女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






みずほ銀行の仮審査と最速の借り入れ方法

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

カードローン会社で借り入れをする上で必要となるもの、それは『審査』です。
多くのカードローン会社では、審査を『仮審査』と『本審査』の2つに分けている所が多く、両方の審査を通過することによって、借り入れができるようになっています。

では、みずほ銀行も他の会社のように2つの審査をするのでしょうか?

当サイトでは、カードローンの中でも大手である『みずほ銀行カードローン』の仮審査についての解説と、借り入れを行うための手順について紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの仮審査について

ではまず最初に、みずほ銀行カードローンの仮審査について説明していきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査は仮審査の1つだけ

みずほ銀行カードローンも、他のカードローン会社同様に、申し込み後に行われる審査を『仮審査』と表現しています。

ホームページに申し込みフォームを設置し、個人情報や現在の収入、過去や現在の借り入れ履歴などを入力して、その内容を元に審査を行うというのも、他の多くのカードローン会社と同じです。

しかし、他のカードローン会社の仮審査と比べて違う点は、みずほ銀行カードローンは、仮審査が完了したら『融資契約の手続き』という流れになっている点です。

仮審査と表現はされていますが、これ以外に審査がないことや、この審査に通過すればそのまま融資の手続きが進むことから『みずほ銀行の仮審査は実質的に本審査である』と考えられます。

みずほ銀行カードローンでは、仮審査の申し込みが完了した後、勤務先への『在籍確認の電話』が掛かってきます。
電話は担当者の個人名でかかってきますので、会社の方が電話にでても不自然に感じることはないでしょう。

この在籍確認は、申し込み時に入力した勤務先に在籍しているかを確認するための手続きです。
勤務先が確認でき、申し込み内容にも問題がなければ、『必要書類の登録』や『本申込書類の送付と返送』といった、契約に向けての手続きへと以降します
(申し込み方法ごとの手順については、後半で詳しく解説します)。

もちろん申込書や必要書類の提出の段階で不備が見つかった場合は、契約まで行きつくことは出来ませんが、みずほ銀行カードローンの場合は『仮審査』の段階で、契約上で重要な手続きを終えていると言えます。

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

では次の項目では、みずほ銀行カードローンを利用する上での注意点について紹介していきましょう。

みずほ銀行カードローンを利用する上での注意点

みずほ銀行カードローンを利用する上で、最初に知っておかなければならないのは『みずほ銀行の口座』を口座を持っていないと利用できないという点です。

口座をお持ちでない方は、
みずほ銀行カードローンへの申し込みはネットで行え、口座の開設も同様にネットでも可能ですが、ネットで口座の開設を申し込むと、開設されるまでに3~4週間掛かってしまいますので、口座の開設は『受付窓口』で行うのがお薦めです。(窓口で口座のお申し込みをすれば、すぐに口座を開設することが可能です)

一方カードローンの申し込みは受付窓口で申し込むと審査結果通知が『最短で翌営業日』であるのに対し、ネットで申し込むと『最短で即日』となっており、口座開設と比べ、終わるスピードが逆になります。

ここまでをまとめると・・・

みずほ銀行口座を持っていない方が、最も早く借り入れを行うためには、『ネットで申し込みを行い、銀行の受付窓口で口座を開設する』というのがベストな組み合わせとなります。カードの郵送は1~2週間かかりますが、それぞれの手続きが完了すれば通帳と印鑑を使う事によって受付窓口で借り入れが可能です。

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

次の項目では『みずほ銀行カードローンの2通りの申し込み方法』について紹介します。

みずほ銀行カードローンの2通りの申し込み方法

みずほ銀行カードローンの利用には『みずほ銀行の口座』が必要である事は、先ほど説明した通りですが、みずほ銀行カードローンへの申し込みは、みずほ銀行口座を持っているか持っていないかで手順と手続きが異なります。

それぞれの流れは後ほど説明するとして、まずは2つの申し込みの大まかな概要を紹介します。

1.みずほ銀行口座を持っていない場合(カード申込)

もしもみずほ銀行の口座を持っていない場合は、『みずほ銀行の口座』と『みずほ銀行カードローン』を、それぞれ申し込む必要があります。この2つはネットと銀行受付窓口のどちらでも申し込みが可能ですが、最も早く借り入れを行うためには上に書いた通りカードローンはネットで申し込みを行い、口座は銀行の受付窓口で開設するのがベストな方法です。

