女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
アイフルビジネスファイナンス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






SMBCモビットでの千円単位の引き出しについて

10秒簡易審査のSMBCモビットはこちら↓

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

消費者金融での借り入れと聞くと、それなりの金額をイメージしがちですが、金欠というのは必ずしも大きな金額が必要な場合だけではありません。

例えば、大きな買い物をする際でも「あと2千円足りない・・・」というような事態は、日常的に良くある事です。
「2千円だけ借りたいけど、キャッシングでまとまった金額の引き出しを行うのは抵抗がある・・・」
そんな方に最適なのが、大手キャッシング会社の『SMBCモビット』です。

SMBCモビットでは千円単位のお金の引き出しが可能です

まず結論から言うと、SMBCモビットは『千円単位の融資金の引き出し』に対応しているキャッシング会社です。
しかし、全てのATMで千円単位で引き出せる訳ではありません。

それを知る上でも『SMBCモビットにはどんな借り入れ方法があるのか』について把握しておく必要があります。
SMBCモビットで借り入れをする方法は、大きく分けると、以下の2通りとなります。

SMBCモビットで借り入れをする方法

  1. SMBCモビットカードでの借り入れ(提携コンビニのATM、もしくは提携銀行のATM)
  2. 振り込みでの借り入れ(三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行)

このように、2種類の借り入れ方法があります。
まず、1のSMBCモビットカードでの借り入れですが、これも『千円単位の引き出しに対応している銀行(会社)のATM』であれば、千円単位の引き出しが可能となります。

次に、2の振り込みでの借り入れは『三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行』と利用口座が限定されますが、千円単位の引き出しを行うことが可能です。

しかし銀行口座への振り込みとなりますので、『土日祝日』や『平日の15時以降』は振り込みが翌営業日になってしまうというデメリットもあります。

ポイント!

  1. 『千円単位の引き出しに対応している銀行(会社)のATM』での借入れなら千円単位で可能
  2. 『三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行』への振り込みでの借入れなら千円単位で可能

SMBCモビットのお申し込みはこちら↓

SMBCモビットで千円 単位の引き出しができる銀行(会社)

SMBCモビットでの千円単位の融資に対応している銀行(会社)は以下の通りです。

三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、北洋銀行、プロミス、常陽銀行、仙台銀行、栃木銀行、大垣共立銀行、足利銀行、岐阜銀行、但馬銀行、十六銀行、もみじ銀行、西京銀行、トマト銀行、西日本シティ銀行、百十四銀行、親和銀行

このようにSMBCモビットは、カードを利用してのATMの借り入れの場合でも、大手の銀行や会社が対応しているので、便利に利用することができます。

借り入れを行うためには、まず『申込』が必要です

SMBCモビットに限らず、キャッシング会社でお金を借りるためには、ま ず『申込』を最初に行う必要があります。
2の『振り込みでの借り入れ』を利用する場合は、申込方法はスマートフォンもしくはパソコンなどでの『WEB完結申込』に原点されます。
一方、もう一つの『SMBCモビットカードでの借り入れ』の場合は、インターネットでの申込以外にも、郵送、電話、ローン申込機、などといった『幾つかの申込方法』から選ぶことができます。
しかし、これらの申込方法の中でも、最も便利なのは『インターネットでの申込(WEB申込)』です。

ポイント!SMBCモビットの最初の申し込みはネットからが便利!
※『WEB完結申込』も『カード申込』も最初はネットから申し込みましょう

この申込方法は、スマホやパソコンがあれば、365日24時間いつでも、何処にいても申込ができるので便利です。またSMBCモビットでWEB申込を行うと、申込画面上で、すぐに『簡易審査の結果』を知る事ができます。借りられる か借りられないかの判断をスピーディーに知ることができますので、無駄な時間も省くことが可能なのです。

SMBCモビットのお申し込みはこちら↓

では次に『SMBCモビットカード』と『振り込み』の、それぞれのお金の引き出し方法について、詳しく紹介していきましょう。

SMBCモビットカードでの借り入れの利用方法(平日、土日祝日問わず利用可能)

SMBCモビットカードを利用しての借り入れ(以下『カード申込』)の最大のメリットは、平日、土日祝日問わず即日でのお金の引き出しができるという点です。

即日での借り入れが『銀行の営業時間』に限定される振り込みでの借り入れとは違い、カード申込では、ローン申込機が営業している時間である『8:00~21:00』 の間であれば、平日・土日祝日問わずカードの発行を行うことができるのです。
つまり、それだけ『幅広い時間帯での借り入れ』が可能というのも、カード申込のメリットであると言えるでしょう。
では、カード申込の手順について、案内していきましょう。

【1】フォーム入力による『仮審査』

『カード申込』をインターネットで行う場合は、SMBCモビットのホームページから『カード申込』のボタンを押して申込画面へと進みます。
申込画面では、それぞれの記入項目をフォームより入力していきます。そして、全ての入力が完了したら、申込内容をSMBCモビットへと送ります。
フォーム入力で申し込んだ内容の『仮審査(簡易審査)』 は、申込画面上で、すぐに知ることができます。

【2】書類のチェックによる『本審査』

そして仮審査が完了したら、次に『必要書類(本人確認書類)』による審査である、本審査へと移ります。

本審査で必要な本人確認書類は、以下のうち何れか一点となります。

  1. 運転免許証の写し
  2. 健康保険証の写し
  3. パスポートの写し

上記の書類のうち一点を、スマートフォンやデジカメで撮影、もしくはスキャナーで読み込み、それをSMBCモビットへと送付します。
そしてこの本人確認書類をSMBCモビットがチェックし、問題なければ本審査の通過となります。

