」
「どうしても行きたいコンパがあるのに、お金がない。」
このように、学生の方でもどうしてもお金が必要になるという事はあると思います。

家族に借りられたらいいですが、一緒に暮らしているとは限りませんし、何回も重ねれば小言の一つも言われ、気まずくなる事もあるでしょう。
そんな時のために、学生も利用する事が出来るキャッシングについてご紹介していきます。

学生がキャッシングするための条件

大手消費者金融では、学生に限らず、一般的に融資には次のような条件があります。

  • 満20歳以上である事。
  • 毎月定期的に安定した収入がある事。

ですから満20歳以上で、アルバイトなどで定期的に安定した収入があれば、キャッシングが認められる可能性があります。

学生キャッシングのメリットとデメリット

学生がキャッシングを利用する事によるメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

  • お金のピンチが乗り越えられる。
  • 原則、親など家族に連絡が行かない。(無駄な心配も掛けなくて済む。)
  • 基本的に就活などに影響しない。

デメリット

  • 毎月必ず返済が必要である。
  • 計画的に利用する必要がある。
  • アルバイトなどをしている場合、原則、勤務先へ在籍確認のための連絡が行いく。

お金を借りたからには、当然毎月返済する必要があります。
そのためにも計画な利用は避けて通る事は出来ません。
学生の借入限度額は、一般的に10万円程度であると言われていますが、10万円借りられるからと言って、無計画にお金が足りなくなったら借りるというのを繰り返しているようでは、いずれ返済に困るようなケースも出て来てしまいます。
お金を借りれば、当然利息が掛かります。
大した額ではないと高をくくっていると、積もり積もって大きな金額になってしまう事もあります。

学生キャッシングの正しい使い方

不況という言葉が聞かれるようになって久しい日本では、学生へ親からの仕送り額は年々減少傾向にあります。
中には学費から生活費まで、全て自分のアルバイトの給料で賄っているという学生の方もいらっしゃるのです。

親からの援助を期待する事が出来ず、尚且つ授業がある中でのアルバイトにも限界はあるでしょう。
そんな時にどうしてもお金が必要になった場合には、どうしたら良いのでしょうか。
大きな大学の近くには学生ローンの会社が店舗を構えていますので、そちらを利用するという方法もあります。

ただし、基本的に土日祝日などはお休みで、店舗数は少ない上に借り入れや返済も店舗に出向く必要がある会社もあり、使い勝手はそれほど良いとは言えないかもしれません。
ですからお勧めとしては、テレビCMや電車の中吊り広告などでも有名な、大手消費者金融のキャッシングを利用する方法です。

先述の通り、満20歳以上でアルバイト収入があれば一般的には利用が可能です。
大手消費者金融では、全国に無人店舗を構えていますし、コンビニのATMでもいつでもお金を借りたり返したりが出来ます。
中には消費者金融からお金を借りるのは怖いと考える方もいると思います。
返済の事を考えると心配になってしまう気持ちは良く理解出来ます。
しかし最近では、返済日が近くなるとメールで通知してくれるサービスや、自動的に自分の銀行口座から返済金が引き落とされるサービスもあり、返済を忘れてしまう事を未然に防ぐ事が可能なのです。

そして特記すべき点としては、消費者金融のキャッシングの利息は、利用した日数分しか掛からないという事があります。
例えば明日アルバイトの給料日だけれど、どうしても今日必要な出費があるという場合、今日借りて明日給料が入ったらすぐ返せば、支払う利息は1日分という事です。

短期とはいっても利息が掛かってしまうことは事実ですし、利息が安いと感じてしまうことでズルズルとそのまま借り続けてしまうことのないように注意するようにしましょう。

まとめ

学生のキャッシングについてまとめてみましょう。

いざという時に味方になる

学生の方でもお金が急に必要になるという事はあります。
そんな時に学生でもキャッシングが利用出来るという事を知っていれば安心です。
電話などで親に事情を説明してお金を用立ててもらう事が出来れば良いですが、そう出来ない方も多いでしょう。
また友人などからの借金も、後々トラブルになり兼ねません。

借りる前に確認する事

支払う事になる利息や返済の計画、また返済方法については事前にしっかり確認しておきましょう。
キャッシング会社から提示される借入限度額にかかわらず、自分が無理なく返せる額を借りるようにする事が大切です。

どこで借りるか

一般的には大手の消費者金融が安心度は高いかもしれません。
聞いたこともないような会社は避けた方が良いでしょう。
一見親身になってくれているようでも、もしかしたらヤミ金融である可能性も排除できません。
そのような会社からお金を借りてしまうと、法外な金利が掛けられたり、返せなかった時に違法な取り立てをされたりしてしまう危険性もありますので、くれぐれも気を付けて下さい。

自分に合った会社を見つける

大手の消費者金融はいくつかありますが、それぞれ異なったメリットがあります。
例えば、コンビニのATMでお金を借りる時、手数料が免除になる会社や、一定期間無利息の期間がある会社などがあります。
その中から自分に合った会社を選ぶ事が大切です。

注意するポイント

無理な返済計画は危険です。余裕をもった返済計画を立てましょう。
また審査無しと謳っているような、怪しい会社からは絶対にお金を借りてはいけません。
大手の消費者金融では担保は必要ありませんから、逆に担保が必要というような会社は怪しいと言えます。
最後になりますが、返済が延滞をしないように十分気を付けて利用するようにしましょう。

監修者のアドバイス

学生でも消費者金融から簡単にお金を借りることができる時代です。

しかし、簡単、便利にキャッシングが利用できるからと言って、安易にお金を借りようとするのではなく、本当に借りる必要があるかどうかをよく考えたうえで、どうしても借りる必要がある場合は、借入金額や金利、返済日など返済計画を立て、無理のない範囲でお金を借りるようにしましょう。

監修者プロフィール

プロミス

関連記事

  1. 知り合いに「お金を貸して」と言われたら

  2. 失敗する人には共通点がある!キャッシングで失敗しないために覚えておくこ…

  3. 返済が全て終わった後にはどうするか

  4. どうしても審査は必要?

  5. 無職でもキャッシングの審査に通る方法があるというのは本当?

  6. キャッシングの便利な返済方法「口座自動引き落とし機能」について

新着記事

新着記事

PAGE TOP