ポイント・・・

  1. カードローンはWEBから申し込む
  2. 口座開設は銀行窓口で申し込む

2.みずほ銀行口座を持っている場合(WEB完結申込)

もし既に、みずほ銀行の口座をお持ちでしたら、WEB完結申込を利用することが可能です。
この方法であれば、申込から借り入れまでの全ての手続きをスマートフォン、もしくはパソコンで行うことができます。
また、現在使っているみずほ銀行のキャッシュカードにカードローンの機能が追加されるので、新たにカードを発行する必要がありません。
さらに希望の限度額が200万円以下なら『本人確認書類』や『収入証明書』といった書類の提出も不要です。

どちらの方法でも申し込みは『ネット』がお薦めです

申し込みはネットで申し込むと何といってもスピーディーで簡単に進みますし、24時間いつでもスマートフォンやパソコンがあれば申し込みができる利便性と、早い時間に申し込めば即日融資も可能であるという点から、最もお薦めな申し込み方法は『ネットでのお申し込み』であると言えるでしょう。

では、次の項目では、それぞれの申込方法の手順を紹介します。

みずほ銀行口座を持っていない場合(カード申込)の手順

【1】ネットで申し込みを行います

まず最優先させなければならないのは申し込みです。
みずほ銀行カードローンはスマホもしくはパソコンなら24時間いつでも仮審査への申し込みを行う事ができます。
みずほ銀行カードローンのページへとアクセスし『みずほ銀行口座をお持ちでない方はコチラ』というボタンをクリックすることによって、申し込みを行うことができます。

申し込みはフォームでそれぞれの項目に入力し、すべての入力が終わったら送信(申請)します。

※口座を持っていない方が即日融資を行うためには、即日で口座の開設も完了させなければいけません。さらにこの方法で即日融資を受けるには『銀行での受付窓口』以外にありませんので、遅くとも『14時50分』までに融資金を窓口で引き出さなければならないという事を憶えておきましょう。

ですので、最初の申し込みをどれだけ早く行えるかという事は、とても重要なのです。

断然おすすめ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

【2】『必要なもの』を持ってみずほ銀行へと向かいます

申し込みが終わったら、みずほ銀行カードローンの保証会社により仮審査が行われますので、その間にすぐにお近くのみずほ銀行へと口座を開設させるために向かいましょう。

口座を開設させるために必要なものは、以下となります。

  1. 印鑑
  2. 本人確認書類

『本人確認書類』として有効なものは、以下からいずれか一点です。

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. パスポート(写真およびご住所のページ)
  4. 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  5. 印鑑証明書
  6. 在留カード
  7. 特別永住者証明書

上記の本人確認書類は、カードローンの申し込み時にも必要となります。

また、200万円を超えるカードローンの限度額をご希望の方は、以下の『収入証明書類』も必要となりますので、用意しておいてください。(以下のいずれかのうち一点が必要となります)

  1. 源泉徴収票
  2. 住民税決定通知書または課税証明書
  3. 納税証明書(その1・その2)
  4. 資金使途を証明するもの

受付窓口に着いたら、ネットでカードローンの申し込みを行い、急ぎで口座が必要であるという事を伝えましょう。
窓口でのお願いであれば、審査時間等についても優先してくれるなど、柔軟な対応を取ってもらえる場合があります。
可能であれば即日で借りたいという事を伝えることによって、カードローンの審査結果を電話で通知してもらう事が可能となります。

【3】みずほダイレクトに登録します

口座の作成と、カードローンの審査の通過が完了したら、いよいよ融資金の振り込みとなりますが、みずほ銀行カードローンからお金を振り込んでもらうためには、『みずほダイレクト』というサービスに登録する必要があります。

口座の開設が終わったら、このみずほダイレクトへの登録を行います。
もしくは、みずほダイレクトは店頭窓口で申し込みができますので、口座開設の際に申し込みを行っておくとスムーズです。

窓口以外でも、スマホのアプリや、ホームページから申し込みを行うことができます。ホームページの場合は、『かんたん残高照会』ボタンを押して初回登録を行い、かんたん残高照会のログイン画面のメインメニューから『みずほダイレクト新規申込』ボタンを選択し、画面の支持通りに必要事項を入力することによっても手続きを完結できます。

このみずほダイレクトの手続きを完了することによって、開設したみずほ銀行の口座に融資金を振り込んでもらう事ができます。

【4】口座の開設とカードローンの審査通過が済んだら融資金を振り込んでもらいます

みずほダイレクトに登録し、審査を通過することによって、作成した口座に融資金を振り込んでもらうことが可能となりましたので、希望する額の融資金を振り込んでもらいましょう。