【3】カードを受け取る

本審査を通過したら『ローン申込機』もしくは『郵送』のどちらかの方法で、SMBCモビットカードを受け取ります。
郵送でのカードの受け取りだと、即日での引き出しが不可能となってしまいますので、即日融資をご希望の方はローン契約機でSMBCモビットカードを受け取るようにしましょう。
契約機での受け取りの場合は、契約 機の営業時間である『8:00~21:00』の間に、上記の本人確認書類を持って、カード申込機へと向かいます。
そして申込機で本人確認書類の照会を行うことによって、カードを発行することができます。

【4】ATMで千円単位の融資金の引き出し

カードを受け取ったらSMBCモビットの『提携コンビニのATM』もしくは『提携銀行のATM』で融資金の引き出しを行うことが出来ます。
千円単位の借り入れは、上に記載した『対応している銀行・会社』で可能です。

では次に、もう一つの借り入れ方法である『振り込みでの借り入れ』について案内していきます。

振り込みでの借り入れの利用方法(即 日融資の場合は平日の14:50までの手続き完了が必要)

『三井住友銀行』もしくは『三菱東京UFJ銀行』の口座限定の振り込みとなります。

振り込みでの借り入れ(WEB完結申込)は、銀行の営業時間内のみの振り込み反映となるので、即日での引き出しを希望なら、平日の14:50までに全ての手続きを完了させる必要があります。

WEB完結申込での借り入れのメリット、それは
『外に出ずに、家の中でも全ての手続きを完了することができる』
『書類は、すべて電子書面ファイルとなるため、郵便での書類を受け取る必要がない』
『勤務先への電話連絡なしで借りられる』
等といった点です。

WEB完結申込は 、カード申込よりも『必要書類』が多くなっています。
申し込む前には、下に記述する必要書類を確認しておくようにして下さい。

では、振り込みでの借り入れの手順について、案内していきましょう。

【1】フォーム入力による『仮審査』

振り込みでの借り入れを行う場合は、SMBCモビットのホームページから『WEB完結申込』のボタンを押して申込画面へと進みます。
申込画面では、それぞれの記入項目をフォームより入力していきます。そして、全ての入力が完了したら、申込内容をSMBCモビットへと送ります。
フォーム入力で申し込んだ内容の『仮審査(簡易審査)』は、申込画面上で、すぐに知ることができます。

【2】書類のチェックによる『本審査』

そして仮審査が完了したら、次に『必要書類(本人確認書類)』による審査である、本審査へと移ります。
WEB完結申込での本審査で必要な本人確認書類は、以下となります。

必要となる【本人確認書類】

必要な本人確認書類は以下のうち何れか一点となります。

  1. 運転免許証の写し
  2. 健康保険証の写し
  3. パスポートの写し

必要となる【収入証明書類】

必要な【収入証明書類】は以下のうち何れか一点となります。
以下のうち一点の写しをご用意ください。

  1. 源泉徴収票
  2. 税額通知書
  3. 所得証明書
  4. 確定申告書
  5. 給与明細書(直近2ヵ月分。※用意できる場合は直近1年分の『賞与明細書』も提出する)

【勤務先の確認書類】
以下の二点の両方の写しをご用意ください。

  1. 健康保険証(社会保険証、もしくは組合保険証)
  2. 給与明細書(直近2ヵ月分。※用意できる場合は直近1年分の『賞与明細書』も提出する)

※健康保険証は『国民健康保険』のものは無効となりますので、気を付けてください。
※給与明細書は『収入証明書類』で提出している場合は不要です

上記のそれぞれの必要書類を、スマートフォンやデジカメで撮影、もしくはスキャナーで読み込み、それをSMBCモビットへと送付します。
そしてこの必要書類をSMBCモビットがチェックし、問題なければ本審査の通過、契約の完了となります。

【3】銀行口座への融資金の振り込み

無事契約が完了することによって、『銀行の営業時間内』であれば、貴 方の銀行口座に融資金が振り込まれますので、引き出しを行うことが可能です。(もちろん千円単位での振り込みが可能です)
※もしも全ての手続きを終えた時間が、銀行の営業時間を過ぎてしまった場合でも、『本人確認書類』を持ってローン申込機へと行く事で、SMBCモビットカードを発行して、SMBCモビットの『提携コンビニのATM』もしくは『提携銀行のATM』で融資金の引き出しを行うことが出来ます。上に記載している『千円単位の融資に対応している銀行・会社』であれば、千円単位で引き出しを行えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
以上が『SMBCモビットを利用して、千円単位の融資金の引き出しを行う方法』となります。
SMBCモビットは【モビッ トカード】と【振り込み】のどちらの方法でも、千円単位での融資金の引き出しができる、便利なキャッシング会社ですが、カードを利用しての引き出しの場合は、上に記述した『千円単位の引き出しができる銀行・会社』をしっかり把握しておくことが重要です。

自分の今の条件に合った借り入れ方法を選択して、ロスの少ないスムーズなキャッシングを実現してもらえればと思います。

SMBCモビットのお申し込みはこちら↓
プロミス

関連記事

  1. SMBCモビットの在籍確認はどんな感じ?

  2. SMBCモビットの審査時間や申込み方法案内

  3. 1000円単位で借りる為の全ての知識を公開

  4. WEBだけで簡単に借りる方法

  5. SMBCモビットは千円単位で借りることが可能です

  6. SMBCモビットで5万円をスムーズに借りる具体的方法

新着記事

新着記事

PAGE TOP