女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






消費者金融から借り入れをする際の注意事項

現在、消費者金融の利用者数は約1300万人を越えています。
そして、そのうち約45万人以上が消費者金融5社以上を利用している、と言われています。
爽やかな広告や銀行との提携などにより、消費者金融に対するイメージは大きく変化しています。

現在は、土日でも即日融資が可能な消費者金融も少なくありません。
職場への在籍確認も、電話以外の方法で行うことが出来る場合もあり、消費者金融はどんどん利用しやすくなっています。

確かに臨時出費の場合、契約や借入のしやすい消費者金融は非常に便利です。
しかし便利で利用しやすいからこそ、注意が必要です。
そこで今回は、消費者金融から借り入れをする際に注意したい点について、幾つかご紹介します。

必要以上に借り入れをしない

借り入れを行う際に「余裕を持って多めに借り入れをしよう」と考える人は少なくありません。
しかし、多めの借り入れは余分な金利を発生させるだけです。
もちろん一括で返せる範囲であれば問題はないかもしれません。
必要以上の借り入れは極力避けるのが無難です。
しかし分割での返済となる場合、必要な分のみを借り入れ、なるべく金利を抑えましょう。

日数に余裕を持って返済する

家族に内緒で借り入れをしている場合は、なるべく督促は避けたいものです。
しかし、返済が滞ってしまうと、職場や自宅に督促の電話や郵便が届いてしまいます。
きちんと返せる予定であっても、いつ何が起こるかは誰にも分かりません。
急病や怪我、天災などにより、当日に返済が出来なくなる可能性は否定できません。
そのため、返済は、なるべく日数に余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローンの利用予定がある場合は借り入れを控える

消費者金融での借り入れがあると、住宅ローンの審査は通りづらくなります。
住宅ローンの審査は厳しめです。
消費者金融で借り入れをしている場合、金銭的に余裕がないと判断される場合があります。
もしも現在消費者金融から借り入れがあり、住宅をローンで購入する予定があるならば、早めに完済することをおすすめします。

早め、多めに返済して完済を目指す

消費者金融では、借り入れに対する「最低返済額」が設けられています。
借り入れ額に対し低めに設定されているため、最低返済額のみを返済する人も少なくはありません。
しかし、この場合、ほとんどが金利分となり、なかなか元本は減りません。
「きちんと返済しているのに借金が減らない」という場合は、このパターンがほとんどです。
生活に支障がない範囲で多めの返済をするのが完済への近道です。

返済のために借り入れをしない

返済をするために借り入れを行う、いわゆる自転車操業の状態は極力避けましょう。
自転車操業を行うと、なかなか抜け出せなくなるものです。
毎月返済をしているけれど元本が全く減らないという悪循環に陥りやすくなります。
返済のために借り入れをする習慣をつけないように心がけましょう。

困ったら専門家に相談する

弁護士や税理士は、債務整理の専門家であり、借金問題に関する相談を無料で受けている事務所が多数あります。
・きちんと返済しても借金が減らない
・失業などにより収入の目処が立たなくなった
こんなときは、1人で悩まずに専門家に相談しましょう。
任意整理や自己破産などによって借金問題が解決できる場合もあります。
長年借り入れを繰り返している場合は、過払い金返還請求などにより借金がなくなる場合もあります。

最後に

総量規制により「収入に対して借り入れができる額」は制限されました。
しかし、それでも多重債務に苦しむ人は大勢います。
消費者金融に限らず、借り入れを行う場合は良く検討し、借り過ぎず、早めの完済を目指しましょう。
債務整理のほか、銀行などで行っている「おまとめローン」を利用するという方法もあります。
状況の変化などにより返済の目処が立たない場合は、早めに専門家に相談してみましょう。

新着記事

新着記事

PAGE TOP