女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






みずほ銀行カードローンの失敗しない利用方法

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

「出来るだけ低い金利で借り入れを行いたい」そんな方にお薦めなのが、みずほ銀行のカードローンです。

消費者金融に比べて銀行カードローンというのはコマーシャルなどが少ないため、知らない方も多いですが、みずほ銀行のカードローンは金利が少ないころで知られているのです。
また最大手銀行のカードローンということもあり、安心して利用できることから人気も高いです。
本サイトでは、「口座なしでもみずほ銀行カードローンは利用できるのか?」という疑問への答えと、スムーズにみずほ銀行カードローンを利用して借りる方法について紹介していきます。

みずほ銀行カードローンは口座なしでも借りられるのか?

みずほ銀行は銀行カードローンという事もあり、銀行の口座が必要なのかどうかというのは、始めて利用される方にとっては気になる点ではないかと思います。

みずほ銀行のカードローンには口座が必要です

まず結論から言うと、みずほ銀行カードローンは口座なしでは利用ができません。
みずほ銀行カードローンを利用するためには、『みずほ銀行カードローンの普通預金口座を開設している』ということが絶対条件となってきます。

みずほ銀行の口座は窓口ですぐに開設できる!

「みずほ銀行の口座をもっていないから、みずほ銀行カードローンは利用できないの?」
そうお考えの方も安心してください。
口座を持っていなければ、作れば良いのです。

みずほ銀行の口座は、店舗窓口なら平日であれば、最短で即日で開設することが可能です。
口座さえ作れば、もちろんカードローンも契約すれば利用できますので、スピーディーに借り入れを行う事も可能となるのです。
みずほ銀行のキャッシュカードは郵送での受け取りとなるので、到着まで1~2週間かかりますが、もしその前に借りたいという方であれば、口座開設と同時に受け取った『通帳』と『印鑑』さえあれば、受付で振り込んでもらった融資金を引き出してもらうことができます。

このように、みずほ銀行カードローンは『口座なし』で利用することはできませんが、口座は最短で即日で開設することができるため、早く借りたいという方でも、手順通りに手続きを進めれば、スムーズに融資金を手にすることができます。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

では、次の項目では、スピーディーにみずほ銀行カードローンで借り入れを行うためには、どうすれば良いのか?について紹介します。

みずほ銀行カードローンでスピーディーに借り入れをするためには

カードローン申し込みだけはネットですぐに済ませておく!

上に書いたように、みずほ銀行の窓口で、口座の開設はスムーズに行うことができます。
その為、みずほ銀行の口座なしだけど急ぎで借りたいという方は、受付窓口に足を運んで口座を開設するのがベストですが、受付に行く前にカードローンの申し込みは先にネットで済ませておくのがスピーディーです。

みずほ銀行カードローンは、口座開設と同様、受付窓口でも行うことが可能です。しかし、窓口で申し込みを行う場合、審査回答時間は、原則翌営業日となっております。一方ネットでの申し込みの場合は、早い時間に申し込みを行うことによって、最短で即日の審査回答が可能となっています。

またネットでの申し込みはスマートフォンやパソコンさえあれば、24時間いつでも行うことができますので、「借りたい!」と思った時点ですぐに行動に移せ るのも大きなメリットです。
つまりスピーディーな融資のポイントは、まずネット申し込みを行い、申請したらすぐ銀行に向かうことであると言えます。

即日融資希望なら、午前中に申し込みをして銀行に向かう

もしも即日融資を考えている場合は、ネットでの申し込みおよび、銀行での口座開設の申請は午前中に済ませておくことが大事です。

口座を開設してすぐ借り入れを行うためには、受付窓口で振り込んでもらったお金を引き出してもらう必要があります。そのため窓口が対応している『14時50分』までに全ての手続きを完了し、引き出しを行う必要があります。

審査や口座開設、手続きの時間を考えると、即日融資を希望なら午前中には申し込みと口座開設手続きを行っておくのが望ましいです。

口座への振り込みでの借り入れには『みずほダイレクト』が必要

開設したみずほ銀行の口座に融資金を振り込んでもらうためには『みずほダイレクト』というサービスに登録する必要があります。
このみずほダイレクトは、ネットでの借り入れを行うためのサービスです。

みずほダイレクトは受付窓口でも申し込むことができますが、窓口以外でも、スマホのアプリや、ホームページから申し込みを行うことができます。ホームページの場合は、『かんたん残高照会』ボタンを押して初回登録を行い、かんたん残高照会のログイン画面のメインメニューから『みずほダイレクト新規申込』ボタンを選択し、画面の支持通りに必要事項を入力することによっても手続きを完結できます。

口座を持っている場合は『WEB完結申し込み』でスムーズに

もしも、みずほ銀行の口座を持っているという方であれば、みずほ銀行カードローンのページから『WEB完結申し込み』でカードローンの申し込みを行うことによって、カードローンの契約から、借り入れまでの手続きを全てウェブ上だけでスムーズに終わらせることができます。

また、借り入れの利用限度額を『200万円以内』に設定すれば、本人確認書類や収入証明書類といった『必要書類』の提出も不要となりますので、スピーディーに借り入れを行うことができます。

