借金の時効が成立するのはどういった条件ですか?

刑事事件と同様で、実は借金というものにも時効というものがあります。
それは消費者金融からの借金の場合で5年と定められていますが、要するに5年が経つと、借金を返さなくてもよくなるのです。
ただし、時効成立は無条件ではないので、成立するための条件については確認しておかなければなりません。

時効成立の条件とは

消費者金融からお金を借りて5年が過ぎても、それだけで無条件で時効が成立するわけではありません。
時効が適用できるタイミングがやってきたら、その時に借りて自ら債権放棄することを主張しなければならないのです。
これは時効援用と呼ばれるものですが、時効になったので借金を返さない旨を業者に意思表示することによって、はじめて消滅時効させることができます。
いくら時効の時期がやってきても、何もしなければそのまま返済を請求されてしまうので注意しておいてください。

ちなみに、時効適用できる時期が過ぎてからでも引き続き借金の返済を行うことはできます。
ただし、時効の時期が来てから再度債務を承認した場合は、時効援用ができなくなるので気をつけてください。

ポイントは2つ、時効成立は自ら債権を放棄することを主張することによって行われること。また、時効適用できる時期が来てから債務を承認すると、時効の援用はできなくなることです。

時効援用の前にプロに相談

さて、確実に時効成立させるためには、自己判断しないことも大切です。
時効を成立させるためにはいくつかの条件をクリアしなければならず、債権者によって中断させられることもあります。
また、時効援用前に自ら債務を承認してしまうことなどにより、時効成立ができなくなることもあります。
確実にまたスムーズに成立させるためには、債務整理に詳しい弁護士などに依頼することも考えておかなければなりません。
弁護士はプロなので、いつどんなふうに時効援用をしたらいいか、またどんな点に注意したらいいかなどを熟知していますので、安全確実に時効援用を行うことができるでしょう。

ただし、弁護士を選ぶときは必ず債務整理や時効援用に詳しい事務所に相談すること、また事前に無料相談を受けておくことが必要です。

弁護士にも得意な分野とそうでない分野、また経験や実績によって処理能力は異なりますので、その点を意識しながら人選を行ってください。
自己判断で時効援用を行うことにも注意が必要ですが、借金問題に不慣れな弁護士に依頼すると、処理がうまくいかず報酬だけをとられてしまうことにもなりかねませんので、その点は注意してください。

プロミス

関連記事

  1. 戻し手数料・戻し利息についての知っておきたい情報

  2. 生活衛生貸付とは?知っておきたい情報まとめ

  3. お金を借りるなら実質年率を知っておこう

  4. 返済する際のリボルビング払いの使い道と注意点

  5. 複数社からの借り入れを「おまとめローン」にすると、金利は下がりますか?…

  6. 主婦でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

新着記事

PAGE TOP