事業者向けビジネスローンなら
ビジネクスト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






「30日間無利息」という広告を目にしますが、本当ですか?

最近、キャッシングの広告に30日無利息という宣伝が記載されています。
お金を借りる時には利息を支払うことは当前です。
はっきりと書いてしまうと、金融機関というのは利息を取ることで利益をあげている訳ですから、無利息の期間があるというのは損をしてしまうだと言っても良いでしょう。
このことから本当に30日間も無利息なのと疑ってしまう人もいるかもしれません。
ここでは、本当に30日間無利息であるのかどうかを解説してみましょう。

30日間無利息ってどういうこと?

最近では大手の消費者金融を中心に短期間キャッシングの利息がつかいないという無利息期間が設定されていることがあります。
この無利息期間内に借入したお金を返済すれば、利息なしにお金を借りることができるので、とてもお得だと言って良いでしょう。
しかし、30日間無利息といっても細かいルールなどもありますので、そこを把握していないと、まだ30日経過していないのに利息が発生したとトラブルになってしまうかもしれません。
そこで良くあるルールについて知っておきましょう。

  • 一般的に30日感無利息というのは新規契約の人のみを対象にしていることがほとんどです。

  • ですので、既に契約をしている人には適用されることはありません。

    • また、ここがチェックしておきたいポイントなのですが、30日間無利息といってもどの時点から始まるのかということです。

    • 例えば、契約を交わした翌日から適用されるというルールの場合ですと、借入をしていようがしていまいが、関係なく30日という期間が過ぎていきます。
      当然、契約時に借入をすることになっているのなら、そのまま30日という期間が適用されますので、その間は利息を支払う必要はありません。
      もう1つのケースが初回の借入をした時から30日間というものです。

      こちらは初回の借入をしてから開始ということになるので、自分の都合にあわせて借入をすることができます。
      仮に初回の借入を給料日の翌日などにしておき、次回の給料日がくるのと同時に返済を終わらせるというような借り方も可能でしょう。
      また、いずれのケースにしても期間内に完済をさせなくても問題ありません。
      この時に返済をすると、元金そのものを減らすことができますので、なるべく返済をしておくことで、利息を含めた総支払額を減少させることもできるでしょう。

      他にも無利息期間のタイプってあるの?

      無利息期間としては他にも1週間のみというものがあります。
      このタイプは初回借入時のみではなく、完済をすることで翌月も利用できるというルールがあるので何度も適用されるのがポイントです。

プロミス

関連記事

  1. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

  2. 無能力者とは?契約の際の無能力者との関係

  3. 与信とは?与信に関する情報まとめ

  4. 返済する際のリボルビング払いの使い道と注意点

  5. 約定返済ってどんな返済方法か?

  6. 債権回収とはいったいどうなっているの?

新着記事

新着記事

PAGE TOP