WEB完結申し込みの場合は、今持っているキャッシュカードにカードローン機能を加えることによって借り入れを可能としますので(『キャッシュカード兼用型』という名称です)、新しく借り入れ用のカードの発行なしで、契約が完了すれば、すぐに借り入れができます。

WEB完結申し込みは、みずほ銀行カードローンのトップページから『みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ』というボタンを押すことによって申し込めますので、みずほ銀行の口座をお持ちの方は、ご利用ください。

みずほ銀行カードローンの必要書類について

WEB完結申し込みで、限度額が200万円以内である場合は、書類なしで申し込みを行うことができますが、銀行口座なしで申し込みを行う場合は『本人確認書類』が必要となります。

また、利用限度額を200万円超で申し込む場合は『収入証明書類』も必要となります。
用意する直前になって困らないように、事前にしっかりと確認して、準備しておきましょう。

『本人確認書類』として有効なものは、以下からいずれか一点です。

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. パスポート(写真およびご住所のページ)
  4. 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  5. 印鑑証明書
  6. 在留カード
  7. 特別永住者証明書

利用限度額200万円以上で申し込む場合に必要な『収入証明書類』として有効なものは、以下からいずれか一点です。

  1. 源泉徴収票
  2. 住民税決定通知書または課税証明書
  3. 納税証明書(その1・その2)
  4. 資金使途を証明するもの

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

では次に、『口座が無い場合とある場合』のそれぞれの借り入れまでの手順について紹介していきましょう。

みずほ銀行カードローンでの借り入れ方法(口座の有無別に紹介)

借り入れまでの手順(口座がない場合)

【1】ネットでの申し込み
みずほ銀行カードローンのトップページから、『みずほ銀行口座をお持ちでない方はコチラ』のボタンをクリックして申し込みます

【2】申し込みフォームの記入と送信
申し込みの審査結果は通常、郵送で通知していますが、送信後『カードローン専用ダイアル』に電話して「急ぎで借りたい」という事を伝えることによって、審査結果を電話で伝えてもらうことが可能となります。また、急ぎであることを伝えることにより、審査や融資を早めてもらえる場合があります。

【3】審査中にみずほ銀行窓口まで行き、口座開設を行う
口座の開設には『印鑑』『本人確認書類(上記参照)』が必要となりますので、持参します。
店内で『みずほダイレクト』の申し込みを行いたい場合は、その旨を伝えましょう。
カードローンの審査は、短時間で終わる場合もありますが、時間が掛かる場合もありますので、銀行の近くのお店などで待機するのも一つの手段です。

【4】審査結果の通知
事前に電話での通知希望を伝えておくことによって、電話で審査結果の通知が来ます。
審査を通過したら【5】へと進みます。
 
【5】自分の口座に振り込んでもらう
みずほダイレクトに申し込むことで、融資金を自分の口座へと振り込んでもらえます。

【6】受付窓口でお金を引き出す
口座開設時に受け取った通帳と印鑑を持って受付に行き、振り込んでもらったお金を引き出しましょう。
即日融資を行うには『14時50分』までに申請する必要がありますので、注意が必要です。

借り入れまでの手順(口座がある場合)

【1】ネットでの申し込み
みずほ銀行カードローンのトップページから、『みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ』のボタンをクリックして申し込みます。

【2】申し込みフォームの記入と送信
すでに口座を持ってる場合は、申し込みの審査が終わったら、メールで結果が送られてきます。
同時に『必要書類登録用URL』も送られてきますが、これは希望限度額が200万円超の方以外は関係ありません。
希望限度額が200万円超の方は、このURLから『本人確認書類』と『収入証明書類』をスマホやデジカメで撮影したものを、もしくはスキャンしたものをアップロードして提出します。

【3】審査結果の通知
審査を通過したら【4】へと進みます。

【4】契約完了のメールが来る
限度額が200万円以下の場合は、書類審査は不要ですが、200万円超えの限度額をご希望の場合は【2】で送った必要書類の確認が完了すれば、契約完了の連絡がメールで来ます。WEB申し込みを利用する場合は、借り入れ専用のカードを発行するのではなく、現在使っている、みずほ銀行のカードに『借り入れ機能』を追加する形となります。

【5】今使っているみずほ銀行のカードで借り入れを行う
契約が完了すれば、すぐに今持っているカードを使って、みずほ銀行ATM、もしくは提携しているコンビニのATMなどで借り入れを行うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
以上が『みずほ銀行では口座なしで借り入れができるかの解説』、そして『みずほ銀行カードローンの利用方法』についての紹介となります。

みずほ銀行は口座なしでは利用することができませんが、窓口に足を運ぶことによって、最短即日で口座を開設させることができます。
できるだけ早くキャッシングを行うためには、早めの行動が決め手となりますので、このサイトを参考に、間違いのない手順で借り入れを成功させてください。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

関連記事

  1. みずほ銀行の仮審査と最速の借り入れ方法

  2. みずほ銀行カードローンの失敗しない借り方

  3. 10万円を借りる為の間違いのない借り方

  4. みずほ銀行カードローンの気になる在籍確認について詳しく解説します

  5. 千円単位で借り入れする具体的方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP