女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






急にキャッシングしたい!そんな時に気になる時間を紹介します

急にお金が必要になることはよくある話です。
特に、冠婚葬祭などではすぐにでもまとまったお金を借りたいけど、そうたやすく借りることはできません。
そんな時に便利なのがキャッシング会社です。

ただ、キャッシング会社といってもすぐにお金を貸してくれるわけではありません。
各社で微妙に借りることができる時間が異なります。

また、店舗やATMでの借り入れとインターネット経由での借り入れで、お金が手に入る時間も異なります。
では、代表的な店舗、ATM、インターネットの3つの方法で当日借り入れたい場合、借りることができるのでしょうか?

いづれの方法で借りるにせよ、一番最初はWEBから申し込みをして一次審査を受けるのが最短で手続きが進む!

まず一番最初に理解しておくことは、審査通過後にカードを使ってATMからお金を引き出す場合でも、インターネット手続きによりご自身の銀行口座に融資金を振り込んで貰うにせよ、初めて消費者金融を利用する方は最初の一次審査の申し込みをWEBから申し込むことが、その後の流れを効率的&スピーディーに進めることが出来ます。

ですので、初めての方はWEBで審査を申し込むことをおススメします。

ポイント! ⇒ 最初の申し込みはWEB申し込みがオススメ

申し込みから借り入れまでの流れ

初めてキャッシングを利用する方の場合、申し込みから借り入れをするまでの流れも知っておきましょう。

会社により若干の違いはありますが、以下がWEB申し込みから借り入れをするまでの流れになります。

  1. WEB申し込みして一次審査を受ける
  2. 審査通過後に、WEBもしくは自動契約機もしくは店舗窓口にて書類を提出し
    (ここで書類審査・・・実質的な二次審査)
  3. 書類(審査)通過後に契約をする
  4. 借り入れをする

※WEB申し込みをおすすめする利用は多くありますが、
WEB申し込みをして審査通過後にWEBでそのまま契約完了・銀行口座への融資金の振り込み依頼まで出来るWEB完結の利用も出来るだけではなく、契約は自動契約機で行うことが希望の方の場合でも、わざわざ自動契約機まで足を運んで審査に落ちてしまうと時間の無駄になってしまいますし、
審査に自信がある方の場合でも、WEB申し込み後に自動契約機へ向かうことで、審査時間を移動時間に充てることが出来て効率的です。
最短30分の審査ですが、実際の審査時間に1時間や2時間以上かかってしまう場合も珍しくありません。
審査時間を自動契約機内や近くで待つのはストレスもかかりますし、何より時間の無駄です。

効率的&スピーディーに進める為に是非WEBでのお申込みをご検討下さい。

プロミスでキャッシング出来る時間は?

プロミスの店舗でキャッシングをする場合は、10:00~18:00の間で利用が可能です。
※但し、初めて利用する方の場合は、営業終了時間までに審査に通過して、契約を完了させておく必要があります。
プロミスの店舗は、土日祝日は営業していませんのでご注意ください。

プロミスATMの場合は、7:00~24:00と更に営業時間が長くなっています。

ちなみにWEB申し込み⇒審査通過後に無人契約機で契約をする場合の営業時間は9:00~22:00までとなっており、休業日も元旦のみですので便利です。
契約完了後は、併設されているATMでキャッシングが可能になります。

他にも、提携ATMによるキャッシングの場合は更に利用し易い環境となっています。
プロミスの場合は、コンビニATMを利用すればコンビニの営業時間内であれば、時間内に審査に通過して契約を完了しておけば当日キャッシングが可能です!

プロミスの店舗を探しに行く必要がなく、近くのコンビニに駆け込めばよいのですから、とてもお手軽です。
但し、条件によっては手数料がかかるので、その点はご注意ください。

いづれの方法でキャッシングをするにせよ、初めてご利用される方は、最初の申し込みはWEBから進めてください。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

同じく、インターネットによる口座振込の申し込みも、24時間対応しています。
但し、これはあくまでも申込みの受付だけでなく、申請しても振込されるタイミングは異なります。

一般的な銀行を振込先に指定すると、月から金曜までの0:00~9:00に申請すると9:30頃、9:00~14:50ですと最短10秒、それ以降は翌営業日の9:30までの対応となります。

また、土日祝日に申し込むと、翌営業日9:30頃の振込になります。
24時間営業しているのに、とてももったいないイメージがありますが、実はプロミスでは特定銀行のみの優遇措置があります。

それは、三井住友銀行とジャパンネット銀行のみに対応する瞬フリサービスです。
瞬フリサービスでは、曜日関係なく24時間いつでも瞬フリサービス受付から10秒程度で指定口座への入金が完了します!