【5】受付窓口で通帳と印鑑を用いて、口座のお金を引き出してもらいます

いよいよ最後の手順です。受付で発行した通帳と印鑑を使って、振り込んでもらった融資金を引き出しましょう。14時50分までにこの手続きを済ませることによって、即日融資が可能となります。

では次に『みずほ銀行口座を持っている場合(WEB完結申込)の手順』について紹介していきます。

みずほ銀行口座を持っている場合(WEB完結申込)の手順

みずほ銀行の口座をお持ちの方であれば、口座の開設の手続きが省かれるだけではなく、大幅にスムーズに借り入れまでの手続きを進めることができます。

【1】ネットで申し込みを行います

口座を持っている場合でも、最優先させなければならないのは申し込みです。
スマホもしくはパソコンであれば、24時間いつでも仮審査への申し込みが行えますので、借りたいと思った時点で、まず申し込みを済ませておきましょう。夜に申し込んだ場合でも、翌営業日に優先して仮審査の結果を知ることができます。

手順としては、カード申込同様にみずほ銀行カードローンのページへとアクセスし『みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ』(さっきとは逆の方です)というボタンをクリックすることによって、申し込みを行うことができます。

申し込みはフォームでそれぞれの項目に入力し、すべての入力が終わったら送信(申請)します。

[豆知識]限度額を200万円以下にすることで手続きを更にスムーズに!
できるだけ早く借りたい!という方であれば、申し込み時に設定する希望限度額を『200万円以下』にすることによって、本人確認書類や収入証明書類といった書類の提出が一切不要となります。

そこまで大きい限度額を求めていない方は200万円以下に設定するのが、スムーズに借り入れを行うポイントです。

【2】メールで審査結果をチェックします

申し込みが終わったら、みずほ銀行カードローンの保証会社による審査が行われます。
そして審査が終わると、メールで結果が送られてきます。同時に『必要書類登録用URL』もメールで送られてきますが、これは希望限度額が『200万円超』である方に対して本人確認書類と収入証明書類(上記参照)のオンラインでの提出を求めるものですので、限度額が200万円以内の方であれば関係ありません。

もし限度額が200万円を超えている方は、このURLから上記の該当する書類をスマホやデジカメで撮影したもの、もしくはスキャンしたものをアップします。

【3】契約完了のメールが届きます

限度額が200万円以下の場合は、書類の審査は省かれますが、200万円超えの限度額をご希望の場合は【2】で送った必要書類の確認が完了すれば、メールで契約完了の連絡がきます。WEB申し込みを利用する場合は、借り入れ専用のカードを発行するのではなく、現在使っている、みずほ銀行のカードに『借り入れ機能』を追加する事になります。

【4】今使っているみずほ銀行のカードで借り入れができます

契約が完了すれば、すぐに今持っているカードを使って、みずほ銀行ATM、そして提携しているコンビニのATMなどで即日の借り入れを行うことができます。

WEB完結申し込みで利用できるカードの形態は、説明したように、いま持っているみずほ銀行のカードにカードローン機能を追加する『キャッシュカード兼用型』です。

キャッシュカード兼用型は、借り入れ用のカードを持つ必要が無い、すぐに利用できる等、メリットの多いカードの形態ですが、もし「カードローン専用のカードが欲しい」という場合は、『みずほ銀行口座をお持ちでない方はコチラ』から申し込むことによって、カードローン専用型のカードを手にすることができます。

まとめ

以上が、みずほ銀行カードローンの仮審査についての説明と、大まかな申し込み方法の流れとなります。
説明したように、みずほ銀行カードローンの仮審査は『仮審査』と銘打ってはいますが、勤務先への在籍確認なども行いますし、他に審査はありませんので実質的に本審査だと考えてよいでしょう。

この記事を読んで、みずほ銀行カードローンに関心が出てきた方は、借り入れしなければならない状況になる前に、事前にみずほ銀行の口座を開設しておくのも良いかもしれません。

このサイトの情報が、皆さんの充実した生活に役立てれば幸いです。

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

関連記事

  1. 10万円を借りる為の間違いのない借り方

  2. みずほ銀行カードローンの気になる在籍確認について詳しく解説します

  3. みずほ銀行カードローンの失敗しない借り方

  4. みずほ銀行カードローンの失敗しない利用方法

  5. 千円単位で借り入れする具体的方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP