女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






はじめてのキャッシングは心配!どんな目的で利用できるの?

キャッシングとは一体何?

まずはじめに、キャッシングとは一体どんなサービスなのかについて紹介します。
キャッシングとは、一般的にクレジットカードの付属機能として存在しているキャッシング機能を使って、ATMなどでお金を借りることを意味します。
クレジットカードをよく見ると、クレジット枠とキャッシング枠というものがあります。
そのキャッシング枠を利用して、好きな時に限度枠内でお金を借りることができるのです。

また、クレジットカードだけでなく、キャッシング専用の会社があり、キャッシングサービスのみを利用することができます。
クレジットカードの場合は数十万円レベルのキャッシングができますが、キャッシング専門会社を利用すれば数百万までの利用ができます。
キャッシングの特徴として、翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いで金利は高めという点があります。

キャッシングを利用するには、まずはキャッシング会社との契約を行う必要があります。
契約には、審査を受ける必要があり、審査を合格すると晴れてキャッシングを利用することができます。
すぐに利用できるわけではないので、注意が必要です。

どんな目的でキャッシングできるの?

ローンの場合は、例えば住宅ローンや自動車ローンなど使用目的が限定されるのが一般的です。
一方で、キャッシングの場合は基本的に契約時に目的を伝える必要がありますが、それが許可されればどんな用途でも利用が可能です。
主な目的としては、レジャーや習い事、旅行、冠婚葬祭費などがあります。

レジャーでキャッシングを使用しようと思った場合、本当に契約してくれるの?と心配になりますが、キャッシング会社ではレジャー目的で利用することも許可しているところがあります。
もし使用目的が明確になっている場合は、利用する会社を選ぶ際のファクターにする必要があります。

プロミスの利用方法は?

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓

プロミス

では、メジャーなキャッシング会社のキャッシング利用方法について紹介します。
最初に紹介するのは、人気の高いキャッシング会社であるプロミスです。
プロミスでは、WEBや店舗、無人契約機などで契約を行えます。
効率よく契約する方法として、WEBで契約だけ済ませて店舗でプロミスカードを発行する方法がおすすめです。

また、プロミスの場合は学生やパート、アルバイト、そして個人事業主の方でも利用できます。
利用目的に感しても、幅広い目的として利用が可能です。
個人事業主の方の場合は、事業目的としてのキャッシングは基本的に審査落ちする可能性が高くなります。

プロミスの場合はギャンブルや株などの目的での利用を申請すると、審査落ちする可能性が高いです。
更に、借金の返済のためという理由も、心象的にあまり良くないので審査で不利になります。
他では、レジャーや冠婚葬祭などの理由であれば、審査では不利に働くことはありません。

どのキャッシング会社でも同じですが、審査時に利用目的を偽るのは厳禁です。
しっかりと正しい情報を提供して審査を受けるようにしてください。
契約が確定すれば、あとはカード発行が必要であればカード発行の手続きを行い利用開始できます。

プロミスでは、プロミスカードを利用して店舗やATM、提携ATMなどでキャッシングが利用可能です。
コンビニにある提携ATMを利用すれば、手数料はかかりますが24時間いつでもキャッシングできるのが魅力的です。
他にも、インターネット経由で指定口座への入金も可能です。
更に、三井住友銀行とジャパンネット銀行を口座指定すれば、銀行の営業時間に関係なく24時間いつでも即座にキャッシングを行えます!

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓

プロミス

レイクの利用方法は?

レイクにおいても、利用目的を審査時にチェックを受けます。
プロミス同様に、ギャンブルや株などの目的でのキャッシングは審査落ちの可能性が高いです。
また、個人事業主でも契約を行うことができるのですが、事業の運転資金としての申請では、借金の返済と同様にみなされて審査落ちする可能性があります。

その他の条件としては、借金の返済以外では基本的にどのような目的でも利用が可能です。
レイクでは、契約が完了してカードを発行すると、店舗や無人契約機、ATMなどでキャッシングができます。
レイクの特徴として、提携ATMを利用しても、利用額に関係なく手数料はかかりません。
頻繁にキャッシングを利用する方の場合は、レイクがおすすめできます。

インターネットによるキャッシングも、様々なデバイスからの申し込みが可能です。
但し、銀行の営業時間内に申請しないと翌営業日の振込となりますので注意しましょう。

SMBCモビットの利用方法は?

SMBCモビットでは、キャッシングの利用契約を行う際に10の項目から利用目的を選択肢ます。
生活費や教育資金などの項目がありますが、その他もあり自由記入も可能です。
基本的に、選択できる項目に対しての融資は可能ということを意味しています。

この結果を基に審査が行われ、契約が完了するとキャッシングを利用することができます。
SMBCモビットは三井住友銀行のATMを利用することで、手数料無料でキャッシングをすることができます。
これは、返済でも同様ですので、安心して利用することができますね。
提携ATMが多いのも魅力的に感じます。

モビットのWEB申し込みはこちら↓

アコムの利用方法は?

アコムでも、インターネットでキャシング契約手続きをする際に、10の利用目的項目から選択することになります。
飲食や交際費という項目があるので、幅広い利用が可能ということが言えますね。
また、アコムでは事業資金としての利用も認められてているのも特徴です。

契約が完了すると、アコムATMや店頭窓口、インターネット、コンビニエンスストアなどでキャッシングができます。
返済に関しては、口座引き落としも可能となっているので、返済忘れを防止することも可能です。

アコムのWEB申し込みはこちら↓

アイフルの利用方法は?

アイフルでは、目的別ローンという形で様々な商品が用意されています。
例えば冠婚葬祭や医療、日常生活、レジャーなどの商品があり、自分の目的に合ったものから選ぶことができます。
契約時には、適切な商品を選択して申請し、審査が合格したら利用することができます。

アイフルでも、提携ATMやインターネットなどの方法でキャッシングが可能です。
また、返済に限定されますがコンビニにあるメディア端末からの利用も可能となっています。

アイフルのWEB申し込みはこちら↓

利用目的を明確に!

いかがでしたでしょうか?
はじめてキャッシングされる場合は、その利用目的や方法が非常に悩むものです。
契約時には、正直に自分の利用する目的を明確にして、審査を受けるようにしましょう。
また、自分の目的に合った会社を選ぶことも重要ですね。

プロミス

関連記事

  1. 知っていると便利なキャッシングのコツ

  2. キャッシングの利息を最安で利用する

  3. キャッシングで金利の安い会社はここだ!

  4. 闇金業者は「断固NG!」

  5. キャッシングで審査がない業者は?審査が無いのは安全?それとも危険?

  6. 生活費のキャッシングはリスクあり!

新着記事

新着記事

PAGE TOP