銀行営業日が過ぎた後でも、当日キャッシングを行いたい時にはとても便利ですね!
但し、毎週月曜日0時~7時、元日は終日、そして各銀行の指定時間はサービス停止となりますので、注意して利用してください。

プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

レイクの場合は?

レイクをご利用される場合も、最初の申し込みはWEBから進めることが断然おすすめです。
審査通過後はプロミス同様にWEB完結でご自身の銀行口座へ融資金を振り込んで貰うことも可能ですし、審査通過後に自動契約機で必要書類を提出して、契約をすることも出来ます。

契約が完了すれば、以下の時間内にキャッシングが可能です。

レイクATMの場合は、平日と土曜日は7:30~24:00、日曜祝日は7:30~22:30まで営業しています。
硬貨の取り扱いもしているので、とても便利です。

提携ATMの場合は、コンビニに主に設置されています。
プロミス同様に、コンビニの営業時間内であればいつでもキャッシングが可能です。
但し、曜日によっては日付が変わる時間帯で数十分程度の休止がありますので、よく確認が必要です。

インターネットでのキャッシングは、月曜日の場合は1時~24時、火曜日~日曜日の場合は0時15分~24時まで申込可能です。
但し、プロミス同様に平日14時45分以降や土曜日・日曜日・祝日になる場合は、翌営業日の対応となるので注意が必要です。

モビットの場合は?

モビットをご利用される場合も、最初の申し込みはWEBから進めることが断然おすすめです。

審査通過後はプロミス同様にWEB完結でご自身の銀行口座へ融資金を振り込んで貰うことも可能ですし、審査通過後に自動契約機で必要書類を提出して、契約をすることも出来ます。

契約が完了すれば、以下の時間内にキャッシングが可能です。

ATMは、平日は8:00~21:00、土日も同様に8:00~21:00までの営業時間となっています。
曜日関係なく営業時間を設定しているのが特徴的ですね。

提携ATMを利用する場合は、一部メンテナンス時間を除いてほぼ24時間の利用が可能です。
但し、日曜日の21時以降は利用できないのが、他社と異なる点です。

インターネット申し込みに関しては、24時間いつでも申し込みができますが、対応する銀行口座の営業時間内に振り込まれることになります。

モビットのWEB申し込みはこちら↓

アコムの場合は?

アコムをご利用される場合も、最初の申し込みはWEBから進めることが断然おすすめです。

審査通過後はプロミス同様にWEB完結でご自身の銀行口座へ融資金を振り込んで貰うことも可能ですし、審査通過後に自動契約機で必要書類を提出して、契約をすることも出来ます。

契約が完了すれば、アコムATMでは24時間いつでも利用が可能です!
これは、他のキャッシング会社にはないとても便利なサービスとなっています。
同様に、コンビニATMでも24時間年中無休で利用できます。

インターネット申込みに関しては、基本的には振込先の銀行営業時間内での対応となります。
但し、楽天銀行の口座をお持ちの方であれば、24時間いつでも最短1分で振込対応していただけます。
どうしても夜中にキャッシングしたい場合は、とても便利ですね。

アコムのWEB申し込みはこちら↓

アイフルの場合は?

アイフルをご利用される場合も、最初の申し込みはWEBから進めることが断然おすすめです。

審査通過後はプロミス同様にWEB完結でご自身の銀行口座へ融資金を振り込んで貰うことも可能ですし、審査通過後に自動契約機で必要書類を提出して、契約をすることも出来ます。

契約が完了すれば、以下の時間内にキャッシングが可能です。

ATMの場合、アイフルATMでは7:00~23:00、提携ATMを利用すれば24時間年中無休でキャッシングが可能です。
インターネット申込みの場合は、銀行口座の営業時間に左右され、営業時間外に申し込むと翌営業日に振込対応されます。

アイフルのWEB申し込みはこちら↓

プロミスが便利!

いかがでしたでしょうか?
各キャッシング会社で、微妙に振込対応の時間が異なることがご理解いただけたかと思います。
その中で、瞬フリサービスがありインターネット上でほぼリアルタイムで振り込まれるプロミスが特におすすめです!

特に、当日中に振込を希望される場合は、是非この点も考慮してキャッシング会社を選択してください。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングの便利な返済方法「口座自動引き落とし機能」について

  2. キャッシングの申し込み方と使い方を伝授!

  3. 生活費のキャッシングはリスクあり!

  4. キャッシングを利用する流れ

  5. 急にお金が必要になった時のキャッシングの仕方

  6. コンビニATMでキャッシングをする方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP