銀行口座を持っていない人でもキャッシングは出来ますか?

キャッシングを行う上で1つ疑問に思うのが、銀行口座は必要なのかという話です。
お金を借りることになるので、返済をする時には銀行口座から引き落としで返済するのかどうかという話に言い換えても良いでしょう。
この疑問について考えてみます。

キャッシングの申込に銀行口座は必要?

結論から書きますと、キャッシングの申し込みに銀行口座は必ずしも必要ではありません。
近年では大手の消費者金融のほとんどが大手銀行のグループ企業となっています。
このことから親会社である銀行口座があれば、便利に返済できるということもあるようです。

しかし、必ずしも銀行口座が必要であるということはなく、銀行口座がなくても申し込みをすることができます。

返済に関しては、銀行口座からの引き落としという形だけではなく、提携しているATMなどから返済することができるからです。

コンビニにあるATMとも提携している消費者金融は多いので、特に不便を感じることはないでしょう。
消費者金融によっては、銀行引き落としに対応していないこともありますので、銀行口座云々というのは特に気にしなくても問題はありません。

消費者金融の返済方法ってどんなものがあるの?

基本的に消費者金融のキャッシングでは、上でも書いたように提携ATMから返済するという形が一般的です。
毎月指定日がありますので、その日までに決まった額を返済するという形になるのですが、それ以上の分を返済しても問題ありません。
最近ではネットから返済できるというタイプの消費者金融もあります。
ネット銀行の口座があれば、そこから振込をするという形です。
他にもスマートフォンのアプリなどから返済や借入ができるという消費者金融もあるようなので、どんどん便利になっていると言って良いでしょう。

ちなみに返済に遅れてしまうのは避けてください。
返済に遅れると、最初は電話で振込をしてくださいという連絡がくるくらいですが、それでも支払いをしなかった場合は督促状などが届くようになります。

個人信用情報にも事故情報として記載されてしまいますので、新たに借入をしたりすることが難しくなってしまうのです。
支払いに困ったということがあれば、返済日がくる前に連絡をしておくと良いでしょう。
先に返済ができない旨を相談をし、いつなら返済ができるのかという話をすることで、金融機関も対応をしてくれます。

大事なのは返済が遅れてしまっても、しっかりと支払いをする意思があることを見せることだと考えてください。

プロミス

関連記事

  1. 勤め先での勤続年数は、申し込み時の審査に影響しますか?

  2. 未成年者の契約取消権について

  3. 信販会社っていったい何?

  4. 知っておきたい貸出金利・貸付金利について

  5. 個人信用情報で気を付けること

  6. お金を借りる時に知っておきたい定率リボルビング

新着記事

PAGE TOP