女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






みずほ銀行カードローンの気になる在籍確認について詳しく解説します

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

もしもの時の金欠のピンチを解決することができるサービスが、消費者金融や銀行が提供する『キャッシング』です。
計画的に、このキャッシングを活用することによって、突然の急な出費のピンチも切り抜けることができます。

しかし、キャッシングのサービスを利用する上で、ほぼ必ず通らなければいけない関門、それが『勤務先への在籍確認』です。
この在籍確認は、利用者の信用問題を確かめる上でも、どの会社でもほぼ確実に行われる手続きですが、その確認方法はキャッシング会社ごとに、若干の違いがあります。

そこで当サイトでは、金利の安さと『WEB完結』のサービスが特徴である『みずほ銀行カードローン』の在籍確認の方法について紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はどんな方法?

在籍確認は必須だが、配慮をしてくれる

多くのキャッシング会社やカードローンが勤務先への在籍確認(電話での連絡)が必要なように、みずほ銀行カードローンにおいても在籍確認は避けられない手続きです。
ちなみに電話の確認を行うのは、みずほ銀行の社員ではなく、みずほ銀行カードローンの保証会社であるオリコ(オリエントコーポレーション)という会社です。
しかし、みずほ銀行カードローン(オリコ)は、利用者がキャッシングをしているという事を同僚などに悟られないように、配慮した在籍確認を行ってくれます。
具体的には、確認の電話は『担当者』の名前で連絡してくれるので、みずほ銀行、カードローンといった単語を避けるように気を遣ってくれるのです。

確認電話とは、どのような会話なのか?

では、オリコからは、実際にどのような内容で電話が掛かってくるのでしょうか。これは担当者の個人名で、申込者である貴方に電話を変わってくれるようにお願いするといった内容の電話です。「田中と申しますが、◯◯(貴方の名前)さんはお目見えでしょうか…」といった切り出し方ですね。

ポイント・・・ 確認の電話は個人名でかかってくる

もしも勤務先の人が怪しんで「どういったご用件ですか?」と聞き返した場合にも、オリコの担当者さんにどのように答えてもらうのかも、こちらから指定することも可能です。「来週の打ち合わせの件で・・・」等といった回答をしてくれる訳です。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

自分自身が電話に出た場合

『借り手である自分自身』がオリコからの確認の電話に出るというケースも勿論考えられます。
自分自身がオリコからの電話に出た場合は『氏名・生年月日・住所』といった事を確認される場合が多いようです。

この時、こっちが焦って電話対応をしてしまうと、勘の良い同僚に「借金でもするのかな?」と悟られてしまう可能性もあります。お金を借りる事を周りに知られたくない場合は、堂々と受け応えをするように心掛けましょう。

後で電話について会社の人に尋ねられた時には、気の利いた言い訳を前もって考えておくのが望ましいですが、「生命保険の会社からの連絡だった」というような回答を用意している人が多いようです。

このように、みずほ銀行カードローンでは『勤務先への在籍確認』というのが必須となります。
しかし利用者のプライバシーにも配慮して、銀行や、その保証会社だと分かるような電話の掛け方はしてきませんので、安心する事ができます。※あくまで『勤務先の情報に間違いはないか』を確認するために在籍確認を行っていますので、在籍さえ間違いなく証明できれば、それで完了です。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

それでは次に、みずほ銀行カードローンでの借り入れの利用方法について紹介していきましょう。

みずほ銀行カードローンでの借り入れの利用方法について

みずほ銀行カードローンを利用するには銀行口座が必要

みずほ銀行カードローンを利用する為には、『みずほ銀行の普通預金口座』が必要となります。

もし口座をお持ちの方であれば、スマホやパソコンなどからすぐに申し込みが可能となっています。
しかも、ご利用限度額が200万円以下であれば、書類の提出も無しでカードローンを利用開始できます。
このようにWEB上のみでキャッシングのサービスを開始できる登録方法を『WEB完結』と呼びます。

WEB完結では、今持っているみずほ銀行のカードに、そのまま借り入れの機能を付けることができますので、契約さえ完了すれば、これまでのカードを使って、すぐにみずほ銀行のATMや、コンビニなどにある提携ATMで借り入れを行うことができます。

口座を持っていない方でも窓口まで行けば開設できる

もしみずほ銀行の口座を持っていない方でも、ネットでカードローンの申し込みを行うことは可能です。
しかし、みずほ銀行カードローンを利用するためには、口座を持っている事は必須事項です。

ですが、無ければ作れば良いわけで、みずほ銀行の店頭窓口が営業している15時までであれば、直接窓口まで行くことによって、口座の開設を行うことができます。

ポイント・・・ みずほ銀行の口座が無くても、窓口に行けばすぐに口座開設が可能!

『本人確認書類』と『印鑑』があれば、ネットで申し込みを行った後に、すぐにそれらを手にして、みずほ銀行の窓口まで行く事によって、口座を開設し、申し込みの審査さえ通過すればカードローンを利用することができます。
しかし銀行は土日祝日は休みですので、その点には注意が必要です。

また、当日中に口座を作ることは可能ですが、口座作成日に受け取れるのは通帳のみで、カードは郵送での受け渡しとなります。
カードが到着するまでには1~2週間は掛かりますので、即日融資を行うためには、まず融資金を開設した口座に振り込んでもらい、
発行してもらった通帳と印鑑を持って窓口まで行くことによって、カードが無くても融資金を引き出すという方法を取る必要があります。
もちろん、この手続きは銀行の営業時間内に行わなければならないので、いずれにせよタイムリミットは『15時』となります。そのため、カードローンの審査にかかる時間などを考えると、即日融資は『時間との戦い』と言えるでしょう。

もしも口座を持っていないけど即日融資をしたい、という方は、まず真っ先に申し込みを行うことが重要です。

オススメな方法は、まず先にスマホやパソコンでネットの申し込みを済ませておき、申し込みが完了したら本人確認書類と印鑑を持って、みずほ銀行の窓口へと急ぎ、事情を説明して口座の開設を急いでもらうという方法です。

ネットでの申し込み後の審査が進んでいる間に、銀行で口座開設の手続きを行うことによって、時間のロスを省くことが出来て、即日融資も可能になります。

本人確認書類について

カードローンの申し込みと口座の開設を行うためには、『本人確認書類』が必要となります。(※WEB完結申込で希望のご利用限度額が200万円以下の場合は不要)

『本人確認書類』として下記のいずれか一点を用意します。

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. パスポート(写真およびご住所のページ)
  4. 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  5. 印鑑証明書
  6. 在留カード
  7. 特別永住者証明書

収入証明書類について

『200万円を超える限度額』を希望の方は、以下の収入証明書類も、いずれか一点が必要となります。

  1. 源泉徴収票
  2. 住民税決定通知書または課税証明書
  3. 納税証明書(その1・その2)
  4. 資金使途を証明するもの

まとめ

以上が、みずほ銀行カードローンの在籍確認についてと、借り入れの際の注意点についての紹介となります。
在籍確認は勤務先に電話がかかってくるのがネックではありますが、あくまで利用者の方が勤務先に在籍しているかを確かめるためだけのものですので、プライバシーに配慮した対応を行ってくれます。

当サイトの情報を役立てて、無事キャッシングをして頂けたらと思います。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミス

新着記事

新着記事

PAGE TOP